つかうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > つかうの意味・解説 

つか・う〔つかふ〕【仕ふ】

読み方:つかう

[動ハ下二「つか(仕)える」の文語形


つか◦う〔つかふ〕【付かふ/着かふ】

読み方:つかう

連語動詞「つく」の未然形反復継続助動詞「ふ」》ついている

「こと放(さ)けば沖ゆ放けなむ湊より辺—◦ふ時に放くべきものか」〈万・一四〇二〉


つか・う〔つかふ〕【使う/遣う】

読み方:つかう

[動ワ五(ハ四)]

人に何かの働きをさせる。人を雇ったり言いつけたりして用をさせる。「人を—・って事業を始める」「人に—・われる」

物などをある目的のために用いる。道具材料などを役立たせる使用する利用する。「マイクを—・って講義する」「不正に—・われる」「魚介を—・った料理」「この食品防腐剤を—・っておりません

目的を遂げる手段・方法としてあることをする。「賄賂(わいろ)を—・う」「色目を—・う」「仮病を—・う」

容易には扱えないものをたくみに動かす。あやつる。また、自在に言葉を話す。「手品を—・う」「人形を—・う」「フランス語を—・う」

あれこれと注意を払って心を働かせる。「気を—・う」「細かい神経を—・う」

物・金銭時間などを、何かをするのに当ててその量や額を減らす。消費するついやす。「金を—・う」「時間有効に—・う」

特定の語と結びついて、それを用いて行為を表す。「弁当を—・う」「湯を—・う」

保つ。

「あひ戦はむとすとも、かの国の人来なば、猛(たけ)き心—・ふ人も、よもあらじ」〈竹取〉

用いる[用法]

[可能] つかえる

[下接句] 顎(あご)で使う・頤(おとがい)で人を使う金持ち金使わず・烏(からす)を(う)に使う・気を遣う心を使う声色(こわいろ)を遣う舌を二枚に使う・袖(そで)の下を使う・空(そら)を使う・出しに使う立っている者は親でも使え玉に使う人を使うは苦を使う・篦(へら)を使う・湯水のように使う宵越しの銭使わぬ留守を使う


つか・う〔つかふ〕【支ふ/×閊ふ】

読み方:つかう

[動ハ下二「つか(支)える」の文語形


支ふ、仕ふ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

使ふ

読み方:つかう

  1. 賄賂のこと又は目上の者に愛嬌振り蒔くことをいふ。〔犯罪語〕
  2. わいろをつかう、又は、目上の者に愛嬌をふりまく。〔一般犯罪

分類 犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

つかう

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 00:11 UTC 版)

動詞:使う

つかう使う

  1. 道具などを)ある目的のために役立たせる
  2. 金や時間資源などを消費する。
  3. 身体機能体力などを役立てる
  4. 頭脳働き配慮などを役立てる
  5. 技術方法などを利用する。
  6. ある目的のために働かせる雇用する。

活用

翻訳

動詞:遣う

つかう遣う

  1. 金銭消費する、ついやすこと。
  2. 注意働かせる
  3. 言葉文字用いて話したり書いたりする。
  4. おくる、あたえる。
  5. 自由自在うごかす。あやつる

活用

翻訳



使

使


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「つかう」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

つかうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つかうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのつかう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS