.agとは?

オーストラリア・グループ(Australia Group : AG)


シルバー

分子式Ag
その他の名称:アルゲンタム、L-3SilverArgentum、C.I.77820、シルバー、Ag
体系名:


銀(I)

分子式Ag
その他の名称:Silver(I)
体系名:銀(I)


銀(I)カチオン

分子式Ag
その他の名称:Silver(I)cation
体系名:銀(I)カチオン


銀(II)

分子式Ag
その他の名称:Silver(II)
体系名:銀(II)


物質
英語名
Silver
元素記号
Ag
原子番号
47
分子量
107.8682
原子半径(Å)
1.44
融点(℃)
961.93
沸点(℃)
2184
密度(g/cm3
10.5
比熱(cal/g ℃)
0.056
イオン化エネルギー(eV)
7.576
電子親和力(eV)
1.303


Ag

名前 アグ

.ag

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 03:39 UTC 版)

.agアンティグア・バーブーダに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。






「.ag」の続きの解説一覧

抗原

(.ag から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 02:37 UTC 版)

免疫学では、抗原(こうげん、: antigen、Ag)は、病原体の外側に存在するような分子または分子構造で、抗原特異的な抗体またはB細胞抗原受容体と結合することができる部位を指す[1]。体内に抗原が存在すると、通常、免疫応答が引き起こされる[2]。Agは抗体生成器(antibody generator)の略語である[3]


  1. ^ a b c d Antibody”. National Human Genome Research Institute, US National Institutes of Health (2020年). 2020年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e Immune system and disorders”. MedlinePlus, US National Institute of Medicine (2020年9月28日). 2020年10月13日閲覧。
  3. ^ Male, David K. (2006) (英語). Immunology. Elsevier Health Sciences. pp. 10. ISBN 978-0323033992. https://books.google.com/books?id=gE6o5ZRJUawC&q=antibody+generator&pg=PA10 
  4. ^ a b Gavin, AL; Hoebe, K; Duong, B; Ota, T; Martin, C; Beutler, B; Nemazee, D (22 December 2006). “Adjuvant-enhanced antibody responses in the absence of toll-like receptor signaling”. Science 314 (5807): 1936–38. Bibcode2006Sci...314.1936G. doi:10.1126/science.1135299. PMC 1868398. PMID 17185603. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1868398/. 
  5. ^ Gallucci, S; Lolkema, M; Matzinger, P (November 1999). “Natural adjuvants: endogenous activators of dendritic cells”. Nature Medicine 5 (11): 1249–55. doi:10.1038/15200. PMID 10545990. 
  6. ^ a b Antigenic characterization”. US Centers for Disease Control and Prevention (2019年10月15日). 2020年10月13日閲覧。
  7. ^ Strebhardt, Klaus; Ullrich, Axel (Jun 2008). “Paul Ehrlich's magic bullet concept: 100 years of progress”. Nature Reviews Cancer 8 (6): 473–80. doi:10.1038/nrc2394. ISSN 1474-1768. PMID 18469827. 
  8. ^ Lindenmann, Jean (1984). “Origin of the Terms 'Antibody' and 'Antigen'”. Scand. J. Immunol. 19 (4): 281–85. doi:10.1111/j.1365-3083.1984.tb00931.x. PMID 6374880. 
  9. ^ Parham, Peter 『エッセンシャル免疫学』、笹月健彦 メディカル・サイエンス・インターナショナル、2007年。 
  10. ^ “Identification of Plasmodium falciparum antigens by antigenic analysis of genomic and proteomic data”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100 (17): 9952–57. (August 2003). Bibcode2003PNAS..100.9952D. doi:10.1073/pnas.1633254100. PMC 187898. PMID 12886016. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC187898/. 
  11. ^ Parham, Peter. (2009). The Immune System, 3rd Edition, p. G:2, Garland Science, Taylor and Francis Group, LLC.
  12. ^ Janeway CA, Jr (1 November 2013). “Pillars article: approaching the asymptote? Evolution and revolution in immunology. Cold spring harb symp quant biol. 1989. 54: 1–13”. Journal of Immunology 191 (9): 4475–87. PMID 24141854. 
  13. ^ Gayed, PM (June 2011). “Toward a modern synthesis of immunity: Charles A. Janeway Jr. and the immunologist's dirty little secret”. The Yale Journal of Biology and Medicine 84 (2): 131–38. ISSN 1551-4056. PMC 3117407. PMID 21698045. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3117407/. 
  14. ^ Parham, Peter. (2009). The Immune System, 3rd Edition, p. G:11, Garland Science, Taylor and Francis Group, LLC.
  15. ^ Kuby Immunology (6th ed.). Macmillan. (2006). pp. 77. ISBN 978-1-4292-0211-4 
  16. ^ a b c d e f g h i Schumacher, Ton N.; Schreiber, Robert D. (April 3, 2015). “Neoantigens in cancer immunotherapy”. Science 348 (6230): 69–74. Bibcode2015Sci...348...69S. doi:10.1126/science.aaa4971. PMID 25838375. 
  17. ^ Wang, Qing.; Douglass, Jacqueline (September 16, 2019). “Direct Detection and Quantification of Neoantigens”. Cancer Immunol Res. 7 (11): 1748–54. doi:10.1158/2326-6066.CIR-19-0107. PMC 6825591. PMID 31527070. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6825591/. 
  18. ^ K. Abbas, Abul; Lichtman, Andrew; Pillai, Shiv (2018). Cellular and molecular immunology (Ninth ed.). Philadelphia: Elsevier. p. 97. ISBN 978-0-323-52324-0 


「抗原」の続きの解説一覧

エージーデオ24

(.ag から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 05:40 UTC 版)

エージーデオ24(Ag DEO 24)は、ファイントゥデイ資生堂が発売している制汗・デオドラントスプレーのブランド名である。




「エージーデオ24」の続きの解説一覧

AG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/26 00:42 UTC 版)

AG, Ag, ag




「AG」の続きの解説一覧



.agと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ag」に関係したコラム

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ag」の関連用語

.agのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.agのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
外務省外務省
Copyright©: 2021 Ministry of Foreign Affairs of Japan
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ag (改訂履歴)、抗原 (改訂履歴)、エージーデオ24 (改訂履歴)、AG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS