.crとは?

継続予算決議

読み方:けいぞくよさんけつぎ
別名:暫定予算の継続決議
英語:Continuing Resolution、CR

アメリカ合衆国連邦議会で、継続予算を組むための決議のこと。

アメリカ合衆国歳出法案通常今年度中成立して新年度から施行される。もし今年度中歳出法案成立なければ資金当てがなくなり政府機能に支障が生じる。これを解消するためには、継続予算決議の可決が必要とされる

継続予算決議が可決された場合歳出法案成立するまでの間は前年度水準支出が可能になるとされる

クロム(Cr)

空気および湿気に対して極めて安定で,硬い金属である。今日では日用品装飾品はじめとして広く鍍金利用されています。クロム化合物中3価クロムは,毒性はほとんど無視できますが,クロムの毒性問題になるのはクロム酸重クロム酸といった6価クロムです。クロム酸は,皮膚粘膜腐蝕性が強く体内吸収されたクロムイオンは細胞毒として作用することが知られています。 
排水規制値6価クロム 0.5mg/L以下,総クロムmg/L以下。 
環境基準6価クロム 0.05mg/L以下。

【CR】(しーあーる)

Combat Readyの略。和訳すると戦闘可能態勢。
航空自衛隊における戦闘機パイロット技量を示す区分一つ
防衛出動など有事際し作戦を行える技量があることを証明する区分
AR分類されたパイロット経験訓練重ねることにより、CRに昇格する。

関連TR OR


CR


CR

英語 cold rolled steel

冷間圧延板。製造過程において冷間(再結晶温度以下)で圧延された薄板鋼板のこと。板厚均一で、機械的性質成形性表面円滑性、塗装付き回り性などがよい。美や深絞り成形要求されるボディシェルやふた物(ボンネットドアなど)のデザイン影響する、外板部材深絞り成形要求される内板部材に使われる。

参照 HR
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

クロム(Cr)

クロム(Chromium)は遷移元素一つで、元素記号 Cr で表され、原子番号24原子量は約52比重は7.19(g/cc)である。銀白色光沢ある金属でクロム族。耐食性強く、めっき用・合金材料として用いられる。常磁性
ステンレス鋼基本元素で、12%以上添加されると耐食耐酸化性著しく増す。

整合比 (AHPの)

読み方せいごうひ
【英】:consistency ratio (C. R. )

AHPにおいて一対比較首尾一貫している度合い, すなわち, 一対比較による判断整合性を表す度合い1つであり, 整合度C.I.の値とランダム整合度R.I.の値の比{\rm C.R.}=({\rm C.I.})/({\rm R.I.})\,として定義される指標である. 一対比較行列が完全な整合性をもつ場合にはこの値は0であり, 値が大きいほど不整合性は高いとみる. ただし, C.I.の値が0.1(場合によっては0.15)以下であれば整合性があるものとするのが慣習である.


クロム

分子式Cr
その他の名称:ChromeChromium、Cr
体系名:クロム


クロム(III)

分子式Cr
その他の名称:Chromium(III)
体系名:クロム(III)


クロム(II)

分子式Cr
その他の名称:Chromium(II)
体系名:クロム(II)


ジベンゾ[b,f][1,4]オキサゼピン

分子式C13H9NO
その他の名称:CR、EA-3547、Dibenz[b,f][1,4]oxazepine
体系名:ジベンゾ[b,f][1,4]オキサゼピン


物質
クロム
英語名
Chromium
元素記号
Cr
原子番号
24
分子量
51.9961
発見
1798年
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
1890
沸点(℃)
2212
密度(g/cm3
7.2
比熱(cal/g ℃)
0.11
イオン化エネルギー(eV)
6.766
電子親和力(eV)
0.66


六価クロム(Cr(VI))

クロムは、銀白色硬くて脆い金属で、地殻中の存在量は、約100mg/リットルです。水中クロム通常3価と6価の形で存在します。このうち6価クロムは主にクロム酸(CrO42-)や重クロム酸(Cr2O72-)の形をとり、特にpH酸性のときは酸化力強く有毒です。主な用途としては、顔料電気メッキ等があり、これらの廃液や、クロム鉱さいからの浸出水による地下水汚染報告されています。人体への影響としては、皮膚潰瘍鼻中隔穿孔肺がん等があります環境基準値は、「0.05mg/リットル以下」と定められています。

条件反応

【英】Conditioned Response [CR]
読み方じょうけんはんのう

条件刺激のもとで生起する反応をいう。無条件反応と同じタイプ反応であることが多いと考えられている。

.cr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 07:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.cr
コスタリカの旗
施行 1999年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC-Internet Costa Rica
後援組織 Costa Rica National Academy of Sciences
利用地域 コスタリカに関連する団体・個人
使用状況 コスタリカではよく使われている。
登録の制限 第二レベルドメインによってまちまち。
階層構造 登録は分類用第二レベルドメイン下で行われる。
ウェブサイト nic.cr
テンプレートを表示

.crは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、コスタリカに割り当てられている。

サブドメイン

  • ac.cr: 研究機関、大学機関
  • co.cr: 商業団体
  • ed.cr: 教育機関。単科大学や高等学校など
  • fi.cr: 銀行などの金融機関
  • go.cr: 行政機関
  • or.cr: 非営利組織
  • sa.cr: 健康に関する機関

外部リンク


CR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 04:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CR, Cr, cr

CR

一般名詞

地名

その他の固有名詞

Cr

cr




.crと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.cr」の関連用語

.crのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.crのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2019 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2019 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cr (改訂履歴)、CR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS