ショウガとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ショウガの意味・解説 

生薑

読み方:ショウガ(shouga)

ショウガ科多年草園芸植物薬用植物


麞牙

読み方:ショウガ(shouga)

中世において、上白米。


ショウガ

ショウガ
科名 ショウガ科
別名: ジンジャー
生薬名: ショウキョウ生姜
漢字表記 生姜
原産 インド原産
用途 世界中人々が身近に利用している香辛料です。健胃発汗などに用いる他、パン菓子飲料にと幅広く利用されています。
学名: Zingiber officinale Rosc.
   

生姜

読み方:ショウガ(shouga)

ショウガ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Zingiber officinale


生薑

読み方:ショウガ(shouga)

ショウガ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Zingiber officinale


生姜

読み方:ショウガ(shouga)

ショウガ科多年草

季節

分類 植物


ショウガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 06:43 UTC 版)

ショウガ生姜、生薑、薑。学名は Zingiber officinale)はショウガ科ショウガ属の多年草であり、根茎部分は香辛料として食材に、また生薬として利用される。熱帯アジア原産。各地で栽培されている。




  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Zingiber officinale (Willd.) Roscoe”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月5日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Zingiber oligophyllum K.Schum.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 41.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 講談社編 2013, p. 110.
  5. ^ a b c d e 田中孝治 1995, p. 184.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 馬場篤 1996, p. 65.
  7. ^ バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント、山本紀夫訳 『世界の食用植物文化図鑑』 柊風社、2010年、283頁。ISBN 9784903530352 
  8. ^ マグロンヌ・トゥーサン=サマ、玉村豊男訳 『世界食物百科』 原書房、1998年、514-515頁。ISBN 4562030534 
  9. ^ a b Herbs at a Glance - Ginger (Report). アメリカ国立補完統合衛生センター. (2016-11-30). https://nccih.nih.gov/health/ginger. 
  10. ^ 遠藤栄; 遠藤栄一 『ガリ屋がまとめた生姜の話』 創元社、201、32-37頁。 
  11. ^ リュシアン・ギュイヨ著 池崎一郎、平山弓月、八木尚子訳『香辛料の世界史』、白水社、1987年、pp102-105
  12. ^ 青葉高著「日本の野菜」八坂書房、2000年、196頁
  13. ^ a b c d e f 田中孝治 1995, p. 185.
  14. ^ 伊藤慎吾、シャンカール・ノグチ監修『世界で使われる256種:ハーブ&スパイス事典』、誠文堂新光社、2013年、p77
  15. ^ a b c d e f g 野菜ブック しょうが”. 農畜産業振興機構. 2013年4月16日閲覧。
  16. ^ a b c d e やさい図鑑(根菜類)”. 愛知県. 2013年4月16日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 166.
  18. ^ a b c d e f 小池すみこ 1998, p. 78.
  19. ^ a b ちば旬鮮図鑑 ちばの葉しょうが”. 千葉県. 2013年4月16日閲覧。
  20. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 252.
  21. ^ a b c 小池すみこ 1998, p. 79.
  22. ^ a b c d e 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 167.
  23. ^ a b c 仝選甫「薬食兼用の天産物 No.12 生姜(ショウガ)」『漢方医薬新聞』2009年12月10日、12面。
  24. ^ 医薬品の範囲に関する基準 (pdf)”. 別添3. 「「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」の食品衛生法上の取扱いの改正について」の一部改正について: 厚生労働省 (H27 4 改正46通知本文(最新版)). 2016年4月26日閲覧。
  25. ^ 難波恒雄; 富山医科薬科大学和漢薬研究所 (2007-11-30). 和漢薬の辞典 (新装版 ed.). 朝倉書店. pp. 143-144. ISBN 978-4-254-34008-2 
  26. ^ a b c 宮川豊美、川村一男、食中毒菌に対する香味野菜の発育阻止作用 『和洋女子大学紀要』 家政系編 29, p.13-19, 1989-03-31, ISSN 0916-0035, NAID 110000472201
  27. ^ 野田克彦、磯崎さとみ、谷口春雄、スパイス類の大腸菌増殖抑制と促進効果 『日本食品工業学会誌』 1985年 32巻 11号 p.791-796, doi:10.3136/nskkk1962.32.11_791
  28. ^ a b 池内慧士郎、酵母の増殖・醗酵特性に及ぼすショウガの作用に関する研究 (PDF)
  29. ^ 高橋大輔、鈴木隆、加藤良一、食品の持つ抗菌性を調べる実験の教材化 『教育科学』 2010年 15巻 1号 p.1-20, ISSN 0513-4668、山形大学紀要
  30. ^ 円谷悦造、浅井美都、太田美智男「調理食品での腸管出血性大腸菌O157:H7をはじめとする食中毒菌に対する食酢の抗菌作用」『日本栄養・食糧学会誌』第51巻第2号、1998年、 101-106頁、 doi:10.4327/jsnfs.51.101
  31. ^ Ethnopharmacologic investigation of ginger (Zingiber officinale) Journal of Ethnopharmacology Volume 27, Issues 1–2, November 1989, Pages 129–140
  32. ^ Chen, Jaw-Chyun; Li-Jiau Huang, Shih-Lu Wu, Sheng-Chu Kuo, Tin-Yun Ho, Chien-Yun Hsiang (2007). “Ginger and Its Bioactive Component Inhibit Enterotoxigenic Escherichia coli Heat-Labile Enterotoxin-Induced Diarrhea in Mice”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 55 (21): 8390–8397. doi:10.1021/jf071460f. PMID 17880155. 
  33. ^ 大澤俊彦、がん予防と食品 『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 pp. 11 - 16, doi:10.2740/jisdh.20.11


「ショウガ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ショウガ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ショウガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ショウガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショウガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS