Wordとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > Wordの意味・解説 

ワード [1] 【word】

単語。語。ことば。多く、他の外来語複合して用いられる。 「キー-」 「クロス-」
英文タイプでの単位五文字を一ワードとする。
コンピューター内部一度に処理される情報量単位。1ワード構成するビット数でその大きさを表す。1ワード8・163264ビットなどコンピューターによって異なる。語。

CH


ワード

ワードとは、「語」「字」のことである。コンピューター用語としては、(1)Microsoft販売するワープロソフトのこと、あるいは(2)データ量単位で、CPUメモリーとの間で1度受け渡しなされるデータ量を示すもののことである。

(1)
別名:マイクロソフト・ワードMicrosoft Word
【英】word

Microsoft販売するワープロソフトのこと。ソフトウェアパッケージ製品であるMicrosoft Office中でも、最も主要なソフトウェアのひとつに挙げられる。

文書作成だけでなく図形描画グラフホームページ作成など、豊富で多彩な機能をもつ。Office同梱される他のアプリケーションとの連携が非常に容易であることも特徴をなしている。ワープロソフトとしては世界中でも最も広く利用されているもののひとつであるといえる

(2)

データ量単位で、CPUメモリーとの間で1度受け渡しなされるデータ量を示すもののこと。語と訳される場合もある。

CPU命令ひとつが文字列データ量として数値化され、その単位がワードとなる。ただし、絶対値定められているわけではなくCPU種類によって内実が変わる。例えCPU1度8ビット扱えるならば、1ワードは8ビットであり、あるいは16ビット扱えるならば1ワードは16ビットとなる。この単位(あるいは概念)は、主に大型コンピューターなどで用いられるもので、パソコンなどで用いられる場合少ない。


参照リンク
(1)Microsoft Word 製品情報
オフィスソフトのほかの用語一覧
ワープロソフト:  置換  取り消し線  Webレイアウト  ワード  ワードアート  ワードカウント  ワードラップ

Microsoft Word

(Word から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/25 15:56 UTC 版)

Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)は、マイクロソフトWindowsmacOS及びiOS向けに販売している文書作成ソフトウェア。




  1. ^ Version 1.0 of today’s most popular applications, a visual tour - Pingdom Royal”. Pingdom (2009年6月17日). 2016年6月15日閲覧。
  2. ^ 「マイクロソフト、「ワード」発売を延期―来月に、年末商戦出遅れ」『日経産業新聞』1991年11月28日、6面。
  3. ^ Guess who's back at Microsoft? Excel, Word creator Charles Simonyi
  4. ^ a b リチャード・ブロディ、森 弘之訳『ミーム―心を操るウイルス』講談社、1998年
  5. ^ a b リチャード・ブロディ、大地舜訳『夢をかなえる一番よい方法』PHP研究所、2002年、ISBN 4569612628、ISBN-13 978-4569612621
  6. ^ a b c d Edwards, Benj (2008年10月22日). “Microsoft Word Turns 25”. PC World. http://www.pcworld.com/article/152585/microsoft_word_turns_25.html 2010年11月7日閲覧。 
  7. ^ Tsang, Cheryl (1999). Microsoft First Generation. John Wiley & Sons. ISBN 978-0-471-33206-0. https://archive.org/details/microsoftfirstge00cher. 
  8. ^ Schaut, Rick (2004年5月19日). “Anatomy of a Software Bug”. MSDN Blogs. 2006年12月2日閲覧。
  9. ^ a b Markoff, John (1983年5月30日). “Mouse and new WP program join Microsoft product lineup”. InfoWorld: p. 10. https://books.google.com/books?id=4S8EAAAAMBAJ&pg=PA10 2010年11月7日閲覧。 
  10. ^ a b c A. Allen, Roy (October 2001). “Chapter 12: Microsoft in the 1980's”. A History of the Personal Computer: The People and the Technology (1st ed.). Allan Publishing. pp. 12/25–12/26. ISBN 978-0-9689108-0-1. https://archive.org/download/A_History_of_the_Personal_Computer/eBook12.pdf 2010年11月7日閲覧。. 
  11. ^ Pollack, Andrew (1983年8月25日). “Computerizing Magazines”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1983/08/25/business/technologyandrew-pollack-computerizing-magazines.html 2013年4月24日閲覧。 
  12. ^ Lemmons, Phil (1983年12月). “Microsoft Windows”. BYTE: pp. 48. https://archive.org/stream/byte-magazine-1983-12/1983_12_BYTE_08-12_Easy_Software#page/n49/mode/2up 2013年10月20日閲覧。 
  13. ^ Advertisement (1983年12月). “Undo. Windows. Mouse. Finally.”. BYTE: pp. 88–89. https://archive.org/stream/byte-magazine-1983-12/1983_12_BYTE_08-12_Easy_Software#page/n89/mode/2up 2013年10月20日閲覧。 
  14. ^ Peterson, W.E. Pete (1994). Almost Perfect: How a Bunch of Regular Guys Built Wordperfect Corporation. Prima Publishing. ISBN 0-7881-9991-9. https://www.amazon.com/Almost-Perfect-Regular-Wordperfect-Corporation/dp/0788199919/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1320973142&sr=8-2. 
  15. ^ a b c Knight, Dan (2008年5月22日). “Microsoft Word for Mac History”. Low End Mac. http://lowendmac.com/2013/microsoft-word-for-mac-faq/ 2010年11月7日閲覧。 
  16. ^ Whole Earth Software Catalog”. 2010年11月7日閲覧。 “For a year, I waited for a heavier-duty word processor than MACWRITE. I finally got it— WORD.”
  17. ^ a b c Schaut, Rick (2004年2月26日). “Mac Word 6.0”. Buggin' My Life Away. MSDN Blogs. 2010年6月21日閲覧。
  18. ^ Atari announces agreement with Microsoft”. Atarimagazines.com (2008年4月25日). 2010年6月21日閲覧。
  19. ^ Feature Review: Microsoft Write”. Atarimagazines.com (2008年4月25日). 2010年6月21日閲覧。
  20. ^ Today's Atari Corp.: A close up look inside”. Atarimagazines.com (2008年4月25日). 2010年6月21日閲覧。
  21. ^ Miller, Michael J. (1990年11月12日). “First Look: Microsoft Updates Look of And Adds Pull-Down Menus to Character-Based Word 5.5”. InfoWorld: p. 151. https://books.google.com/books?id=tDwEAAAAMBAJ&pg=PA151 2010年11月7日閲覧。 
  22. ^ Needleman, Raphael (1990年11月19日). “Microsoft Word 5.5: Should You Fight or Switch?”. InfoWorld: p. 106. https://books.google.com/books?id=wFAEAAAAMBAJ&pg=PA108 2010年11月7日閲覧。 
  23. ^ Microsoft Word 5.5 for MS-DOS (EXE format)”. Microsoft Download Center. 2019年10月27日閲覧。
  24. ^ “War of the Words”. InfoWorld: pp. 66–79. (1994年2月7日). https://books.google.com/books?id=6DoEAAAAMBAJ&pg=PA66 2010年11月7日閲覧。 
  25. ^ a b Lockman, James T.W. (1998年5月15日). “UGeek Software Review: Microsoft Office 98 Gold for Macintosh”. 2010年11月7日閲覧。
  26. ^ Archived copy”. 2015年5月15日閲覧。
  27. ^ Ericson, Richard (2006年10月11日). “Final Review: The Lowdown on Office 2007”. Computerworld. 2010年11月8日閲覧。
  28. ^ a b McLean, Prince (2007年11月12日). “Road to Mac Office 2008: an introduction (Page 3)”. AppleInsider. http://www.appleinsider.com/articles/07/11/12/road_to_mac_office_2008_an_introduction.html&page=3 2010年11月7日閲覧。 
  29. ^ McLean, Prince (2007年11月12日). “Road to Mac Office 2008: an introduction (Page 4)”. AppleInsider. http://www.appleinsider.com/articles/07/11/12/road_to_mac_office_2008_an_introduction.html&page=4 2010年11月7日閲覧。 
  30. ^ 数式エディター 3.0 の機能削除について – Office Support Team Blog JAPAN
  31. ^ 樽井秀人 (2018年4月20日). “Microsoft、数式フォント「MT Extra」をダウンロードセンターで無償公開”. 窓の杜. インプレス. 2019年5月3日閲覧。
  32. ^ Editing equations created using Microsoft Equation Editor - Office Support
  33. ^ 特許侵害で:Microsoft、米地裁から「Microsoft Word」販売差し止め命令ITmedia、2009年8月13日
  34. ^ Office Viewer 製品の提供終了について – Office Support Team Blog JAPAN


「Microsoft Word」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Word」の関連用語

Wordのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Wordのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2020. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMicrosoft Word (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS