.sgとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > .sgの意味・解説 

SG(Signal ground)

信号グランドでDC0Vラインのことである。略してSGと呼ばれる


.sg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 06:08 UTC 版)

.sg
シンガポールの旗
施行 1988年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Singapore Network Information Centre
後援組織 Singapore Network Information Centre
利用地域 シンガポールに関係する団体・個人
使用状況 シンガポールで盛んに程度使われている。第三レベルへの登録には様々な制限がある。
登録の制限 シンガポールに居住しているか、商標などの登録があること。
階層構造 登録は第二レベルに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Policies and agreements
方針 Singapore Domain Name Dispute Resolution Policy[リンク切れ]
ウェブサイト SGNIC
テンプレートを表示

.sg国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、シンガポールに割り当てられている。登録は、認可登録機関を通して行われる。

2011年、2つの国際化国別コードトップレベルドメインがシンガポールのために登録された。登録されたのは以下の2つで、シンガポールで使われている言語でそれぞれ「シンガポール」を意味する言葉である[1]

  • .新加坡中国語、DNS名 .xn--yfro4i67o)
  • .சிங்கப்பூர்タミル語、DNS名 .xn--clchc0ea0b2g2a9gcd)

2011年7月に既存のドメイン所有者からの受付を始め、2011年9月にそれらが有効化された[2]

第二レベルドメイン

以下の第二レベルドメインがある。

  • com.sg - 商業機関
  • net.sg - インターネットサービスプロバイダと情報プロバイダ
  • org.sg - Registry of Societiesの団体
  • gov.sg - 政府機関
  • edu.sg - 教育機関
  • per.sg - 個人
  • idn.sg - 中国語タミル語ドメイン名(2005年7月4日から2006年1月3日まで試行)
  • .sg - シンガポールに住所のある全ての個人・団体

脚注

外部リンク


SG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/21 05:24 UTC 版)

SG, Sg, sg

SG

Sg

sg

Sg・sg




.sgと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sg」の関連用語

.sgのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.sgのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sg (改訂履歴)、SG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS