アタリとは?

アタリ【Atari】


あたり【当(た)り/中り】

【一】[名]

あたること。

㋐ぶつかること。「立ち合いの—が強い」

命中すること。的中。「福引で—を出す」⇔はずれ。

催し企画などが思ったとおりになること。成功。「—の商品」⇔はずれ。

野球などの打撃調子。「四番打者に—が戻る」

接触すること。触れること。

㋐舌や手にさわった感じ舌ざわり手ざわり。「—がなめらかだ」

手掛かり見当。「犯人の—がついた」

㋒人に接す態度交際のぐあい。「—が柔らかい人」

釣りで、がえさに食いつくこと。また、その瞬間釣り人の受ける感触魚信。「—はあるが、かからない」

㋔からだに害となること。中毒多く他の語と複合して用いられる。「食—」「暑気—」

果物の傷やいたんだ部分。「—のあるリンゴ

囲碁で、あと一手相手方の石が取れる状態。

仕返し返報

「謀られたる—とぞ云ひける」〈宇治拾遺・五〉

むごい扱い仕向け

「茂兵衛殿への—は皆悋気(りんき)から起こった事」〈浄・大経師

【二】接尾「一」または単位を表す語に付いて、それに対して割り当て割合の意を表す。「一石(こく)—の米価」「一人千円

[下接語] 大当たり風当たり口当たり小当たり心当たり作当たり差し当たり暑中(あた)り・暑気中り食当たり総当たり体当たり突き当たり手当たり戸当たり・毒当たり・場当たり・馬鹿当たり・罰(ばち)当たり・日当たり・冷え中り一当たり人当たり不当たり・船(ふな)中り・紛(まぐ)れ当たり・水中り八つ当たり湯中り行き当たり嫁当たり


あたり【辺り】

ある地点周囲。ある範囲の場所。付近周り。「辺りに気を配る」「この辺りは静かな住宅地だ」「辺りかまわず泣きだす」「辺り一面火の海だ」

場所・時・人事柄数量などをはっきり示さずに、婉曲言い表す語。多く名詞の下に付いて接尾語的に用いる。

そのへん一帯近所。「六本木辺りで遊ぶ」

そのころその時分。「あした辺り行ってみよう」

㋒たとえば…など。「部長かみつく辺り、けっこう気が強い」「山田君辺りに代わってもらおう」

㋓その程度。「県代表辺りまでなれるだろう」「千円辺りの品物


アタリ(NASDAQ:ATAR)

住所: 417 Fifth AvenueNew York, NY 10016United States
電話: 1- (212) 726-6500
FAX: 1- (212) 726-6590
ウェブサイト: http://corporate.infogrames.com
業種: テクノロジー
業界: ソフトウェア

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

アタリ

アタリ
VINTAGEジーンズサイドシーム部に見られる。独特の白い色落ちのこと。帯状シーム裏側は洗うと内側によれ、次第生地表面裏面と同じ形に色落ちする。アタリ感とも言われ古着持ち味一つ


アタリ

名前 Attali

あたり

(アタリ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 04:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

あたり

アタリ

関連項目





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アタリ」の関連用語


2
98% |||||


4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||



アタリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アタリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
WranglerWrangler
Copyrights2002-2021(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
Red cloudRed cloud
Copyright©2021. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあたり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS