挿入とは? わかりやすく解説

そう‐にゅう〔サフニフ〕【挿入】

読み方:そうにゅう

[名](スル)中にさし入れること。中にはさみこむこと。「イラストを―する」


インサート

別名:挿入
【英】insert

インサートとは、ワープロソフトテキストエディタなどで、すでに入力されデータの中の任意の箇所に、新たにデータ割り込ませて入力することである。あるいは、表計算ソフトにおいて、ワークシート上に新たなや行などを割り込ませて加えること

オフィスソフトのほかの用語一覧
ワープロソフト:  閲覧モード  一太郎  インデント  インサート  印刷プレビュー  一括置換  欧文ワープロ

挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「挿入」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「挿入」を含むページの一覧/「挿入」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「挿入」が役に立つかもしれません。

関連項目



挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/23 05:48 UTC 版)

基数木」の記事における「挿入」の解説

木構造に文字列を追加する文字列一致するところまで走査していき、そこから新たな辺を追加して残りの文字列をラベルとして付ける。なお、残りの文字列の先頭から一部分までが共通な別の辺がすでにある場合共通部分を辺として新たに作りそこから2つ分かれるようにする。

※この「挿入」の解説は、「基数木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「基数木」の記事については、「基数木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/19 04:33 UTC 版)

AA木」の記事における「挿入」の解説

挿入は、まず通常の2分木探索と挿入を行う。そして、コールスタックを戻る際に木構造妥当性チェックし必要に応じて回転を行う。平左リンクが生じた場合skew行い2つ平右リンクが生じた場合split を行う。そして、その時点の部分木の根ノードレベル必要に応じて上げる。レベルを上げる操作は、ここでの擬似コードでは上の skew行われている。したがっ新たに平リンクが生じ場合があるので、木構造妥当性チェックは、葉ノードから根に向かって戻る際にステップ毎回行う必要があるfunction insert is input: X は挿入したい値、T は挿入先となる木構造の根 output: T に X を挿入して平衡化させたもの まず、通常の2分木の挿入操作を行う。新たなノード作成されたか 部分木の根変わった場合再帰呼び出し結果正し子ノード設定する。 if nil(T) then X に対応する新たな葉ノード生成 return node(X, 1, Nil, Nil) else if X < value(T) then left(T) := insert(X, left(T)) else if X> value(T) then right(T) := insert(X, right(T)) end if X == value(T) の場合がない点に注意その場合、挿入は行われない場合によっては、違う動作望ましいこともある。 skew行い次いで split を行う。実際に回転をするかどうか上掲のようにこれら手続き内で判断する。 T := skew(T) T := split(T) return Tend function

※この「挿入」の解説は、「AA木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「AA木」の記事については、「AA木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 06:31 UTC 版)

肺動脈カテーテル」の記事における「挿入」の解説

中心静脈カテーテルと同様内頚静脈からセルジンガー法により挿入する上大静脈洞に挿入した圧電素子につなぎ、圧波形見ながら慎重に進める。肺動脈特有の波形見たらバルーン拡張し波形消える(ウェッジされる)ところで止めバルーン収縮させて固定する術者管理者となる医師練度重要である

※この「挿入」の解説は、「肺動脈カテーテル」の解説の一部です。
「挿入」を含む「肺動脈カテーテル」の記事については、「肺動脈カテーテル」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/22 13:44 UTC 版)

ダブルバルーン小腸内視鏡」の記事における「挿入」の解説

上部小腸アプローチ口腔より挿入する食道・胃を通過し十二指腸水平部以降診断加療する。 下部小腸アプローチ肛門より挿入する直腸結腸通過し回盲部より口側小腸診断加療する。

※この「挿入」の解説は、「ダブルバルーン小腸内視鏡」の解説の一部です。
「挿入」を含む「ダブルバルーン小腸内視鏡」の記事については、「ダブルバルーン小腸内視鏡」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/25 03:08 UTC 版)

ポート (医療)」の記事における「挿入」の解説

蛍光透視法は、ポートの挿入をガイドするのに役立つ 。 ポート挿入後に撮影する胸部レントゲン写真は、気胸血胸カテーテル位置異常などの、処置必要になる合併症をすぐに検出できる詳細は、以下のリスクを参照)。一方で蛍光透視法により静脈切開ポート挿入した後のルーチンでの胸部X線撮影は、必須ではないことが示唆されている。 ポート埋め込まれる患者の胸の左右決めるのは、通常運転手として着座したときに事故発生した場合シートベルトによるポートおよび静脈への損傷避け方向で、選択されるしたがって、道路ルールとして、対面交通による衝突リスクがあるポートは上胸部または腕に配置できる。胸元広くあいたシャツ着ているときの視認性避けバックパック下着ストラップによる過度の接触避け位置に挿入で来るので、正確な位置可変となる。最も一般的な配置は、胸部の右上部分で、カテーテル自体が右頸静脈ループし、患者心臓向かって下がっている。

※この「挿入」の解説は、「ポート (医療)」の解説の一部です。
「挿入」を含む「ポート (医療)」の記事については、「ポート (医療)」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 03:42 UTC 版)

B木」の記事における「挿入」の解説

検索の処理を行うことで、挿入しようとする値が木のどこに位置するべきかがわかる。まだ登録されていない値を検索した場合、処理は必ず葉ノードまで達する。すなわち、挿入処理は常に葉ノード対象として開始されるノードにまだ新たなキー登録する余地がある場合キー追加して挿入処理は終了する問題は対象となるノードが既に許容できる最大数キーを持っている場合である。この場合ノード分割理を行う。分割必要なノードからキーをひとつ選択し通常大小順で中央の値を選択する)、このキーより小さいキーだけを含むノードと、より大きいキーだけを含むノード分割する分割基準となったキーは、親のノード移動する。 ここで、親ノードに対してキー追加している。親ノードキー最大数越えた場合は、根に向かって順に分割理を適用していく。根まで到達して根が分割され場合は、木の高さが1段増加することになる。分割直後新し根はキーを1個とを2個だけ持っている

※この「挿入」の解説は、「B木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「B木」の記事については、「B木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 08:19 UTC 版)

二項ヒープ」の記事における「挿入」の解説

ヒープ新し要素を挿入する操作は、単に挿入する要素のみを含んだ新しヒープ作成しそれを既存ヒープマージさせるだけで完了する実行時間はO(log n)かかる。

※この「挿入」の解説は、「二項ヒープ」の解説の一部です。
「挿入」を含む「二項ヒープ」の記事については、「二項ヒープ」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 05:57 UTC 版)

スケープゴート木」の記事における「挿入」の解説

挿入操作は、一般的な二分探索木ほとんど同じだが、スケープゴートによる平衡化の処理が追加される挿入する場所の探索では、挿入するノードの"深さ"も記録する。これは、根から探索で子に移動する回数を数えるだけの単純なカウンター実装すれば、根と挿入されるノード間の辺の数効率的に(O(log n)で)計算できる挿入するノードが(上記で定義された)α-高さ平衡条件に反している場合、以下の再構築を行う。 再構築は、スケープゴートを根とする部分木全体を平衡化する操作である。スケープゴートは、挿入されノード先祖であり、α-重み平衡満たされないノードである。再構築必要とするとき、つまりα-高さ平衡条件に反している場合には、そのような先祖1つ以上存在するそれらのいずれかスケープゴートとして部分木を再構築することでα-高さ平衡条件満たされた木が得られるスケープゴート見つけるためには、例え挿入するノードから根まで遡り、α-重み平衡満たされない最初のノード選択すれば良い。 根に戻るには、根から探索経路保存したO(log n )のメモリか、各ノードが持つ親ポインタ用いれば良い上記のスケープゴートノードが実行可能スケープゴートであるかどうかを判断するには、そのα-重み平衡満たされているかを確認れば良い。これの確認には、定義通り以下を確認すれば良いsize(left) ≤ α*size(node)size(right) ≤ α*size(node) ただし、3つのサイズのうち2つ計算しておき、3つ目のサイズのみを計算することで、大規模に最適化できる。例え挿入されノードから順に根まで順次行うことで、スケープゴート木全体に理を行う。親のノードを根とする部分木のサイズは、自分自身を根とする部分木のサイズと、兄弟(親が同じであるノードであり、自分自身ではないノード)の部分木のサイズと親のノードの数である1を足せば求まるsize(parent) = size(node) + size(sibling) + 1 また、ノード挿入する際にノード1つずつ挿入することから以下も成り立つ。 size(inserted node) = 1. つまり、以下の計算繰り返せ良いsize[x+1] = size[x] + size(sibling) + 1 ここで、x は現在見ているノード、x+1 はその親である。size[x]は前回size[x+1] を再利用すれば良いため、size(sibling)が実際に必要な唯一の関数呼び出しとなる。スケープゴート見つけると、スケープゴートを根とする部分木を再構築し、この部分木は完全二分木となる。この再構築は、部分木のノードを、中央値部分木のノードとするように再帰的選択すれば、O( n )時間実行できる再構築操作にはO( n )時間部分木のサイズ)がかかるため、挿入の時間計算量最悪の場合O( n )になる。 ただし、これらの最悪のケース頻発しないため、挿入にかかる償却時間はO(log n )で済む。

※この「挿入」の解説は、「スケープゴート木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「スケープゴート木」の記事については、「スケープゴート木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 09:37 UTC 版)

赤黒木」の記事における「挿入」の解説

挿入は、新しい(非NILノード(Nとする)を、二分探索木における、間順走査での先行ノードキー新しく挿入するノードキーより小さく、かつ新しく追加するノードキー後行ノードキーより小さくなるNILノード位置配置することから始まる。(多くの場合この位置は、挿入操作直前木内探索した結果であり、ノード P と、P->child[dir] == NIL を持つ方dir構成される。)新しく挿入されノード一時的に赤色となり、すべての経路以前と同じ数の黒ノード含まれるようにする。しかし、その親ノード例えばP)が赤である場合、この操作は赤違反引き起こすvoid RBinsert1( RBtree* T, // -> 赤黒木 struct RBnode* N, // -> 挿入するノード struct RBnode* P, // -> Nの親ノードNULLでも可) byte dir) // Nを挿入するPの側(LEFTまたはRIGHT){ struct RBnode* G; // -> Pの親ノード struct RBnode* U; // -> Nのおじ N->color = RED; N->left = NIL; N->right = NIL; N->parent = P; if (P == NULL) { // 親がない場合 T->root = N; // Nが赤黒木Tの新しい根とし、 return; // 挿入完了。 } P->child[dir] = N; // NをPのdirの子として挿入する // (do while)ループ開始する do { リバランシングループは以下の不変条件を持つ。 カレントノードNは、各反復開始時に (赤)である。 要件4は、Pも赤の場合(Nで赤違反)、N←Pを除きすべてのペア nodeparent満たされる他のすべての性質要件5を含む)は、木全体で満たされている。

※この「挿入」の解説は、「赤黒木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「赤黒木」の記事については、「赤黒木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:39 UTC 版)

二分探索木」の記事における「挿入」の解説

同値データ出現した場合は右の子として登録するという前提手順を記す。 ルートか手順開始する着目しているノード目的の値を比較する。「目的の値 < 着目しているノード」なら左の子、「着目しているノード目的の値」なら右の子が、次の着目ノードとなる。 次の着目ノード存在しなければ現在の着目ノードであれば)、次の着目ノード位置データを挿入。存在すれば、次の着目ノード移って繰り返し。 挿入の計算量木の高さに比例し平衡状態であれば O(log N) となる。

※この「挿入」の解説は、「二分探索木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「二分探索木」の記事については、「二分探索木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 05:55 UTC 版)

体外式膜型人工肺」の記事における「挿入」の解説

カニューレは、体格に合った適切なサイズのものを、セルジンガー法 (Seldinger technique)、または外科的切開(Cut Down)により、挿入するカニューレ挿入と回路への接続後循環開始する

※この「挿入」の解説は、「体外式膜型人工肺」の解説の一部です。
「挿入」を含む「体外式膜型人工肺」の記事については、「体外式膜型人工肺」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 22:45 UTC 版)

2-3木」の記事における「挿入」の解説

挿入の操作2-3木の場合は具体的には以下のうになる検索と同様操作行って一つ上の親を検索する。 その親に挿入値を挿入する。 もし、挿入値を挿入した場合に、子供3つになった場合は、親のキー変更するキーの値は一番左の子供の値と、真ん中の子供の値になる。 もし、挿入値を挿入して子供4つになった場合は、親のノードを、子供二つもつノード二つ分割する分割した親ノードキーおよび分割仕方は挿入値とノードの状態によって異なる右図参照) 2以降の理を親の分割が行われなくなるまで、繰り返す。 BB木の場合も同様にまず部分追加要素追加する追加する位置にすでに要素2つにある場合中央値をとり、それを親とする2ノード形成し根から全ての距離が一致するように親の分割と、回転を行うことで実装される詳しくはB木を参照)。

※この「挿入」の解説は、「2-3木」の解説の一部です。
「挿入」を含む「2-3木」の記事については、「2-3木」の概要を参照ください。


挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 14:21 UTC 版)

ヒープ」の記事における「挿入」の解説

子は親より大きい等しく添字は 1 から開始するものとして記述するまた、木全体の要素数を N {\displaystyle N} とする。 操作対象の要素 n = N + 1 {\displaystyle n=N+1} とし、追加する要素を n {\displaystyle n} に置く。 要素 n {\displaystyle n} を親( n ÷ 2 {\displaystyle n\div 2} )と比較する要素 n {\displaystyle n} がルートn = 1 {\displaystyle n=1} )か、または比較結果が親以上なら終了。 親の方大きければ親子入れ替えn = n ÷ 2 {\displaystyle n=n\div 2} として繰り返す。

※この「挿入」の解説は、「ヒープ」の解説の一部です。
「挿入」を含む「ヒープ」の記事については、「ヒープ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「挿入」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

挿入

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:25 UTC 版)

この単語漢字
そう
常用漢字
にゅう
第一学年
音読み 音読み

発音

そ↗ーにゅー

名詞

(そうにゅう)

  1. せまいすきまなどに棒状のものなどを差し入れること。差し込むこと。
    1. 特に陰茎似た形状のものをなどに差し入れること。
  2. 中やつけくわえること。
  3. 電子文書ワークシートなどで、語句データセルなどを追加すること。

動詞

活用


「挿入」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「挿入」に関係したコラム

  • 株式の株価チャートをエクセルで表示するには

    株式の株価チャートをエクセルで表示する方法を紹介します。まず、下の図のように、エクセルのシートのセルに、出来高、日付、始値、高値、安値、終値の列を作成します。次に、各列にデータを入力していきます。行の...

  • 株式分析の平均足をエクセルで表示するには

    株式分析の平均足をエクセルで表示する方法を紹介します。株式分析の平均足は、始値、高値、安値、終値の4本値をもとに、新たな4本値を計算してローソク足として表示したものです。平均足の計算方法は次の通りです...

  • 株365に上場している銘柄のチャートを表示するには

    株365に上場している銘柄は、日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4つの銘柄です。ここでは、これらの銘柄のチャートをExcelを使って表示する...

  • FXのティックをエクセルで表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のティックをエクセルで表示する方法を紹介します。必要なソフトウェアは、Microsoft Excel(エクセル)とMT4(Meta Trader 4)です。Microsoft...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「挿入」の関連用語

挿入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



挿入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインサートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挿入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの基数木 (改訂履歴)、AA木 (改訂履歴)、肺動脈カテーテル (改訂履歴)、ダブルバルーン小腸内視鏡 (改訂履歴)、ポート (医療) (改訂履歴)、B木 (改訂履歴)、二項ヒープ (改訂履歴)、スケープゴート木 (改訂履歴)、赤黒木 (改訂履歴)、二分探索木 (改訂履歴)、体外式膜型人工肺 (改訂履歴)、2-3木 (改訂履歴)、ヒープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの挿入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS