.agとは?

オーストラリア・グループ(Australia Group : AG)


銀(II)

分子式Ag
その他の名称:Silver(II)
体系名:銀(II)


銀(I)

分子式Ag
その他の名称:Silver(I)
体系名:銀(I)


銀(I)カチオン

分子式Ag
その他の名称:Silver(I)cation
体系名:銀(I)カチオン


シルバー

分子式Ag
その他の名称:アルゲンタム、L-3SilverArgentum、C.I.77820、シルバー、Ag
体系名:


物質
英語名
Silver
元素記号
Ag
原子番号
47
分子量
107.8682
原子半径(Å)
1.44
融点(℃)
961.93
沸点(℃)
2184
密度(g/cm3
10.5
比熱(cal/g ℃)
0.056
イオン化エネルギー(eV)
7.576
電子親和力(eV)
1.303


Ag

名前 アグ

.ag

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/07 03:46 UTC 版)

.ag
アンティグア・バーブーダの旗
施行 1991年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NicAg
後援組織 なし
利用地域 アンティグア・バーブーダに関連のある団体
使用状況 ドイツ語圏ではAGは株式会社の意味があるため、広く会社のドメインに使用されている。しかし、ドイツでは裁判所の命令で使用が制限されている。
登録の制限 なし
階層構造 第2レベルを直接登録可能。第3レベルの登録もいくつかの第2レベルの下に登録可能。
関連文書 登録条件と状況
方針 UDRP
ウェブサイト Nic.ag
  

.agアンティグア・バーブーダに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。

目次

第2・第3レベルの登録

第3レベルの登録は以下のような第2ドメインの下に登録できる。

  • com.ag
  • net.ag
  • org.ag
  • co.ag
  • nom.ag
  • edu.ag - アンティグア・バーブーダ国内の教育機関
  • gov.ag - アンティグア・バーブーダ国内の政府機関

第2レベルに直接登録することも可能である。アンティグア・バーブーダに実体のない個人・団体の場合、年間登録料の価格が軒並み倍である。例えば、第2レベルドメインの場合、国内の個人・団体なら初めの2年間が年間150ドル、それ以降は年間75ドルで済む一方、国外からの登録の場合、初めの2年間が年間300ドル、それ以降は年間150ドルである。また、国内に実体のない場合edu.ag, gov.agが登録できない一方、国内に実体がある場合は、edu.ag, gov.ag, org.agの登録は無料となる[1]

ドイツでの法的状態

ドイツ語AGには株式会社Aktiengesellschaft, アクティエンゲゼルシャフト)の意味もある。このため、ドイツの企業が.agドメインを所得する例が多い。

2004年7月、ドイツのハンブルク高等裁判所 (5. Zivilsenat des Oberlandesgerichtes Hamburg) が、ドイツ企業による.agドメインの取得を、AGであり、かつ会社名と正確に同じであるドメイン名に制限するという判例を示した。これは、たとえばドイツのソフトウェア会社であるSAP (SAP AG) が、software.ag という名前のドメインを取得することができないことを意味している[2][3]

その他の意味

もともとの国別コードの意味とドイツ語圏の国々の第2の意味に加え、.agは農業に関係した (agriculture-related) サイトや、元素記号の (Ag) に関係したサイトとして売買されている。英語でagで終わる単語が存在するため、ドメインハックの潜在的な可能性が存在する[4]

脚注

[ヘルプ]

外部リンク


AG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/13 08:10 UTC 版)

AG, Ag, ag

記号

正式名称

略語・略称

普通名詞・術語

固有名詞

コード・形式名

他の記号等を付して用いるもの

関連項目


Ag+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/04 08:59 UTC 版)

Ag+(エージープラス)は、資生堂が発売している制汗・デオドラントスプレーのブランド名である。

概要

の殺菌効果を応用し、銀イオンを含んだ新殺菌剤「銀含有ゼオライト」を世界で初めて制汗剤に使用し、の臭いが発生する原因菌を殺菌することで臭いが発生しないことを「ずーっとにおわない」をキャッチコピーにして宣伝している。

CMに出演している「におい鑑定人」は、発売当初から米オハイオ州シンシナティ所在の医薬品検査会社ヒルトップ・リサーチ社(Hill Top Research)所属の臭いの濃度鑑定士、ベッツィー・ライオンズ(Betsy Lyons)を起用していたが、2015年2月のリニューアルからはカリフォルニア大学卒業後、ペンシルバニア大学心理学博士号を取得した心理学者嗅覚専門の認知科学者、エイヴリー・ギルバート英語版を起用している。

商品名の由来は銀イオンのイオン式「Ag+」から来ている。そのため、正式な商品名は「Ag+」であるが、ロゴでは「+」は右上にある。

2012年2月には、主力商品であるパウダースプレーとフットスプレーの処方を改良。従来からの銀イオンの殺菌力に加え、汗・ニオイの発生の発生を抑える処方「フルシナジーアクション技術」の採用により、汗・ニオイが発生するあらゆるルートを断ち切り、銀イオンの殺菌力を最大化することで、朝のひと吹きで1日中汗・ニオイを抑える効果が向上した。またパウダースプレーをはじめとする全アイテムにおいて、クールタイプと香り付きの商品は、色付きのパッケージにリニューアル。さらにブランド初の男性向け商品「メンズボディシート」を発売した。

2013年2月には、男性向けのパウダースプレー「メンズデオドラントスプレー」を発売した。

2014年2月には、汗・皮脂のニオイだけでなく、気になる加齢臭もカットするデオドラントスプレー「エイジデオスプレー」と「エイジデオスプレー」の男性向け商品「メンズエイジデオスプレー」を発売した。

2015年2月には、高密着処方ですき間なく密着して、ニオイの元となるニオイ菌を殺菌する「ニオイフルブロック処方」を新たに採用するとともに、パウダースプレーは香りも楽しめるフレグランスラインを配置して全面刷新。

ラインナップ

  • パウダースプレー
    • 無香料
    • フレッシャサボン
    • フローラルブーケ
    • スウィートブレンド
    • ヴァーベシトラス
    • ベビーパウダー
  • クールパウダースプレー(無香料)
  • メンズデオドラントスプレー
    • 無香料
    • シトラストニックの香り
    • スパークリングマリンの香り
  • エイジデオスプレー
    • エイジデオスプレー
    • メンズエイジデオスプレー
  • フットスプレー(無香料)
  • デオドラントスティック
    • 無香料
    • ベビーパウダーの香り
  • クリアシャワーシート
    • 無香料
    • フレッシュサボン
  • クリアシャワーラージシート
    • 無香料
    • クール(無香料)
  • メンズボディーシート
    • 無香料
    • シトラストニック

関連項目

外部リンク






.agと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ag」に関係したコラム

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「.ag」の関連用語

.agのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Megane

オートタープ

東西線50系車両

バーコード・リーダー

FLSTFB

GPS

FMV-BIBLO

びなす





.agのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
外務省外務省
Copyright©: 2018 Ministry of Foreign Affairs of Japan
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ag (改訂履歴)、AG (改訂履歴)、Ag+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS