魚介とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 魚介 > 貝類 > 魚介の意味・解説 

ぎょ かい [0]-かい 【魚介】 ・-かひ 【魚貝】

魚類貝類
魚・貝など水産動物総称。 「 -類」

魚介

作者林芙美子

収載図書ちくま日本文学全集 045 林芙美子
出版社筑摩書房
刊行年月1992.12

収載図書林芙美子
出版社筑摩書房
刊行年月2008.7
シリーズ名ちくま日本文学


魚介類

(魚介 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/23 22:15 UTC 版)

魚介類(ぎょかいるい、英:fish and shelfish)、魚貝類、魚や貝など水産動物の総称[1]水族(すいぞく)とも[1]。シーフードとも。魚類貝類エビカニタコイカウニナマコなど。


  1. ^ a b c 「魚介類」『広辞苑』第6版
  2. ^ a b 塩田雄大 (2003年6月1日). “魚介類? 魚貝類? - 最近気になる放送用語”. NHK放送文化研究所. 2019年8月8日閲覧。
  3. ^ a b c seafood Encyclopaedia Britannica
  4. ^ Sea 1.2 Lexico
  5. ^ 生鮮食品品質表示基準 2006年2月28日、農林水産省告示第210号
  6. ^ 例:農林水産省・農林水産物円滑化推進事業・海外貿易制度等調査報告書・ロシア編・市場特性
  7. ^ 商標法・類似商品役務審査基準・第29類
  8. ^ The State of World Fisheries and Aquaculture 2016(国際連合食糧農業機関 FAO)pdfファイル。P.3
  9. ^ a b c d 魚に含まれる栄養素」京都府漁業協同組合
  10. ^ カルシウムを多く含む食品 公益財団法人 骨粗鬆症財団 パンフレット的な資料
  11. ^ “Eicosapentaenoic acid inhibits oxidation of high density lipoprotein particles in a manner distinct from docosahexaenoic acid”. Biochemical and Biophysical Research Communications 496 (2). (2018). doi:10.1016/j.bbrc.2018.01.062. 
  12. ^ Yokoyama, M.; Origasa, H.; Matsuzaki, M. et al. (2007). “Effects of eicosapentaenoic acid on major coronary events in hypercholesterolaemic patients (JELIS): a randomised open-label, blinded endpoint analysis”. Lancet 369 (9567): 1090–1098. doi:10.1016/S0140-6736(07)60527-3. PMID 17398308. 
  13. ^ エパデール 持田製薬
  14. ^ Harold McGee 香西みどり訳『マギー キッチンサイエンス』2008年、共立出版 pp.179-183


「魚介類」の続きの解説一覧



魚介と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魚介」の関連用語

魚介のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魚介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魚介類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS