baとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 航空 > baの意味・解説 

バ【Ba】


ビー‐エー【BA】

読み方:びーえー

Bachelor of Arts文学士


ビー‐エー【BA】


ビー‐エー【BA】


ビー‐エー【BA】


ビー‐エー【BA】


ビー‐エー【BA】

読み方:びーえー

basilar artery》⇒脳底動脈


バリウムイオン(2+)


ベンジルアデニン

分子式C12H11N5
慣用名 ベンジルアデニン、N6-ベンジルアデニン、BA、Benzyladenine、N6-Benzyladenine、6-Benzylamino-1H-purine、6-(Benzylamino)-1H-purine、サイトカイニンB、Cytokinin B、ベンジルアミノプリン、Benzylaminopurine、BAP、6-(Benzylamino)-7H-purine、6-Benzylamino-9H-purine、6-ベンジルアミノプリン6-Benzylaminopurine、N-(Phenylmethyl)-1H-purine-6-amine、N-Benzyladenine、N-Benzyl-1H-purine-6-amine、N-Benzyl-9H-purine-6-amine、6-(Benzylamino)-9H-purine、N-Benzyl-7H-purine-6-amine
体系名:N-ベンジルアデニン、N-ベンジル-1H-プリン-6-アミン、6-(ベンジルアミノ)-1H-プリン、6-ベンジルアミノ-1H-プリン、N-ベンジル-7H-プリン-6-アミン、6-(ベンジルアミノ)-7H-プリン、6-(ベンジルアミノ)-9H-プリン、N-ベンジル-9H-プリン-6-アミン、6-ベンジルアミノ-9H-プリン、N-(フェニルメチル)-1H-プリン-6-アミン


バリウムカチオン

分子式Ba
その他の名称Bariumcation
体系名:バリウムカチオン


バリウム


物質名
バリウム
英語名
Barium
元素記号
Ba
原子番号
56
分子量
137.327
発見
1808年
原子半径(Å)
2.18
融点(℃)
725
沸点(℃)
1639
密度(g/cm3
3.5
比熱(cal/g ℃)
0.068
イオン化エネルギー(eV)
5.212
電子親和力(eV)
0


バー 【Ba】


Ba

名前 バ; バー

学士(教養)

(ba から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/16 06:48 UTC 版)

学士(教養)(がくし きょうよう、Bachelor of Arts (B.A.))は、学士学位のひとつ。


注釈

  1. ^ 附則 (平成三年四月二日法律第二三号)抄 の4 改正前の学校教育法第六十三条第一項の規定による学士の称号は、改正後の学校教育法第六十八条の二第一項の規定による学士の学位とみなす。

出典

  1. ^ 東京大学ウェブサイト「東京大学大学院総合文化研究科・教養学部の歴史」参照。
  2. ^ 国際基督教大学ウェブサイト「ICUとは」参照。
  3. ^ 埼玉大学ウェブサイト「大学概要・組織 Archived 2015年2月9日, at the Wayback Machine.」参照。
  4. ^ a b 日本学術会議編「学位に付記する専攻分野の名称の多様化について (PDF) 」参照。
  5. ^ 放送大学ウェブサイト「大学概要・沿革」、「教養学部」参照。
  6. ^ 電子政府ウェブサイト「学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)附則(平成三年四月二日法律第二三号)抄の4”. e-Gov (2018年6月1日). 2019年12月25日閲覧。 “2019年4月1日施行分”」参照。
  7. ^ 独立行政法人大学評価・学位授与機構編『新しい「学士」への途 (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構、2013年) 59頁~62頁参照。
  8. ^ 独立行政法人大学評価・学位授与機構編『H21年度 学位に付記する専攻分野の名称一覧(学士) (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構)参照。
  9. ^ FAST-US-5 United States Education Reference File Archived 2008年12月22日, at the Wayback Machine.


「学士(教養)」の続きの解説一覧

BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 09:44 UTC 版)

BABababA




「BA」の続きの解説一覧

.ba

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 08:36 UTC 版)

.ba国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ボスニア・ヘルツェゴビナに割り当てられている。このドメインは、University Teleinformation Center(UTIC)が管理している。




「.ba」の続きの解説一覧

BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:14 UTC 版)

Yahoo!知恵袋」の記事における「BA」の解説

ベストアンサー」(Best Answer)の略。もともと参加者使い始め略語だが、後にYahoo! JAPAN正式に使用するようになった

※この「BA」の解説は、「Yahoo!知恵袋」の解説の一部です。
「BA」を含む「Yahoo!知恵袋」の記事については、「Yahoo!知恵袋」の概要を参照ください。


BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:24 UTC 版)

ステンレス鋼」の記事における「BA」の解説

No.2Bよりも滑らかな表面で、光沢ありの見た目仕上げ冷間圧延後に熱処理光輝熱処理行った状態の表面。さらに、鏡面ロールによる軽い圧延を行うこともある。装飾品家電自動車部品台所用品などで使われる。さらに鏡面仕上げを行う場合も、BA仕上げ素材使われる

※この「BA」の解説は、「ステンレス鋼」の解説の一部です。
「BA」を含む「ステンレス鋼」の記事については、「ステンレス鋼」の概要を参照ください。


BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 17:25 UTC 版)

フォード・ファルコン (オーストラリア)」の記事における「BA」の解説

2002年9月AUファルコンのマイナーチェンジモデルとして生産開始エクステリアデザイン大幅に変更された。 開発には5億オーストラリア・ドル投資され、約24,000時間をかけてエンジン耐久性テスト行ったまた、サスペンションテストにはドイツのニュルブルクリンク利用されアンチロック・ブレーキ・システム横滑り防止機構については、オーストラリアのほか、スウェーデンでも調整なされたデザインについては、デザインディレクターのスコット・ストロングの主導設計され2001年ストロング退任後は、サイモン・バターワースが設計引き継いだデザインは、ヨーロピアンデザイン取り入れることで、不評であったNew Edgeデザイン除去し、まったく新しいデザインとした。また、インテリアデザインについても、インテリアデザインディレクターのマーカス・ホットブラックらにより、ヨーロピアンなものが採用されたまた、アンテナを格納式のものからリアウインドウ部への配置変更したことで、AUファルコン問題となったアンテナ損壊防いだエンジンは、直列6気筒 4LエンジンBarraエンジン変更されターボエンジンのほか、LPG仕様E-Gasエンジンラインアップされた。V8エンジンについても、5.4LのBarraエンジンおよびBossエンジン変更された。なお、トランスミッションについては4速オートマチック5速マニュアルトランスミッション用意されまた、セダンには新設計のインディペンデント・リアサスペンションが採用されワゴンユートについては、リーフ式サスペンション引き続き採用されたため、セダンのみ重量大幅に増加したグレード構成廉価モデルの「XT」のほか、「Futura」、XRシリーズ、「Fairmont」はAUファルコン引き続き設定されXRシリーズについて6気筒エンジン搭載するXR6と、8気筒エンジン搭載するXR8が用意されヘッドライトデザイン変更された。 販売AUファルコン異なり好調で販売シェアでは2度コモドアを上回ったが、最高販売記録を持つELファルコンには届かなかった。 安全性については、ANCAPにおいて、34ポイント中27.27ポイント獲得し、5スター中の4スター獲得した2002年12月には、36年ぶりにホイールズ誌のカー・オブ・ザ・イヤー獲得したまた、3年にわたり4つオーストラリアのベストカーアワードを獲得するなど、高く評価された2004年10月外装など一部改良マークIIとなる。XR6ターボとXR8には新たにボルグワーナー製のT56マニュアルトランスミッション採用した2005年10月、BAファルコン生産終了

※この「BA」の解説は、「フォード・ファルコン (オーストラリア)」の解説の一部です。
「BA」を含む「フォード・ファルコン (オーストラリア)」の記事については、「フォード・ファルコン (オーストラリア)」の概要を参照ください。


Ba

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Ba」の解説

ジルベール・バシェル(フランス語版)(Gilbert Désiré Joseph Bachelu、1777年-1849年) - 中将。【30列】 ジャン・ピエール・バイヨ(フランス語版)(Jean-Pierre Baillod、1771年-1853年) - 少将。【39列】 フランソワ・ゲデオン・バイイ・ド・モンション(フランス語版)(François Gédéon Bailly de Monthyon、1776年-1850年) - 中将。【31列】 バジユ・ギュイ・マリー・ヴィクトル・バルトゥ・ド・ポワイー(フランス語版)(Basile Guy Marie Victor Baltus de Pouilly、1766年-1845年) - 少将。【2列】 ピエール・バネル(フランス語版)(Pierre Banel、1766年-1796年) - 少将コッセーリア攻撃時に戦死。【28列】 ルイ・バラギュ・ディラール(フランス語版)(Louis Baraguey d'Hilliers、1764年-1813年) - 中将。【24列】 ジョセフ・バルバネグリュ(フランス語版)(Joseph Barbanègre1772年-1830年) - 少将。【19列】 イラリオン・パウル・デュ・プジェ(フランス語版)(Hilarion Paul François Bienvenu Puget de Barbentane、1793年-1828年) - 軍司令官。【34列】 マリー・エチエンヌ・ド・バルボ(フランス語版)(Marie Étienne de Barbot1770年-1839年) - 将軍。【35列】 ガブリエル・バルボ・デ・クーリエール(フランス語版)(Gabriel Barbou des Courières1761年-1827年) - 中将。【6列】 マルシャル・バルデ(フランス語版)(Martial Bardet1764年-1837年) - 中将。【2列】 ピエール・バロワ(フランス語版)(Pierre Barrois1774年-1860年) - 中将。【37列】 ピエール・バステ(フランス語版)(Pierre Baste、1768年-1814年) - 海軍少将陸軍少将ブリエンヌBrienne)の戦いで戦死。【38列】 ルイ・バストゥール(フランス語版)(Louis Bastoul、1753年-1801年) - 中将ホーエンリンデンの戦い数日後砲撃致命傷負った。【8列】 ジャン・バティスト・シャルル・ボーロ(フランス語版)(Jean Baptiste Charles Baurot、1774年-1847年) - 少将。【29列】

※この「Ba」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Ba」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ba」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ba」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



baと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

baのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



baのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学士(教養) (改訂履歴)、BA (改訂履歴)、.ba (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのYahoo!知恵袋 (改訂履歴)、ステンレス鋼 (改訂履歴)、フォード・ファルコン (オーストラリア) (改訂履歴)、エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS