オクラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > オクラの意味・解説 

オクラ【okra】

アオイ科多年草日本では一年草。高さ0.5~2メートルは3~5裂し、長い柄をもち互生。夏から秋、黄色い5弁花を開く。実は角状で、若いものを食用にする。アフリカ北東部原産アメリカねり陸蓮根(おかれんこん)。

オクラの画像
撮影朝倉秀之
オクラの画像
オクラの花
オクラの画像
オクラの実

お‐くら【御蔵/御倉】

映画演劇などの公開中止すること。また、使わないで、しまっておくこと。「―にする」「あの映画は―になった」

江戸幕府米蔵

江戸幕府御金蔵


御倉

読み方:オクラ(okura)

(1)御倉職倉奉行
(2)江戸幕府直轄地からの年貢米買上米などを収納する


オクラ

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

アフリカ東北部原産です。エジプトでは、紀元前200年ごろにはすでに栽培が始まっていたといいます。わが国へは江戸時代終わり渡来しました。本格的普及したのは、昭和40年ごろです。7月から9月ごろ、黄色い花を咲かせます。花の基部ワインレッド開花後、5~6日の若い莢果食用にします。サラダ和え物天ぷら煮物スープなどに利用されます。
アオイ科トロロアオイ属の多年草で、学名Abelmoschusesculentus。英名は Okra

小倉

読み方:オクラ(okura)

所在 熊本県阿蘇市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

オクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 01:38 UTC 版)

オクラ英語: okra秋葵学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属[4]植物、またはその食用果実である。英名 okra語源は、ガーナで話されるトウィ語nkrama から。その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれる[5]


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Abelmoschus esculentus (L.) Moench”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年9月16日閲覧。
  2. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  3. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  4. ^ 以前はフヨウ属Hibiscus)に分類されていたが、現在ではトロロアオイ属に分類されている。
  5. ^ Okra BBC Good Food 2015年5月13日閲覧
  6. ^ 地域特産野菜生産状況調査”. 農林水産省. 2014年8月23日閲覧。
  7. ^ バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント監修 山本紀夫監訳『世界の食用植物文化図鑑』、柊風社、2010年、p190


「オクラ」の続きの解説一覧

オクラ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:41 UTC 版)

名詞

  1. アオイ目トロロアオイ属に属す多年草一種またはその果実学名:Abelmoschus esculentus別名アメリカねり、秋陸蓮根

翻訳




オクラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オクラ」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
100% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

オクラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オクラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS