たまねぎとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > たまねぎの意味・解説 

たまねぎ (玉葱)

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

中央アジア山岳地帯原産推定されています。古代エジプトでもすでに栽培されていました。わが国へは江戸時代渡来していますが、本格的栽培が始まったのは明治時代になってからです。春から肥大始め、夏には球形となる鱗茎食用にします。品種としては東ヨーロッパ系の辛たまねぎと、南ヨーロッパ系の甘たまねぎに分けられますが、わが国栽培されているのはほとんど辛たまねぎです。
ユリ科ネギ属多年草で、学名Allium cepa。英名は Onion

タマネギ

(たまねぎ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/07 14:40 UTC 版)

タマネギ(玉葱、葱頭、学名:Allium cepa)は、ネギ属多年草


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium cepa L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  3. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  4. ^ 三澤知央、ネギ葉枯病の発生生態と防除に関する研究 北海道立総合研究機構農業試験場報告 = Report of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Station (132), 1-90, 2012-10, NAID 120005332243
  5. ^ アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A 別表 [1] 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課
  6. ^ 十時亨『フランス料理の基本』新星出版社 2005年
  7. ^ Eric Block (2009). “Chapter 4. Chemistry in a sallad bowl: Allium chemistry and biochemistry”. Garlic and Other Alliums: The Lore and the Science. Cambridge: Royal Society of Chemistry. ISBN 978-0854041909.  Google ブックス
  8. ^ 長谷川香料株式会社 『香料の科学』 講談社2013年、93頁。ISBN 978-4-06-154379-9
  9. ^ 下橋淳子「褐変物質のDPPHラジカル消去能」『駒沢女子大学研究紀要』 37,pp17-22,2004-03-03. NAID 110004678454
  10. ^ 明治大学農学部農芸化学科食品機能科学研究室 研究の概要
  11. ^ がん予防と食品 - (大澤俊彦、日本食生活学会誌、Vol.20 (2009) No.1)


「タマネギ」の続きの解説一覧

たまねぎ

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 11:01 UTC 版)

名詞

たまねぎ

  1. ユリ科多年草
  2. 野菜一種で、語義1の植物の鱗茎食用したもの

関連語

翻訳






たまねぎと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「たまねぎ」の関連用語

たまねぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブラッサボラ・ノドサ

榎草

延齢草

アンペラ藺

枇杷

イオノプシス・ギカンテア

カラー

屋久島茨





たまねぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタマネギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのたまねぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS