中古とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 中古 > 中古の意味・解説 

ちゅう‐ぶる【中古】

すでに使用され、少し古くなっていること。また、その品物。まだ使用できる物にいう。セコハンちゅうこ。「中古の車」


ちゅう‐こ【中古】

使って、やや古くなっていること。また、その品物ちゅうぶるセコハン。「中古のカメラ

主として日本文学史の時代区分で、平安時代のこと。「中古の物語文学

その時代からある程度隔たった昔。なかむかし中世

上古、—、当世」〈連理秘抄

アクセント1チューコ2チューコ。


ちゅう‐こ【中古】

〔名〕

その時点からある程度年代のへだたった昔。なかむかし中世

続日本紀神亀元年(724)一一甲子「其板屋草舎、中古遺制、難営易破」

神皇正統記(1339‐43)上「神武は中古となりて、もろこしの詞によりてさだめたてまつる御名也」〔易経繋辞下〕

歴史時代区分一つ上古近古との間の時期大化二年(六四六)の大化改新の詔(みことのり)から建久三年一一九二)源頼朝鎌倉幕府を開いたころまでをいう。文学史では、一般平安時代中心にした時期をいう。

小学読本(1884)〈若林三郎〉四「詩は本と支那の歌にして〈略〉中古より盛に行はれて」

③ ちょっと古いこと。また、その品。ちゅうぶる中古品

*ついに太陽をとらえた(1954)〈読売新聞社編〉米独対抗した日本「戦えば必ず敗れるはずの中古兵器をもらう保安隊には」


ちゅう‐ぶる【中古】

〔名〕 (形動) 物が少し古くなったこと。また、そのものや、そのさま。新品に対して一度使用したもので、まだ使用耐える物。セコハンちゅうこ

雑俳川柳万句合宝暦一三(1763)智一「中ふるな顔が町内引き合はせ」


中古

名字 読み方
中古ちゅうこ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

中古

読み方
中古ちゅうこ

古物

(中古 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 14:24 UTC 版)

古物(こぶつ)とは、既に一度消費者によって利用されたものが手放され、再び売りに出されている工業製品などのこと。「中古(品)」(ちゅうこ(ひん))やセコハンSecondhand)、ユーズドUsed)ともいう。「古」という文字が含まれるが、物の新しさや古さの関係は無い。反対語は工場から出荷されたままの状態であり、メーカーによる品質保証のついた状態で販売される新品である。


  1. ^ 中古テスラに搭載の自動運転オプション、OTAアップデートで削除。[1]
  2. ^ 事故・被害の事例 事例14:中古パソコンによるデータの漏洩(総務省)
  3. ^ 中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も 読売新聞 2010年4月2日



中古

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 02:53 UTC 版)

名詞

 

  1. ちゅうこちゅうぶる使って少し古くなっている物。
  2. ちゅうこ日本の時代区分上古近古。主に平安時代

発音

語義1

  • ちゅ↗ーこ、ちゅ↘ーこ
  • ちゅ↗ーぶる

語義2

  • ちゅ↘ーこ



中古と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「中古」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中古」の関連用語

中古のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中古のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中古 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS