接地荷重とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 接地荷重の意味・解説 

接地荷重

英語 vertical force at wheelvertical load

路面からタイヤ作用する力のうち、鉛直方向成分をいう。接地荷重は、タイヤコーナリング特性支配要因である。個々タイヤが受け持つ荷重分担等しいが、走行状態で変化する。旋回中には内輪から外輪への荷重移動変化するが、その変化量は、ロール剛性配分によって前後輪別々にコントロールできるため、ステア特性設定利用される。また、悪路では、ばね上ばね下の上下動で振動的に増減する。この場合、コーナリングフォースは平均的減少するので、操縦安定性能は一般に低下する。高速道やテストコースでは、バンク角によって重力による接地荷重は減少し、遠心力による接地荷重は増加する。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「接地荷重」の関連用語

接地荷重のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



接地荷重のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS