大意とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 意味 > 大意の意味・解説 

たい‐い【大意】

読み方:たいい

文章で言おうとしている要点大体の意味。おおよそ趣旨。「—をとらえる」

雄大な考え、または意図大志

「—は人おのおのにある」〈藤村夜明け前


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 16:01 UTC 版)

討薩檄」の記事における「大意」の解説

薩摩は、最初攘夷主張して幕府開国貶め批判していたのに、自分権力を握ると開国主張し始めた。なんの一貫性もなく、当初攘夷主張していたのは自分野望遂げるためであった。この罪を問わなくてはならない日本には、海外からの危機はあるといっても、日本固有の制度歴史がある。しかるに薩摩専制権力握ってから、あまりにも急激で無理な改革推し進め長い歴史の中で積み重ねられてきた制度慣習破壊している。その罪をどうして問わずにいられよう。 薩摩は、公家皇族捨て去り自分の意に沿わぬものは排斥し諸国得たい知れない人々の中で、自分たちにつき従うものばかりを出世させて取り立て下克上綱紀紊乱の世を招いている。その罪を問わずにはいられない鳥羽・伏見の戦いも、もし本当に正当な戦争起こそうとするならば、天下公論定めて、罪を明らかにしてから起こすべきなのに、急に錦の御旗利用して策謀によって幕府朝敵に陥れて戦争起こし諸藩脅迫してさらなる戊辰戦争駆り立てている。これは、天皇意思自分勝手にコントロールして私怨報いようとしている邪な謀略だ。その罪を問わなくてはならない薩摩軍隊は、東日本侵攻し以来略奪強姦ほしいままにし、残虐行為限りないしかるに官軍名乗って、それを太政官規則称している。これは、今の天皇暴君汚名負わせるものだ。その罪を問わなくてはならない諸般の、親子兄弟同士のいろん大名たちを戦争駆り立てさせている。そのことを、飾り立てた言葉正当化しているけれど、これこそ最も残酷な道徳反することだ。その罪を問わなくてはならない上記のことから考えれば薩摩のなすところは、幼い天皇利用強制して邪悪な政治をし、天下欺き残虐をなし、道徳破壊し長い伝統制度破壊している。奥羽列藩同盟はこれを座視するに耐えないので、再三朝廷にその不当訴えてきたが、天皇にはその旨は届かなかった。もし、手をこまねいて薩摩を討たなければ天下はどうして再び晴れることがあろうか。 よって、勝ち負け利害問わずに、この義挙主張する天下諸藩は、もし本当に忠や誠を持っているならば、奥羽列藩同盟協力して日本のために薩摩倒し失われた道義復活させ、万民塗炭から救い外国からの侮り絶ち先祖たちの心を安んじて欲しい。もし、薩摩篭絡されて、何が正義かも弁えず、薩摩助けるような邪悪な徒がいるならば、軍も規律があり、許すわけにはいかない天下諸藩は、勇気ある決断をして欲しい。

※この「大意」の解説は、「討薩檄」の解説の一部です。
「大意」を含む「討薩檄」の記事については、「討薩檄」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 02:27 UTC 版)

戊申詔書」の記事における「大意」の解説

今日人文日進月歩世界列国互いに協同扶助して、その幸福と利益をともに享受している。朕(天皇)はますます国際的交誼をおさめ、友義をあつくし、列国とともにその慶福享受しようと思う。考えると、日進月歩世界大勢遅れないように進み文明恵沢列国一緒に得ようとするのには、言うまでもなく国家内部国力増進発展基礎を置かねばならない。内に国運発展がなくて、なぜ文明恵沢享受できるだろうかしかるに日露戦争から日も浅く諸々政治がますます更張するべき時である。この際上下国内で心を一つにして、忠実にその業務励み勤勉倹約をして財産治めて信義守り淳厚風俗形作り贅沢なうわべ飾り避けて質素にし、心身の緩むことのないよう互いをいさめあって、自ら心を励まして活動しなければならない。 わが皇祖皇宗神聖な遺訓とわが日本光輝く歴史は、太陽や星のごとく輝いている。それゆえに、国民がよくこの遺訓守り誠心誠意をもってゆくならば、国運発展根本はこの点にあるであろう

※この「大意」の解説は、「戊申詔書」の解説の一部です。
「大意」を含む「戊申詔書」の記事については、「戊申詔書」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 02:12 UTC 版)

鞏金甌」の記事における「大意」の解説

厳復自身による英訳Firm and Stable be the "golden cup" (which means the empire) domed by the Celestial concave. In it men and things happily prosper. Glad are we who live in the time of Purity. May Heaven protect and secure us from enemies and help us to reach the truly golden age! Oh! The Blue firmament is infinitely high and the seas flow everlastingly. (日本語天球に覆わし黄金の甌(かめ)(帝国の意)よ強固たれ。その内の人と物に幸いと栄えあれ。喜ばしきは清らかな世に生きる我らが生。天よ我ら守り敵より遠ざけ真な黄金の時へと導きたまえ! おお! 青空果てしなく広がり海原どこまでも波打たん。

※この「大意」の解説は、「鞏金甌」の解説の一部です。
「大意」を含む「鞏金甌」の記事については、「鞏金甌」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 10:06 UTC 版)

憲法発布勅語」の記事における「大意」の解説

第一文段 国家統治天皇統治大権行使)を果たすために、憲法発布したことを宣言している。 第二文段 歴代天皇による統治が、国民協力によって行われてきたことを確認している(君民共治)。 第三文段 君民共治の伝統振り返りこれから天皇による統治協力することを求めている。

※この「大意」の解説は、「憲法発布勅語」の解説の一部です。
「大意」を含む「憲法発布勅語」の記事については、「憲法発布勅語」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 02:44 UTC 版)

大日本帝国憲法における上諭」の記事における「大意」の解説

第一文段 明治天皇国民福利増進君民共治の実現目的に、国会開設の詔従い憲法制定したことを宣言する第二文段 天皇統治大権歴代天皇から継承した者であり、以降歴代天皇はこの憲法定め則って統治を行うべきであることを定めている。 第三文段 国民の権利及び財産憲法および法律則って保障することを定めている。 第四文段 帝国議会を翌明治23年1890年)に召集、それとともに憲法施行することを定めている。 第五文段 帝国憲法条文改正について定めている。 第六文段 国務大臣輔弼の責を、国民国家統治君民共治)の責を、それぞれ求めている。

※この「大意」の解説は、「大日本帝国憲法における上諭」の解説の一部です。
「大意」を含む「大日本帝国憲法における上諭」の記事については、「大日本帝国憲法における上諭」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:44 UTC 版)

白骨 (御文)」の記事における「大意」の解説

今日・明日の事しか考えない人々の姿を見て考えると、人の生涯儚いものであります。まるで幻のようなものです。今は元気でも、次の瞬間には死んでしまうかもしれない。死は、年齢問いません。だから、その日暮らしの生活ではなくてこれから生き方考えてください。それには阿弥陀仏深く帰依し称名念仏をするべきであります

※この「大意」の解説は、「白骨 (御文)」の解説の一部です。
「大意」を含む「白骨 (御文)」の記事については、「白骨 (御文)」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 15:55 UTC 版)

大日本帝国憲法における告文」の記事における「大意」の解説

第一文段 明治天皇皇祖皇宗神武天皇および歴代天皇)に対し自身皇位継承以来明治維新はじめとする多事多難時局経て国家の独立保持したことを奉告している。 第二文段 明治維新以降の、外国との国交進展、および国内社会急速な文明化鑑みて憲法制定したこと、その憲法精神および目標するところは、歴代天皇統治ありようを基にしたものであること、憲法制定目的は、天皇および国民による国家統治基準定め国家機構民生安定させることにあることを奉告している。 第三文段 歴代天皇神祐を祈るとともに、自ら率先してこの憲法に則って国を治めることを誓い統治への神霊加護祈っている。

※この「大意」の解説は、「大日本帝国憲法における告文」の解説の一部です。
「大意」を含む「大日本帝国憲法における告文」の記事については、「大日本帝国憲法における告文」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:18 UTC 版)

たまがき」の記事における「大意」の解説

祐清遺品目録報告、それの一部売却し葬儀費用宛てたこと、また葬儀あたった僧に寄進したことを報告するとともに残った遺品一部である「白い小袖、紬の表、布子」を形見として賜りたい願い出る内容である。

※この「大意」の解説は、「たまがき」の解説の一部です。
「大意」を含む「たまがき」の記事については、「たまがき」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 14:43 UTC 版)

法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の記事における「大意」の解説

文面は、「推古天皇29年621年12月聖徳太子の生母穴穂部間人皇女亡くなった翌年正月太子太子の妃・膳部菩岐々美郎女膳夫人)がともに病気になったため、膳夫人・王子・諸臣は、太子等身釈迦像の造像発願し、病気平癒願った。しかし、同年2月21日膳夫人が、翌22日には太子亡くなり推古天皇31年623年)に釈迦三尊像仏師鞍作止利に造らせた。」という趣旨内容である。 造像施主たちは、銘文前半では釈迦像の造像発願しており、後半はその誓願どおりに造り終えた記している。聖徳太子のために仏像造ることが誓願であり、それは太子生前に発せられた。その動機太子母の死と、太子太子の妃が病に伏したことによる。まずは、この誓願の力によって、病気平癒祈り、もし死に至ったときには浄土悟りに至ることを祈念している。実際造像太子太子の妃の死に際してであり、仏像造り終えることで誓願成就するとされている。と同時に造像施主たちはその造像利益によって、自分たちも現世での安穏と、死後には亡くなった3人(三主)に従って仏教帰依し、ともに浄土悟りに至ることを祈念している。そして末尾造像仏師鞍作止利記しているが、この時代銘文仏師の名前が記される例はほとんどない施主たちが仏師の名をわざわざ記した理由は、鞍作止利知恵者であるとともに正し行ないをなす者とされているがゆえに、施主祈願応じた仏像造る者として、記名値する存在であった考えられる

※この「大意」の解説は、「法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の解説の一部です。
「大意」を含む「法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の記事については、「法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 17:26 UTC 版)

浄められた夜」の記事における「大意」の解説

月夜男と女がいる。女は告白する。「私のお腹には赤ちゃんがいるが、それはあなたの子ではありません」 男は苦悩するが、やがて「その子私たちの子として育てようではないか」と女を赦す

※この「大意」の解説は、「浄められた夜」の解説の一部です。
「大意」を含む「浄められた夜」の記事については、「浄められた夜」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:41 UTC 版)

大清皇帝功徳碑」の記事における「大意」の解説

韓国語版ウィキソースに本記事関連した原文あります大清皇帝功徳碑愚かな朝鮮王は、偉大な清国皇帝逆らった清国皇帝愚かな朝鮮王をたしなめ、己の大罪諭してやった。 良心目覚めた朝鮮王は自分愚かさ猛省し偉大な清国皇帝臣下になることを誓った我が朝鮮はこの清国皇帝功徳永遠に忘れず、また清国逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑建てることにする。

※この「大意」の解説は、「大清皇帝功徳碑」の解説の一部です。
「大意」を含む「大清皇帝功徳碑」の記事については、「大清皇帝功徳碑」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 23:48 UTC 版)

村正」の記事における「大意」の解説

この蔵人殿(松平信孝広忠叔父)は御一門中でも忠節の人であらせられる去年天文15 年1546年))、片目八弥という者が広忠村正脇差突いて逃げ出した突き損なって駆け足逃げてくるところを、ちょうど植村新六郎出仕出てきたので、出会い頭取っ組みあい、堀の中に転び入った。そこに蔵人殿が駆け寄り突こうとして、「放せ植村!」と仰ったが、(植村は)「放しませんとも。こいつは手強い奴ですから、私ごとお突きください」と申し上げたそれならばと(蔵人殿は)八弥をお突き殺しになった植村高名になり、御感状を賜った

※この「大意」の解説は、「村正」の解説の一部です。
「大意」を含む「村正」の記事については、「村正」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 23:48 UTC 版)

村正」の記事における「大意」の解説

三郎殿(家康長子松平信康)が二俣城御自害さること決まった時、検使切腹見届け役)として渡辺半蔵守綱と天方山城守通興が遣わされた。二人帰ってきて、三郎殿が最期臨んで御遺言なさったこと等を泣く泣く申し伝えたので、君(徳川家康)は何とおっしゃることもできなかった。その場にいた家臣たちはみな涙を流し本多忠勝榊原康政両人は、こらえかねて声をあげて泣き出したという。その後、(家康が)山城守に、今回二俣城介錯使用した脇差は誰の作かとお尋ねなさったので、(山城守は)千子村正だと申し上げた。君(家康)はこれをお聞きになると、「いったい奇怪非道なこともあるものだ。その昔安倍弥七阿部正豊)が先君清康尾州森山弑逆した刀も村正の作である。私が幼年のころ駿河宮ヶ崎で小刀によって手を傷つけたのも村正である。今回山城の脇差も同じ作だという。なんともいやはや、この作が当家障りもたらすことよ。今後徳川家所有刀剣のうちに村正の作があればみな取り捨てよ」と御命じになったという。はじめ半蔵渡辺守綱)は、三郎殿の御自刃様子を見ると、思いもよらず身体震い出して太刀を取ることができなかった。それを山城守が見かねてお側から介錯申し上げた後年、君(家康)はご雑談の折に、「半蔵かねてより剛強の者であるが、さすがにの子首打には腰を抜かしたのだなあ」と仰ったのを、山城守伝え聞いて密かに思うことには、「半蔵ためらったものをこの山城が手にかけて介錯申し上げたとあっては、我が君のご心中いかばかりか」と心に絶え間なくのしかかり、それから俗世何もかも物憂くなったのであろうか、(山城守は)徳川家立ち去って高野山入山し、出家して仏門に入ったという。(『柏崎物語』)

※この「大意」の解説は、「村正」の解説の一部です。
「大意」を含む「村正」の記事については、「村正」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:53 UTC 版)

大韓民国の国旗」の記事における「大意」の解説

「...(清国の)馬建忠が「朝鮮の国旗清国国旗倣って三角形の青字に龍を描いたものにすべきである。清の国旗黄色であり、朝鮮は清の東方位置する国であるため、東を表す青色を旗の地色すべきである。」と指示した。これに対し国王高宗)は大い憤慨し絶対に清国国旗真似ないと言って、「玉色地に二つ巴太極図青色赤色描き四隅東西南北を表す易卦配置した旗を今後朝鮮の国旗定める」と決められた。...」

※この「大意」の解説は、「大韓民国の国旗」の解説の一部です。
「大意」を含む「大韓民国の国旗」の記事については、「大韓民国の国旗」の概要を参照ください。


大意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 08:28 UTC 版)

香偈」の記事における「大意」の解説

私の身体香炉様に浄らかであることを願います。 私の心が仏の智慧の火の様であることを願います一つひとつの思念の内に、戒と定という名の香を焚き十方世界あらゆる世界)における、三世過去・現在・未来)のあらゆる仏を供養いたします

※この「大意」の解説は、「香偈」の解説の一部です。
「大意」を含む「香偈」の記事については、「香偈」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大意」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大意

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:40 UTC 版)

名詞

たいい

  1. 著作物などやある分野概要あらすじあらまし

「大意」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大意と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大意」の関連用語

大意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大意のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの討薩檄 (改訂履歴)、戊申詔書 (改訂履歴)、鞏金甌 (改訂履歴)、憲法発布勅語 (改訂履歴)、大日本帝国憲法における上諭 (改訂履歴)、白骨 (御文) (改訂履歴)、大日本帝国憲法における告文 (改訂履歴)、たまがき (改訂履歴)、法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘 (改訂履歴)、浄められた夜 (改訂履歴)、大清皇帝功徳碑 (改訂履歴)、村正 (改訂履歴)、大韓民国の国旗 (改訂履歴)、香偈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS