FRとは?

エフ アール [3] 【 FR 】

front-engine, rear drive
FR ABC 略語

FR

〖和 front-engine, rear-drive〗
自動車前部エンジンがあり、動力後方に導いて後輪駆動する方式

Fr


FR

英語 Federal Register

アメリカ連邦政府官報アメリカにおける官報で、各省庁より発行されるあらゆる分野行政活動上、決まった法規および通達などを一般市民などに通知する出版物である。ホームページにも掲載されている。なお、法制化における草案段階でも、官報での事前公告行い市民からのコメント募集している。

参照 ANPRMNPRM

FR

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フランシウム

分子式Fr
その他の名称:Francium、Fr
体系名:フランシウム


フランシウム

分子式Fr
その他の名称:Francium、Fr
体系名:フランシウム


物質
フランシウム
英語名
Francium
元素記号
Fr
原子番号
87
分子量
223
発見
1939年
原子半径(Å)
2.6


固定比率強化

【英】Fixed Ratio[FR]
読み方こていひりつきょうか

一定の反応ごとに強化するスケジュール強化直後一定時間反応休止があり、その後反応が生じると強化されるまでほぼ一定の頻度反応する特徴がある。

FR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/20 15:07 UTC 版)

FR, Fr, fr

FR

Fr

fr


エリーアス・フリース

(FR から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 02:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
エリーアス・フリースの肖像画

エリーアス・マグヌス・フリース(Elias Magnus Fries,1794年8月15日 - 1878年2月8日)はスウェーデン菌類及び植物学学者

略歴

スモーランド地方のFemsjö(現在のハッランド県ヒュルテ市近郊)生まれた。1811年ルンド大学入学。1824年にルンド大学で植物学の教授に就任した。1834年からウプサラ大学の教授を務めた。1847年からはスウェーデン・アカデミーの終身会員となった。

彼は現代キノコ分類学の父と称されている。彼のキノコ分類はゲーテ等のドイツロマン主義に影響を受けており、胞子の色やひだ管孔等の主要な特徴によるものである。

彼が亡くなったとき、タイムズは「彼の大変多くの業績、特に菌類と地衣類についてはリンネに匹敵する」と書いている。(1878年2月21日発行、6ページ)

息子のテオドール・マグヌス・フリースも植物学及び菌類学者になった。

著書の図版

Fr.は、植物の学名命名者を示す場合にエリーアス・フリースを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

ウィキメディア・コモンズには、エリーアス・フリースに関するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズには、エリーアス・フリースに関する情報があります。


.fr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/15 11:15 UTC 版)

.fr
フランスの旗
施行 1986年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 AFNIC
後援組織 AFNIC
利用地域 フランスに関連のある団体・個人
使用状況 非常に多く使用されている。
テンプレートを表示

.frフランス国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。AFNICが管轄している。

セカンドレベルドメイン

  • .tm.fr - 商標の所有者向け
  • .asso.fr - 協会向け
  • .nom.fr - 姓向け
  • .prd.fr - 研究開発プログラム
  • .presse.fr - 新聞
  • .com.fr -
  • .gouv.fr - フランス政府機関など

関連項目

外部リンク




FRと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「FR」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FR」の関連用語

FRのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFR (改訂履歴)、エリーアス・フリース (改訂履歴)、.fr (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS