.acとは?

エー‐シー【AC】


エー‐シー【AC】


エー‐シー【AC】


エー‐シー【AC】


エー‐シー【AC】


エー‐シー【AC】


エー‐シー【a/c】

account簿記勘定科目を示す記号


エー‐シー【AC】

〔名〕 (英 alternating current の略) =こうりゅう交流)②


エー‐シー【a/c】

〔名〕 「アカウントaccount =勘定)」の略称。簿記勘定科目表記するとき、略字として用いる。


A/C

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

こうりゅう 交流 alternating current AC

規則正しく一定の周期をもって大きさ方向変える電流。 普通は正弦波形の電流を意味する。電圧大きさ変えることができるところが特長

AC

交流一般家庭送電されている電気の形。反対語 DC直流

アクチニウム

分子式Ac
その他の名称:Ac、Actinium
体系名:アクチニウム


物質
アクチニウム
英語名
Actinium
元素記号
Ac
原子番号
89
分子量
227
発見
1899年
原子半径(Å)
1.88
イオン化エネルギー(eV)
6.9

AC

AC, Asymptomatic carrier

【概要】 無症候性キャリア最近無症候性感染という方が多いか。HIV感染しているが免疫能が保たれているため症状がない状態を言う。CD4細胞数通常200/μL上である。自分感染をしていることを知らない場合感染源になる可能性がある。

《参照》 HIV抗体無症侯


.ac

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 07:03 UTC 版)

.ac は、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つ。イギリスアセンション島に割り当てられている。このドメインはNIC.ACによって管理されており、これはイギリスに本社を置くInternet Computer Bureauの子会社である。ドメインの登録は誰でも行うことが出来る。






「.ac」の続きの解説一覧

AC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 22:54 UTC 版)

AC, Ac, ac




「AC」の続きの解説一覧



.acと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ac」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ac」の関連用語

.acのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.acのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2021 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ac (改訂履歴)、AC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS