MPとは? わかりやすく解説

エム‐ピー【MP】

読み方:えむぴー

military police米国陸軍憲兵隊


エム‐ピー【MP】

読み方:えむぴー

multilink protocol》⇒マルチリンクプロトコル


エム‐ピー【MP】

読み方:えむぴー

Member of Parliament英国下院議員


エム‐ピー【MP】

読み方:えむぴー

Multi-Picture》⇒マルチピクチャー


マルチプロセッサ

【英】multi-processor, MP

マルチプロセッサとは、1台コンピューター複数マイクロプロセッサ搭載することである。処理を分散させることで、総体としての処理の高速化を図るものである

マルチプロセッサの中でも、どのプロセッサ同等に理を分担するSMPSymmetric Multiple Processor)と、プロセッサごとに分担する処理があらかじめ定まっているASMPAsymmetric Multiple Processor)の2種類大別される

パソコン搭載され一般的なマイクロプロセッサに、マルチプロセッサ環境構築するために必要な機能備わっている場合少ない。しかしIntel社のXeonのようなサーバーへの搭載想定されているマイクロプロセッサは、おおむねマルチプロセッサ環境のための機能をあらかじめ備えている

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
CPU:  クアッドコアグラフィックス  マイクロプロセッサ  マルチコア  マルチプロセッサ  命令セット  メニーコア  ムーアの法則

【憲兵】(けんぺい)

Millitary Police(MP).
軍隊内部で警察準じる職務担当する兵種
または、軍事機密取扱許可与えられた特殊な司法警察機関

混乱期特殊な情勢除けば基本的に軍隊一部門として運営される
警察権行使する関係上、憲兵である事を容易に識別できる徽章腕章などを着用する事が多い。

軍隊一部として運用される理由大別して二つある。
まず一つに、被疑者武装している可能性論ずるにも値しないほど高いため。
もう一つに、ほとんどの犯罪捜査軍事機密開示値するほど重要な案件ではないためである
総括すれば軍人でない捜査官軍人犯罪容疑者接触させるのはあらゆる意味で好ましくない

憲兵の職務

憲兵が存在する最大意義は、軍隊内部で犯罪に対する捜査逮捕・裁判処罰である。
軍事的機動を行う際の交通整理捕虜待遇管理監視なども担当する
実際に憲兵が行職務は主に以下の通り

自衛隊警務官

自衛隊では憲兵に相当する職種を「警務科」と称する
ここに配属される隊員は「警務官」「警務官補」として「特別司法警察職員」に指定される

警務官
刑事訴訟法定められた捜査官としての権限が行使できる「司法警察員」。
任官には三曹以上の階級要する。。
警務官
階級士長以下で警務官資格持たない警務科隊員
捜査官としての権限制限された「司法巡査」であり、警務官指揮下で職務遂行する

警務科は、陸自海自空自それぞれ組織する縦割り体制であり、連携・人員の不足から、他国軍の憲兵組織比して捜査能力で劣る傾向見られるという。
この欠点解消するため、これら警務組織統合する計画検討されている。

なお、自衛隊には軍法会議規定がない。
このため確保した被疑者取り扱い検察および一般裁判所引き継がれる

関連脱柵

国家憲兵/警察軍/軍警察

国境警備領海臨検大規模なテロリズム対策など担当する司法警察機関
職務遂行のために明白に軍隊的な武力行使を行うが、法制上は司法警察分類される組織を指す。
歴史的経緯などから、こうした組織は憲兵の権限拡張した結果として設置されている事が多い。

日本語では「国家憲兵」と訳する事も多いが、陸海空軍統制下にはなく、通常の憲兵とは性格異なる。

国家憲兵制度一例フランスやイタリア・オランダ・トルコなどの欧州圏諸国見られる


M・P

読み方:えむぴー

  1. 〔進〕ミリタリー・ポリスMilitary Police)の略語で、憲兵のこと。

分類 進駐軍

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

MP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 15:06 UTC 版)

MP

MP

地名

企業

公的組織

スポーツチーム

芸能グループ

フィクション

ラジオ番組

製品・規格

mp




「MP」の続きの解説一覧

.mp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 16:39 UTC 版)

.mp国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、アメリカ合衆国の保護領・北マリアナ諸島に割り当てられている。このドメイン上の北マリアナ諸島に関するサイトは、.gov.mpの下の政府機関サイトと、.org.mp及び.co.mp以下の少数のサイト程度しかない。2008年のdotMP coming summer 2008で、次のような宣言がなされた。


  1. ^ get.mp: Retrieved 15-Feb-2008.
  2. ^ https://www.iana.org/domains/root/db/mp.html (accessed 28 Apr 2007)


「.mp」の続きの解説一覧

MP(マサクゥルポイント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 22:53 UTC 版)

忍者と極道」の記事における「MP(マサクゥルポイント)」の解説

割れた子供達特有の指数対象の戦闘力周囲の護衛の数と質を考慮した殺しにくさ”を数値化したもの割れた子供達では殺した対象のMP×約1000円賞金支払われている。

※この「MP(マサクゥルポイント)」の解説は、「忍者と極道」の解説の一部です。
「MP(マサクゥルポイント)」を含む「忍者と極道」の記事については、「忍者と極道」の概要を参照ください。


MP(マジックパワー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:45 UTC 版)

ドラゴンクエストシリーズ」の記事における「MP(マジックパワー)」の解説

キャラクター魔力呪文を唱えることでMPが減る。呪文ごとに消費するMPの量が決まっており、必要なMPがない場合、その呪文唱えられない。宿屋などに泊まることによって最大値まで回復できるほか、呪文アイテムによって回復させるともできる現在のMPの最大値を「さいだいMP」という。

※この「MP(マジックパワー)」の解説は、「ドラゴンクエストシリーズ」の解説の一部です。
「MP(マジックパワー)」を含む「ドラゴンクエストシリーズ」の記事については、「ドラゴンクエストシリーズ」の概要を参照ください。


MP(マターポイント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 04:05 UTC 版)

カスタムビートバトル ドラグレイド」の記事における「MP(マターポイント)」の解説

対戦格闘ゲームにおける「HPヒットポイント)」に相当する通常の対戦での最大値3000で、これがゼロになると戦闘不能VANISH)となる。

※この「MP(マターポイント)」の解説は、「カスタムビートバトル ドラグレイド」の解説の一部です。
「MP(マターポイント)」を含む「カスタムビートバトル ドラグレイド」の記事については、「カスタムビートバトル ドラグレイド」の概要を参照ください。


MP(マジックポイント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:49 UTC 版)

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の記事における「MP(マジックポイント)」の解説

キャラクター魔法力を表す数値。これを消費して魔法使用する緑の星マーク表される

※この「MP(マジックポイント)」の解説は、「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の解説の一部です。
「MP(マジックポイント)」を含む「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の記事については、「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の概要を参照ください。


MP(マナポイント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

アラド戦記」の記事における「MP(マナポイント)」の解説

魔力スキル使用するのに消費するポイント自動的に回復していき、アイテムなど回復可能

※この「MP(マナポイント)」の解説は、「アラド戦記」の解説の一部です。
「MP(マナポイント)」を含む「アラド戦記」の記事については、「アラド戦記」の概要を参照ください。


MP (Mana Point)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:02 UTC 版)

メイプルストーリー」の記事における「MP (Mana Point)」の解説

スキル魔法使用する際に消費する魔法使いの場合、HPダメージ一部をMPダメージ変換するスキル使用している態で攻撃を受けても減る。上限は500000となっている。

※この「MP (Mana Point)」の解説は、「メイプルストーリー」の解説の一部です。
「MP (Mana Point)」を含む「メイプルストーリー」の記事については、「メイプルストーリー」の概要を参照ください。


MP (multiply)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 18:10 UTC 版)

アポロ誘導コンピュータ」の記事における「MP (multiply)」の解説

アドレス部指定されたメモリ内容とAレジスタ内容乗算行い、積の上ワードをAレジスタ下位ワードLPレジスタに置く。それぞれの符号一致している。

※この「MP (multiply)」の解説は、「アポロ誘導コンピュータ」の解説の一部です。
「MP (multiply)」を含む「アポロ誘導コンピュータ」の記事については、「アポロ誘導コンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「MP」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MP」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MP」の関連用語

MPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマルチプロセッサの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMP (改訂履歴)、.mp (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの忍者と極道 (改訂履歴)、ドラゴンクエストシリーズ (改訂履歴)、カスタムビートバトル ドラグレイド (改訂履歴)、魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (改訂履歴)、アラド戦記 (改訂履歴)、メイプルストーリー (改訂履歴)、アポロ誘導コンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS