WYSIWYGとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > WYSIWYGの意味・解説 

ウィジウィグ【WYSIWYG】

what you see is what you get直訳すると「見たものが、手に入るもの」。コンピューターディスプレー画面表示された画像文字がそのまま印刷できることを意味する。


WYSIWYG 【what you see is what you get、ウィジウィグ】

画面上で見たままの状態を、プリンタなどに出力できることをいう。

WYSIWYG(ウィジウィグ)

読みうぃじうぃぐ
英語:WYSIWYG

What You See Is What You Get の略で「ウィジウィグ」と読む.モニタ表示された通りイメージ出力されるという意味で使用される.従来レイアウトしか表示できなかったが,技術進歩により文字書体までモニタ表示できるようになった

WYSIWYG

フルスペル:What You See Is What You Get
読み方ウィジウィグ

WYSIWYGとは、コンピュータユーザーインターフェースUIに関する基本概念のひとつで、パソコン画面表示された内容を、見ている通りの状態で、プリンターなどに出力できるという概念のこと、あるいはそれを実現する機能のことである。

WYSIWYGをフルスペルで表記すると「What You See Is What You Get」となる。直訳すれば、「あなたが見ているもの、それがあなたの手にするものである」というほどの意味になる。例えワープロソフトの「印刷イメージ画面などはWYSIWYGであり、フォント文字サイズなどの変更画面上に加えれば、その変更印刷物においても反映されることになる。WYSIWYGはグラフィックユーザーインターフェース(GUI)によって実現可能となった理念のひとつある。

WYISIWYGはApple社によって提唱され、Macintoshによって実現し、その後Windowsなどにも採用された。以来大半コンピューターにおいて不可欠要素であるとして重視されている。デスクトップパブリッシングDTP)などは、ほとんどWYSIWYGの上成立しているといえる

印刷・DTPのほかの用語一覧
ソフトウェア:  ランドスケープモード  TWAIN  テフ  WYSIWYG
ページ記述言語:  ESCPage  ページ記述言語  IrLPT

WYSIWYG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 03:04 UTC 版)

WYSIWYGアクロニム: ウィジウィグ)とは、コンピュータユーザインタフェースに関する用語で、ディスプレイに現れるものと処理内容(特に印刷結果)が一致するように表現する技術。What You See Is What You Get(見たままが得られる)の頭文字をとったものであり、「is」を外したWYSWYG(ウィズウィグ)と呼ばれることもある。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「WYSIWYG」の関連用語

WYSIWYGのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



WYSIWYGのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2021 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWYSIWYGの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWYSIWYG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS