baとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 航空 > baの意味・解説 

バリウムカチオン

分子式Ba
その他の名称:Bariumcation
体系名:バリウムカチオン


バリウムイオン(2+)

分子式Ba
その他の名称:バリウムイオン(2+)


バリウム

分子式Ba
その他の名称:Barium、Ba
体系名:バリウム


ベンジルアデニン

分子式C12H11N5
慣用名 ベンジルアデニン、N6-ベンジルアデニン、BA、Benzyladenine、N6-Benzyladenine、6-Benzylamino-1H-purine、6-(Benzylamino)-1H-purine、サイトカイニンB、Cytokinin B、ベンジルアミノプリン、Benzylaminopurine、BAP、6-(Benzylamino)-7H-purine、6-Benzylamino-9H-purine、6-ベンジルアミノプリン6-Benzylaminopurine、N-(Phenylmethyl)-1H-purine-6-amine、N-Benzyladenine、N-Benzyl-1H-purine-6-amine、N-Benzyl-9H-purine-6-amine、6-(Benzylamino)-9H-purine、N-Benzyl-7H-purine-6-amine
体系名:N-ベンジルアデニン、N-ベンジル-1H-プリン-6-アミン、6-(ベンジルアミノ)-1H-プリン、6-ベンジルアミノ-1H-プリン、N-ベンジル-7H-プリン-6-アミン、6-(ベンジルアミノ)-7H-プリン、6-(ベンジルアミノ)-9H-プリン、N-ベンジル-9H-プリン-6-アミン、6-ベンジルアミノ-9H-プリン、N-(フェニルメチル)-1H-プリン-6-アミン


物質
バリウム
英語名
Barium
元素記号
Ba
原子番号
56
分子量
137.327
発見
1808年
原子半径(Å)
2.18
融点(℃)
725
沸点(℃)
1639
密度(g/cm3
3.5
比熱(cal/g ℃)
0.068
イオン化エネルギー(eV)
5.212
電子親和力(eV)
0


バー 【Ba】

古代エジプトで、カーアクなどと並ぶ三つの霊(魂)的な概念一つ個人の死の時に生まれ地上ではカーと共に死者墓所に住み、供物分け前あずかり天上ではラー神オシリス神共住するという。

Ba

名前 バ; バー

.ba

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/08 22:28 UTC 版)

.ba
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 University Telinformatic Centre
後援組織 University Telinformatic Centre
利用地域 ボスニア・ヘルツェゴビナに関連する団体・個人
使用状況 ボスニア・ヘルツェゴビナではよく使われている。
登録の制限 ボスニア・ヘルツェゴビナ国内にあるか、同国内に代理が必要。
階層構造 第二・第三レベルドメインの登録が認められている。
関連文書 Regulations
ウェブサイト NIC.BA
  

.ba国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ボスニア・ヘルツェゴビナに割り当てられている。このドメインは、University Teleinformation Center(UTIC)が管理している。

サブドメイン

.baは直接第二レベルドメインとして登録することもできるが、以下のようなドメインの下で第三レベルドメインとして登録することも出来る[1]

  • edu.ba - 教育機関。
  • org.ba - 非営利の団体・協会。
  • net.ba - 合法的なインターネットサービスの提供者。
  • gov.ba - 国や地方の行政機関。
  • unsa.ba - サラエヴォ大学
  • unbi.ba - ビハチ大学

以下はNIC.BAやUniversity Telinformatic Centreの管轄外にあるサブドメインである。

  • co.ba - サラエヴォにあるSayberという会社が管理。
  • com.ba - BH Telecomの子会社、BIHnetが管理。
  • rs.ba - バニャ・ルカにあるSARnet Center管理。このサブドメインは、スルプスカ共和国の住民なら誰でも只で登録することができる。

外部リンク


学士(教養)

(ba から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/21 13:15 UTC 版)

学士(教養)(がくし きょうよう、B.A.Bachelor of Arts)は、学士学位のひとつ。

概要

主に四年制大学教養学部を卒業することで取得できる学位である。従前の制度では学位ではなく称号として位置づけられ、教養学士と称した。日本においては1949年新制大学としての東京大学の発足と同時に設立され、国際関係、地域文化、比較文化等の、学際的、国際的観点から幅広い教養を持った人物の養成を目指したのがはじまりであり[1]1953年には私立大学の国際基督教大学が教養学部のみを置く単科大学として発足[2]。1960年には埼玉大学でも同学部が設立されるなど、その他の国立大学や私立大学でも教養学部が設立されていった[3]1963年文部省が定めた大学設置基準では学士号を29種とし、その一つに教養学士が位置づけられた[4]1981年には国会放送大学学園法が成立し、同法に基づく特殊法人(のち「特別な学校法人」へ移行)として放送大学が開学。通信制の教養学部が発足。全科履修生として卒業した者に教養学士の称号が授与された[5]。また、教育学部ゼロ免課程の増加に伴い、ゼロ免によっては教養学士を輩出するようになった。

1991年学校教育法および学位規則が改正され、学士の称号は学位に移行。それに伴い、教養学士の名称は学士(教養)へと改められ、新法成立以後の教養学部卒業生に当該学位が授与された。この制度改正に伴い、従前の制度で授与されていた教養学士の称号については学校教育法附則にて学位と看做されることとなった[注釈 1][6]

さらに同法改正後、新たに学位授与機構(後の独立行政法人大学評価・学位授与機構)が発足し、四年制大学卒業生以外の者にも一定の能力と資格を持つ者にも学位取得を目指す道が開かれた。同機構では学位審査で比較文化、地域研究、国際関係、科学技術研究の専攻区分で受験し、学修成果と論文試験による学位審査に合格した者に対し、学士(教養)または学士(学芸)のうち本人の希望する名称の学位を授与している[7]。さらに、同法改正によって従来、国が定めていた学位名称は大学や授与機関で任意に定めることができるようになった。その結果、学士 (教養学)をはじめ、学士(国際教養学)等、多様な学位名称が誕生している[4][8]

海外

海外におけるBachelor of Artsは、リベラルアーツまたはサイエンス、もしくはその両方の教育を受けた者に授与される。

取得プログラムは、各国では一般的に3-4年間の過程となる。 アフガニスタン、レバノン、アルメニア、ギリシャ、バングラディッシュ、アゼルバイジャン、エジプト、イラン、日本、ニジェール、セルビア、パキスタン、フィリピン、タイ、ロシア連邦、アイルランド、韓国、イラク、チュニジア、クウェート、トルコ、米国では4年過程である[9]。 また、EU各国、アルバニア、オーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、インド、イスラエル、ニュージーランド、アイスランド、シンガポール、カリブ、南アフリカ、スイス、カナダケベック州では、3年過程である。

脚注

注釈

学校教育法

  1. ^ 附則 (平成三年四月二日法律第二三号)抄 の4 改正前の学校教育法第六十三条第一項の規定による学士の称号は、改正後の学校教育法第六十八条の二第一項の規定による学士の学位とみなす。

出典

  1. ^ 東京大学ウェブサイト「東京大学大学院総合文化研究科・教養学部の歴史」参照。
  2. ^ 国際基督教大学ウェブサイト「ICUとは」参照。
  3. ^ 埼玉大学ウェブサイト「大学概要・組織」参照。
  4. ^ a b 日本学術会議編「学位に付記する専攻分野の名称の多様化について (PDF) 」参照。
  5. ^ 放送大学ウェブサイト「大学概要・沿革」、「教養学部」参照。
  6. ^ 電子政府ウェブサイト「学校教育法」参照。
  7. ^ 独立行政法人大学評価・学位授与機構編『新しい「学士」への途 (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構、2013年) 59頁~62頁参照。
  8. ^ 独立行政法人大学評価・学位授与機構編『H21年度 学位に付記する専攻分野の名称一覧(学士) (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構)参照。
  9. ^ FAST-US-5 United States Education Reference File

参照文献

関連項目


BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/29 08:29 UTC 版)

BABababA

単位・記号

略語・略称

一般名詞・術語

固有名詞

コード・形式名

他の記号等を付して用いられるもの

関連項目






baと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

baに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ba」の関連用語

baのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

籾・麦乾燥機

エミール・レオン・ポスト

クロチチダマシ

五水灰硼石

コリドラス・グリセウス

北風沙織

そばあげ

旭鷹西部幹線用水





baのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ba (改訂履歴)、学士(教養) (改訂履歴)、BA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS