短機関銃とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 短機関銃の意味・解説 

【短機関銃】(たんきかんじゅう)

Sub-Machine Gun(サブマシンガン) (SMG).

フルオート射撃の可能な自動火器で、且つ拳銃弾使用するもの。
拳銃フルオート射撃機能をつけたものから、自動小銃ベース拳銃弾を撃てるようにしたものまで、形態は様々である。

軍事史においてはイタリアのヴィラール・ペロサが短機関銃の第一とされる
設計思想上はその後ドイツ開発されたMP18以って一個分類値する一応の完成系が出来上がったものと言われる

第一次世界大戦塹壕戦投入され、超軽量機関銃として重宝された。
しかし有効射程問題から第二次世界大戦早くも軍用銃として第一線退き自動小銃登場によって一旦命脈が絶たれた。

冷戦時代には、テロリズム凶悪犯罪に対応するため警察の重武装化特殊部隊創設相次ぐ
この情勢下では自動小銃弱点である「屋内での取り回し悪さ」「誤射による被害大きさ」が露呈したため、この問題解決するCQB用の兵器として、次世代の短機関銃が脚光を浴びる事となる。

しかし、現在ではテロリストの重武装化によって破壊力要求が高くなっている。
自動小銃小型化進んでおり、現在ではCQBにも自動小銃で対応する事が多くなった。
現在の短機関銃は警察機関用、施設警備用などのPDWとして用いられている。

関連PDW MP5 PPSh M3 トンプソン ステン UZI


短機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/15 00:26 UTC 版)

短機関銃(たんきかんじゅう)は、拳銃弾を使用し、個人が抱えて射撃出来る(二脚架・三脚架が要らない)小型の機関銃のことである[1]サブマシンガン機関拳銃(きかんけんじゅう)、機関短銃(きかんたんじゅう)とも呼ばれる。


  1. ^ a b c d e f SUBMASHINE GUN、松代守弘、歴史群像83号、学習研究社、P92-98
  2. ^ Submachine gun”. britannica.com. 2018年1月27日閲覧。
  3. ^ a b 防衛省規格 火器用語(小火器) (PDF)”. 防衛省 (2009年5月13日). 2018年1月27日閲覧。
  4. ^ The Machine Gun History, Evolution, and Development of Manual, Automatic, and Airborne Repeating Weapons”. 2018年1月27日閲覧。
  5. ^ 参照
  6. ^ このため現在では貴重な銃であり、2008年3月にオークションへ出品された際には55,000USドルという破格の値で落札されている


「短機関銃」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「短機関銃」の関連用語

短機関銃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



短機関銃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの短機関銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS