にんにくとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > にんにくの意味・解説 

にん‐にく【大蒜/×葫】

読み方:にんにく

ユリ科多年草。高さ約60センチ全体に強いにおいがある。地下鱗茎(りんけい)は灰白色で、数個小鱗からなり食用強壮薬香辛料などにも用いる。夏、先に長い包葉包まれて紫色の花が集まって咲く。花の間にむかごをつける。ガーリック。《 春》


にん‐にく【忍辱】

読み方:にんにく

仏語六波羅蜜第三侮辱苦しみ耐え忍び、心を動かさないこと。忍辱波羅蜜


にんにく 【葫】

ユリ科多年草大蒜ともいった。西アジア原産ニンニクのにおいのする者は神殿入れなかったという地方もあるが、ギリシアでは魔術を破る霊草として神聖視された。魔除けとして幼児揺りかご入れ地方もある。日本の昔には、これを生で食べるを殺す効能があるとした。

ニンニク

【仮名】にんにく
原文garlic

ヨーロッパ植物で、その球根が、食物風味をつけるために用いられる。また一部文化で、高コレステロール高血圧感染症、がんを含む、特定の医学的問題治療するために使用されている学名は。

ニンニク

(にんにく から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 03:29 UTC 版)

ニンニク(蒜、大蒜[3]、葫、忍辱[4]、〈稀に〉人肉[5]学名Allium sativum)は、ヒガンバナ科[注 1]ネギ属の多年草。香りが強く、強壮・スタミナ増進作用があると信じられているため[6]球根(鱗茎)を香辛料などとして食用にするほか、も「ニンニクの」(トウ)と呼ばれて野菜として調理される[7]。かつてクロンキスト体系による分類ではユリ科に属していた。強烈な風味を持つことから、肉食の習慣がある地域で、肉類と併用しくさみを消す食材、香辛料として普及している。


注釈

  1. ^ 最新のAPG体系での分類はヒガンバナ科であるが、古いクロンキスト体系新エングラー体系ではユリ科に分類された[1]
  2. ^ 体中からアリルメルカプタンの臭いを消し去る効果的な方法は発見されていない。

出典

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium sativum L. ニンニク(標準)” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年11月12日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium sativum L. var. japonicum Kitam. ニンニク(シノニム)” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 168.
  4. ^ a b 木村秀次・黒澤弘光『大修館現代漢和辞典』大修館出版、1996年12月10日発行(436ページ)
  5. ^ 中国語-日本語 人肉”. www.peoplechina.com.cn. 人民中国. 2022年4月17日閲覧。
  6. ^ にんにくたっぷり!定番&変わり種「スタミナ炒め」はいかが?毎日新聞クックパッドニュース(2018年7月27日)2018年11月27日閲覧。
  7. ^ ニンニクの芽(茎にんにく):特徴と旬の時期や産地フーズリンク 旬の食材百科(2018年11月27日閲覧)。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 主婦の友社編 2011, p. 250.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 講談社編 2013, p. 110.
  10. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium sativum L. 'Nipponicum' ニンニク(狭義)” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年11月12日閲覧。
  11. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “まさかアレの食べすぎで体調不良” (日本語). 日本テレビ. 2021年12月4日閲覧。
  12. ^ 豆知識”. www.kanazawa-market.or.jp. 2021年12月4日閲覧。
  13. ^ a b 林輝明「薬になる動植物:第38回葫(ニンニク)」『漢方医薬新聞』2009年12月10日、3面。
  14. ^ a b c 源氏物語でも“難物”だったニンニクのにおいJBPRESS(2013年3月15日)2019年12月29日閲覧
  15. ^ 東北農政局 青森県内にんにく生産ベスト5市町村(平成21年)”. 2012年3月21日閲覧。
  16. ^ にんにくについて (PDF)”. 田子町. 2010年1月26日閲覧。
  17. ^ 新品種「たっこ1号」愛称決定【美六姫】(みろくひめ)田子町(2019年12月29日閲覧)
  18. ^ Azeite de oliva extra virgem | Prosperato | Brasil” (ポルトガル語). Tecnoplanta. 2021年12月4日閲覧。
  19. ^ a b c カルロス・トシキ、ブラジルで“ニンニク王”に 種苗会社で球種開発/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年12月4日閲覧。
  20. ^ a b c 帰国後は経営者として成功、カルロス・トシキが懐かしむ「1986年からの5年間」 : 音楽 : エンタメ・文化 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年4月3日). 2021年12月4日閲覧。
  21. ^ a b c INC, SANKEI DIGITAL (2017年3月9日). “カルロス・トシキさん、現在はブラジルでにんにくを作っていた!” (日本語). イザ!. 2021年12月4日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m 主婦の友社編 2011, p. 251.
  23. ^ 【家庭菜園のプロ監修】ニンニク栽培のコツとは?プランターで育てる方法も! | AGRI PICK”. 農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]. 2021年1月17日閲覧。
  24. ^ 主婦の友社編 2011, p. 254.
  25. ^ 漬物の製造法”. 全日本漬物協同組合連合会. 2022年4月8日閲覧。
  26. ^ 市丸雄平、鳥居美佳子、高山覚 ほか、第6次産業開発健康食品「黒ニンニク」が生体におよぼす影響 (1)東京家政大学生活科学研究所研究報告』36, 33-36, 2013-07
  27. ^ 「黒にんにく 仏で新境地」『日本経済新聞』朝刊2019年12月8日(NIKKEI The STYLE)14面
  28. ^ エムケー精工、「黒にんにくメーカー」自宅で熟成、臭いも軽減『日本経済新聞』朝刊2019年6月1日(長野経済面)2019年12月29日閲覧
  29. ^ 「国産のニンニクを生の状態ですりおろし、すぐに冷凍凍結させると緑色に変色するケース、変色しないで乳白色のままのケースがある。緑に変色させる物質が何なのか、どう処理すると変色を防ぐことができるのかを知りたい。」(国立国会図書館支部農林水産省図書館農林水産技術会議事務局つくば分館) - レファレンス協同データベース(2019年12月29日閲覧)
  30. ^ 『農産加工だより』第50号 平成22年9月30日 - 地方独立行政法人 青森県産業技術センターPDF
  31. ^ Yamazaki Y, Yamamoto T, Okuno T (2012). “Causes and Remedies for Green Discoloration of Processed Garlic Puree : Effects of Storage Conditions on Ingredient Bulbs”. Food science and technology research 18 (2): 187-93. doi:10.3136/fstr.18.187. NAID 10030917829. 
  32. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  33. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  34. ^ 香辛料・香味野菜で食欲増進 (PDF)”. 公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院. 2019年10月10日閲覧。
  35. ^ 『七訂増補日本食品標準成分表文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会
  36. ^ 山下政三『鴎外森林太郎と脚気紛争』日本評論社、2008年、459-460頁
  37. ^ 「にんにく注射」 本当に疲労回復に効果があるのか? 日刊ゲンダイヘルスケア 更新日:2017年06月01日
  38. ^ 神戸保「ニンニク」『生活衛生』1984年 28巻 1号 p.51, doi:10.11468/seikatsueisei1957.28.51
  39. ^ 矢野友啓「食品成分による癌予防」『日本未病システム学会雑誌』2006年 12巻 1号 p.56-58, doi:10.11288/mibyou1998.12.56
  40. ^ a b Garlic and Cancer Prevention: Questions and Answers”. National Cancer Institute. 2010年7月24日閲覧。
  41. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防世界がん研究基金米国がん研究機構
  42. ^ 大澤俊彦「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  43. ^ 佐々木甚一、「食材が持つ生物機能の開発」『弘前大学医学部保健学科紀要』5、2006年、pp145―156, NAID 110004772554
  44. ^ NHK『趣味の園芸 やさいの時間』2011年10月号 p.37
  45. ^ 超臨界技術研究所[リンク切れ]
  46. ^ 「においが消えるニンニク/ダイショク 米ぬか・竹成分を活用」日刊工業新聞』2017年8月8日(建設・エネルギー・生活面)2018年11月27日閲覧。
  47. ^ ニンニク(葫、大蒜 Garlic)[リンク切れ]KNUダイエット 食材百科事典 2007
  48. ^ 飼い主のためのペットフード・ガイドライン 環境省、2020年4月29日閲覧。
  49. ^ 2月29日 ニンニクの日|なるほど統計学園”. 総務省統計局. 2014年10月2日閲覧。[リンク切れ]
  50. ^ ガーリックフェスティバル 香川ガーリックフェスティバル実行委員会
  51. ^ 佐野春介 『大穂町の昔ばなし』筑波書林〈ふるさと文庫〉、1980年9月15日、41頁。 全国書誌番号:81024355
  52. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 編 『角川日本地名大辞典 8 茨城県』角川書店、1983年12月8日、1253頁。 全国書誌番号:84010171
  53. ^ arukakat. “チャッティースガルが熱い! | これでインディア エクスプレス” (日本語). 2019年9月14日閲覧。


「ニンニク」の続きの解説一覧

にんにく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 02:36 UTC 版)

松本亨の株式必勝学II」の記事における「にんにく」の解説

体力HP)が回復する回復度合いバイオリズムよる。以下同じ。

※この「にんにく」の解説は、「松本亨の株式必勝学II」の解説の一部です。
「にんにく」を含む「松本亨の株式必勝学II」の記事については、「松本亨の株式必勝学II」の概要を参照ください。


にんにく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:04 UTC 版)

オーガズム後疾患」の記事における「にんにく」の解説

globe of garlic”も、POISの症状緩和させたという報告がある。

※この「にんにく」の解説は、「オーガズム後疾患」の解説の一部です。
「にんにく」を含む「オーガズム後疾患」の記事については、「オーガズム後疾患」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「にんにく」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

にんにく

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 12:11 UTC 版)

名詞

にんにくニンニク

  1. ネギまたはユリ多年草で、強いにおいのある球根鱗茎)を香辛料薬用として用いるガーリック

語源

類義語

翻訳


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「にんにく」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



にんにくと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にんにく」の関連用語

にんにくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



にんにくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニンニク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松本亨の株式必勝学II (改訂履歴)、オーガズム後疾患 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのにんにく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS