総体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 総体の意味・解説 

そう‐たい【総体】

読み方:そうたい

【一】[名]物事全体。「事件の―を把握する

【二】[副]

全般に一体に総じて。「―よくできた」「子供は―に自己中心的だ」

もともと。どだい。「―無理な相談だったのだ」


総体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/27 11:41 UTC 版)

総体(そうたい)は、以下の語義を持つ日本語である。




「総体」の続きの解説一覧

総体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:43 UTC 版)

ヒト」の記事における「総体」の解説

細かく後述を参照すべきだが、全体として大型」「群れる」「中速度長距離移動する」「調理され質の良い多様な食物食べる」「投擲など自分の体から離れたものを利用する」ことが動物としてのヒト特徴・生態地位といえる

※この「総体」の解説は、「ヒト」の解説の一部です。
「総体」を含む「ヒト」の記事については、「ヒト」の概要を参照ください。


総体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 00:23 UTC 版)

妹達」の記事における「総体」の解説

ミサカネットワークそのものの総体としての大きな意識」。明確なとしての体は持っておらず物理的末端である妹達の体を介して表出するしかない。それには制限があるらしく、打ち止めの体を介して現れた時は一方的な伝言のような形で言葉伝えることしかできなかったが、オティヌスが作り変え世界で10031号を介して上条対面した時は会話成立していた。いつ、どの時期からは不明だが、学園都市の上や一通行達を見守っており、上条トール戦い観測していた。また、番外個体のような第三次製造計画個体ミサカネットワークへの後付割り込みという形のため、総体の構成には含まれていない語尾に「/return」「/escape」「/backspace」と付けるのが特徴。また発電能力によって上条を知る者達の声も記録している。この記録はオティヌスが幸せな世界作り出した際、上条聞かせて彼を再起させる切り札にもなりえたが、総体自身上条自らの意思再起させるためにあえて使用しなかった。総意として上条好意的対して一方通行は「罪人」であるため辛辣であり、自分達だけが糾弾する権利を持つと考えている20001体で一つシステムあるため、すでに死亡した10031体の記憶蓄えられており、生者とも死者ともいえない存在である。その影響でオティヌスが生死明確に分けて完成させた「死者軍勢」から抜け落ちており、世界製作者であるオティヌスと「基準点の上条以外で唯一元の世界記憶保持していた。しかし、実際はオティヌスの魔術影響遅れていただけ再生された10031体のクローン意識によって自分の存在別のものに塗りつぶされる危機(総体曰く単純な死よりもおぞましい模様)にあり、辛うじて存在維持できるわずかに残された時間使って自分の現状上条仲間達記録など一切告げず上条自分自身意思再起させた。その後自身の予想通りに別物として塗りつぶされ、上条部屋次の世ではなく元の世界上条と会う事を決意して消滅したが、上条がオティヌスとの決着後、元の世界と共に復活。オティヌスを助けた上条動向爆笑しながら見守りつつ、学園都市から上条とオティヌス抹殺依頼を受けた一方通行が本気を出さずにわざと上条負けると、デンマークにいた妹達の体を借りて一方通行再会一方通行成長したことを評価すると、足止めとして意識失った妹達一方通行預けたクイーンブリタニア号内でのネフテュス戦で、バックドアからミサカネットワーク接続したゲスト」のクリファパズル545接触、彼女へ最適な力と権限貸与することで「人造の樹」の創造助けた

※この「総体」の解説は、「妹達」の解説の一部です。
「総体」を含む「妹達」の記事については、「妹達」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「総体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

総体

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 13:42 UTC 版)

名詞

そうたい

  1. 物事構成する上ですべて

副詞

  1. だいたい全般に渡って傾向を示す

「総体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「総体」の関連用語

総体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



総体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの総体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒト (改訂履歴)、妹達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの総体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS