絶壁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 絶壁の意味・解説 

ぜっ‐ぺき【絶壁】


絶壁

作者内海隆一郎

収載図書街のスケッチブック
出版社毎日新聞社
刊行年月1991.3


絶壁

作者城昌幸

収載図書謎のギャラリー最後部屋
出版社マガジンハウス
刊行年月1999.5

収載図書怪奇探偵小説傑作選―みすてりい 4 城昌幸
出版社筑摩書房
刊行年月2001.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書謎のギャラリー―謎の部屋
出版社新潮社
刊行年月2002.2
シリーズ名新潮文庫


絶壁

作者稲葉真弓

収載図書花響
出版社平凡社
刊行年月2002.2


(絶壁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 23:15 UTC 版)

がけ、がい)とは、海岸・河岸・湖岸)などの、険しく切り立った所[1][2]。地表の高度が急変する部分の急斜面[3]との定義もできる。山腹の崖[1]日本語ではほき(崖[1][4]、歩危[1])、そわ(岨)[1][2]そば(岨)[1][2]ともいうが、古語の趣がある。また埼玉県などの小字名などに残っているはけ「岾」や「坫」や「土偏に赤」などと表記も川辺の崖である。 垂直かそれに迫るほど切り立った崖は、古来の日本語で切岸[1][4]/切り岸[4](きりぎし[1][4]、きりきし[4])という。しかし現代語では断崖(だんがい)[1][2][4]ということが多い。懸崖(けんがい)[1][2][4]絶崖(ぜつがい)[1][2][4]ともいう。また、これらの同義語として、切り立った状態をに譬えた絶壁(ぜっぺき)[1][2][4]があり、断崖に絶壁を合わせて断崖絶壁という強調表現もある。




注釈

  1. ^ 宅地造成等規制法施行令1条2項[5]、各都道府県の建築基準法施行条例(例えば、「がけ・擁壁について」(千葉県船橋市、図解入り)[6]を参照
  2. ^ 平均海水面を基準とする「標高」とは異なる。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 広辞苑
  2. ^ a b c d e f g h 大辞泉
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  4. ^ a b c d e f g h i j 大辞林』第3版
  5. ^ 宅地造成等規制法施行令”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2006年8月26日閲覧。
  6. ^ がけ・擁壁について”. 建築・開発の手続き. 船橋市. 2006年8月26日閲覧。
  7. ^ 濱田誠一. “北海道沿岸の海岸地形堆積物の分類と分布(その2)”. 北海道地質研究所報告第75号(2004年). 2020年12月7日閲覧。
  8. ^ Highest Cliffs”. ギネス世界記録. 2005年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年8月27日閲覧。
  9. ^ a b 大辞林 第三版. “”. コトバンク. 2018年10月29日閲覧。
  10. ^ 鏡味完二『日本の地名』角川書店、1964年、12頁。
  11. ^ 地名の由来(野毛・上野毛・中町)”. 世田谷区. 2009年12月17日閲覧。


「崖」の続きの解説一覧

絶壁

出典:『Wiktionary』 (2016/07/29 10:38 UTC 版)

名詞

 ぜっぺき

  1. 壁のように切り立った崖。

発音

ぜっ↗ぺき

類義語




絶壁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絶壁」の関連用語

絶壁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶壁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの崖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの絶壁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS