改行とは? わかりやすく解説

かい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【改行】

読み方:かいぎょう

[名](スル)文章の中で行を新しくすること。行を変えること。また、そのように活字を組むこと。「段落で―する」


改行

読み方かいぎょう
【英】line feed

改行とは、一般に文章入力する際に入力エリア次の行へと移すことである。

メモ帳のようなテキストエディタからMicrosoft Wordのような文書作成用のソフト(ワープロソフト)まで、全般に共通してエンターキーEnterキー)を押す操作によって改行が実行できる横書き文書で1行下の左端に、縦書き文書で1行左の上端カーソル移動しそこから引き続き文章入力ができる。

コンピュータにおける改行操作は、「LF」や「CR」といった制御文字挿入されることによって行われている。LFline feed)は入力する部分単純に次の行に送ること意味しており、「CR」は入力する部分行頭へ戻すことを指示するどちらか一方だけでは、一般的な意味の改行を行うことはできない通常LFCR同時に行われて改行される。なお、LFCR区別するために、CRを「強制改行と呼ぶ場合もある。

また、改行に似た操作としては、ページ改めその先頭に送る「改ページ」や、段組み設定した時に次の段の先頭に送る「改段」といった機能もある。改ページ行いたい場合は、Microsoft Wordであれば、[メニュー]から[挿入]のコマンド選択し、[改ページ]の項目を設定することによって、実行することができる。


改行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 07:30 UTC 版)

改行(かいぎょう)はを改めること。前の行から次の行へ移動すること。




「改行」の続きの解説一覧

改行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 01:46 UTC 版)

テキストファイル」の記事における「改行」の解説

テキストファイルでは、人間にとってもプログラムにとっても、改行はファイルの中でデータ区切りを表す重要な部分である。プログラム処理考え場合テキストファイル中の1つの行、すなわち改行で区切られ部分は、1つレコードであると見なすともできる後述するように、改行の表現方法コンピュータ環境によって異なる場合がある

※この「改行」の解説は、「テキストファイル」の解説の一部です。
「改行」を含む「テキストファイル」の記事については、「テキストファイル」の概要を参照ください。


改行 (line feed, LF)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:27 UTC 版)

タイプライター」の記事における「改行 (line feed, LF)」の解説

カーソル次の行に移動させること。タイプライターでは、プラテン回転させて次の行に送る。

※この「改行 (line feed, LF)」の解説は、「タイプライター」の解説の一部です。
「改行 (line feed, LF)」を含む「タイプライター」の記事については、「タイプライター」の概要を参照ください。


改行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 15:53 UTC 版)

Markdown」の記事における「改行」の解説

テキスト挿入された改行は最終的な結果から取り除かれる。これは、画面大きさに応じて改行を行う処理はWebブラウザ担当すべきであるという設計思想よる。強制的に改行した場合は、行末2つスペース挿入すればよい

※この「改行」の解説は、「Markdown」の解説の一部です。
「改行」を含む「Markdown」の記事については、「Markdown」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「改行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

改行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:38 UTC 版)

名詞

かいぎょう

  1. 文章で、ある途中止めて次の行か書き始めること。

発音(?)

か↗いぎょー

動詞

活用

サ行変格活用
改行-する

「改行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改行」の関連用語

改行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



改行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ改行の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの改行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテキストファイル (改訂履歴)、タイプライター (改訂履歴)、Markdown (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの改行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS