.bzとは?

Bairnco Corporation(NYSE:BZ)

住所: 300 Primera BoulevardSuite 432Lake Mary, FL 32746United States
電話: 1- (407) 875-2222
FAX: 1- (407) 875-3398
ウェブサイト: http://www.bairnco.com
業種: 原材料
業界: 化学品(ゴム・プラスチック)

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

.bz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 20:21 UTC 版)

.bz国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ベリーズに割り当てられている。






「.bz」の続きの解説一覧

BZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 08:22 UTC 版)

BZ

Bz

bz



B'z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 08:32 UTC 版)

B'z(ビーズ)は、ギタリスト松本孝弘ボーカリスト稲葉浩志からなる日本ロックユニット[3][4]。所属事務所はVERMILLION。所属レーベルはVERMILLION RECORDS。公式ファンクラブは「B'z Party」。




注釈

  1. ^ 読み方はゼゼ。レーベル名の由来は、音楽プロデューサーでビーイング創設者の長戸大幸の出身地である滋賀県大津市の地名より、長戸自身によって名づけられた。
  2. ^ 公演内容や規模によって「LIVE-GYM Pleasure」や「SHOWCASE」となる。
  3. ^ 当初の英語表記は「TAKAHIRO MATSUMOTO」であったが、1994年発売の14thシングル『Don't Leave Me』から表記を変えている。
  4. ^ 当初の英語表記は「KOHSHI INABA」であったが、1999年発売の26thシングル『ギリギリchop』から表記を変えている。
  5. ^ ただしクレジットに表記されるようになったのは1992年発売の4thミニ・アルバム『FRIENDS』から。
  6. ^ なお、ビリー・シーンは「ギリギリchop(Version 51)」のほかに、タイトル曲「Brotherhood」「流れゆく日々」「イカせておくれ!」「SHINE」にも参加している。
  7. ^ 2003年4月7日付オリコン週間シングルランキングのトップ10は、2位のSMAP世界に一つだけの花』を除いたすべてがB'zの作品であった[64][65]
  8. ^ 17thアルバム『MAGIC』収録の「long time no see」にも参加している。
  9. ^ 以後、チャリティーグッズの販売と寄付を続けており、2016年に発生した「熊本地震」や2018年の「平成30年7月豪雨」(西日本豪雨)も支援している[78]
  10. ^ 1991年10月からは稲葉が1人でラジオパーソナリティを担当し、1994年3月に番組が終了した[45]
  11. ^ 番組冒頭に新たな紹介映像を加えての再放送[171]
  12. ^ YouTubeの『B'z Official YouTube Channel』でも公開している[174]
  13. ^ 『B'z 25th Anniversary Special「Only Two」』の再放送[179]
  14. ^ a b Beingモバイルサイト内、B'zのディスコグラフィではナムコバンダイナムコゲームス)となっているが、それは誤表記である。
  15. ^ 2005年発売のベスト・アルバム『B'z The Best "Pleasure II"』には「いつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ!」バージョン〜」として収録している。

出典

  1. ^ a b c d e f g 【オリコン平成ランキング】平成No.1売上アーティストはB’z 2位AKB48、3位Mr.Children”. ORICON NEWS (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c d B'z Biography & History”. AllMusic. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ B’z、11・29通算20枚目アルバム『DINOSAUR』”. ORICON NEWS (2017年9月21日). 2017年12月16日閲覧。
  4. ^ a b 新型光「B'zはなぜこれほど売れるのか ちょっと真面目に考えてみた」『R25』、リクルート、2005年。
  5. ^ B'zのプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年6月2日閲覧。
  6. ^ a b B'z、ウルトラベストを2タイトル発表”. BARKS (2008年4月22日). 2018年6月2日閲覧。
  7. ^ a b c B'z、アジアのミュージシャンで初の米ロック殿堂入り!”. ORICON NEWS (2007年9月21日). 2018年6月3日閲覧。
  8. ^ a b c B'z、ハリウッドでロック殿堂入り”. ORICON NEWS. オリコン (2007年11月20日). 2018年6月2日閲覧。
  9. ^ a b Best selling album act in Japan”. Guinness World Records. 2018年6月11日閲覧。 “達成日:2008年3月12日”
  10. ^ a b クレイグ・グレンディ, ed (2010). ギネス世界記録2011. 角川マーケティング. ISBN 978-4048954075 
  11. ^ 『B'z Break through+Bad communication』リットーミュージック〈バンドスコア〉、1990年。ISBN 4-8456-0631-3
  12. ^ a b c 小野里歩 2000.
  13. ^ 「be with! volume 001」、B'z Party、1989年。
  14. ^ a b c 「be with! volume 075」、B'z Party、2007年。
  15. ^ a b 長戸大幸さん×平澤創[対談]”. フェイス25周年記念Webサイト・スペシャル対談企画 最終回【前編】. フェイス (2018年). 2019年5月10日閲覧。
  16. ^ a b c 平板読みは間違い!? 「B'z」の正しい呼び方って?”. livedoor ニュース (2008年10月13日). 2009年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月2日閲覧。
  17. ^ BIOGRAPHY”. B'z Official Website. 2018年6月2日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l 「FLASH BACK 1988-2007 B'z 20th Anniversary Special」『be with! volume 079』B'z Party、2008年。
  19. ^ a b グループZero 2006.
  20. ^ 佐伯明 2003, p. 12.
  21. ^ 藤井徹貫 1994.
  22. ^ 講談社刊『小室哲哉 深層の美意識(講談社文庫版)』神山典士著187P-188Pより。
  23. ^ B'z、平成の音楽シーン駆け抜け勢いそのまま令和へ 楽曲とパフォーマンスから牽引力の秘密を探る”. Real Sound. 株式会社blueprint (2019年5月2日). 2020年2月3日閲覧。
  24. ^ 「B'z 境界線上から手に入れた王者の称号」『Rolling Stone Japan』、カルチュア・エンタテインメント、2017年、 17-18頁、 ISBN 978-4-7770-2160-4
  25. ^ a b 佐伯明 2003, p. 11.
  26. ^ a b 佐伯明 2003, p. 9.
  27. ^ a b 別冊カドカワ 2003, p. 24.
  28. ^ a b 別冊カドカワ 2003, p. 38.
  29. ^ 佐伯明 2003, p. 472.
  30. ^ a b 「B'z 境界線上から手に入れた王者の称号」『Rolling Stone Japan』、カルチュア・エンタテインメント、2017年、 13頁、 ISBN 978-4-7770-2160-4
  31. ^ a b B'z Unreal Music 2000, pp. 165-166.
  32. ^ B'z Unreal Music 2000, pp. 41-43.
  33. ^ B'z Unreal Music 2000, pp. 58-59.
  34. ^ 佐伯明 2008, p. 125.
  35. ^ B'z The Book 1998, p. 90.
  36. ^ B'z The Book 1998, p. 72.
  37. ^ B'z The Book 1998, p. 26.
  38. ^ 「Go!Go!GUITAR」、ヤマハミュージックメディア、1987年。
  39. ^ 「GB」、ソニー・マガジンズ、1990年。
  40. ^ a b B'z Unreal Music 2000, p. 38.
  41. ^ 「be with! volume 003」、B'z Party、1989年。
  42. ^ 「be with! volume 000」、B'z Party、1988年。
  43. ^ a b B'z The Book 1998, p. 8.
  44. ^ 佐伯明 2008, p. 87.
  45. ^ a b c B'z Dictionary 2003.
  46. ^ a b 佐伯明 2003, p. 13.
  47. ^ 佐伯明 2008, pp. 85-86.
  48. ^ a b c d 佐伯明 2003, pp. 14-17.
  49. ^ 別冊カドカワ 2003, pp. 24-25.
  50. ^ a b 佐伯明 2008, pp. 91-93.
  51. ^ a b 佐伯明 2008, pp. 94-95.
  52. ^ B'z Unreal Music 2000, pp. 36-37.
  53. ^ 佐伯明 2003, pp. 17-18.
  54. ^ 別冊カドカワ 2003, p. 25.
  55. ^ a b B'z、歴代No.1アーティストまでの軌跡!”. ORICON NEWS (2006年5月25日). 2018年6月3日閲覧。
  56. ^ B'z The Book 1998, p. 91.
  57. ^ B'z The Book 1998, p. 33.
  58. ^ 「B'z アルバム1000万枚の偉業! その秘密と軌跡!!」『“オリコン”ウィーク The Ichiban』、オリコン、1999年1月、 9-13頁。
  59. ^ a b c d 第13回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1999年). 2018年6月3日閲覧。
  60. ^ 佐伯明 2008, pp. 134-135.
  61. ^ スタジアムヒストリー”. 日産スタジアム. 2018年6月8日閲覧。
  62. ^ “インプレスが、ネットイベントに全面協力 日本新記録の同時アクセス数、14,600を記録!” (プレスリリース), インプレス, (2000年2月25日), オリジナルの2006年10月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20061018095202/http://www.impressholdings.com/release/2000/005/ 2020年5月23日閲覧。 
  63. ^ <B'z LIVE-GYM Pleasure 2000“juice”>@嵐の千葉マリンスタジアム緊急レポート”. BARKS (2000年8月10日). 2018年6月7日閲覧。
  64. ^ a b 「シングル BEST 100」『weekly oricon WO』、オリコン・エンタテインメント、2003年4月、 36-37頁。
  65. ^ a b B’z、オリコン独占!トップ10に9曲”. SANSPO.COM. 2003年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月15日閲覧。
  66. ^ B'z、新曲のPVを海上保安庁の巡視船で撮影!”. BARKS (2005年6月9日). 2018年6月7日閲覧。
  67. ^ a b 「iTunes Music Store」の国内サービス開始 —100万曲をラインナップで1曲150円〜。ジョブズも登場”. AV Watch (2005年8月4日). 2018年7月3日閲覧。
  68. ^ B'z『最強のベストアルバム第3弾遂にリリース!』”. ORICON STYLE (2005年11月30日). 2018年7月3日閲覧。
  69. ^ B'z、アルバム発売&米の配信事業に日本人として初登場!”. BARKS (2006年5月10日). 2018年6月7日閲覧。
  70. ^ B'z、ウルトラベストアルバムの第2弾、詳細決定”. BARKS (2008年7月16日). 2018年6月7日閲覧。
  71. ^ a b c B'z最新作「イチブトゼンブ」はフジテレビ月9主題歌”. BARKS (2009年6月17日). 2018年6月7日閲覧。
  72. ^ B'z、ニューシングル「MY LONELY TOWN」は軍艦島で撮影”. BARKS (2009年9月1日). 2018年6月7日閲覧。
  73. ^ 「ペプシネックス」新CMキャラクターは、TVCM初出演のB'z”. BARKS (2011年2月22日). 2018年6月7日閲覧。
  74. ^ B'z、「ペプシネックス」新TVCM&北米ツアー最終公演の生配信が決定”. BARKS (2011年7月12日). 2018年6月7日閲覧。
  75. ^ B'zペプシCM第3弾であのクリスマス名曲披露”. ナタリー (2011年12月8日). 2018年6月7日閲覧。
  76. ^ リンキン・パーク、B'zやスラッシュら参加する日本支援アルバムをリリース”. BARKS (2011年3月24日). 2018年6月7日閲覧。
  77. ^ リンキン・パーク×B'z、日本支援のために感動の一夜”. BARKS (2011年9月2日). 2018年6月7日閲覧。
  78. ^ 東日本大震災寄付金活動報告”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2018年6月15日閲覧。
  79. ^ B'z、ツアー皮切りは宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ”. BARKS (2011年7月20日). 2018年6月7日閲覧。
  80. ^ B'zの新曲「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」が「ペプシネックス」新CMソングに”. BARKS (2012年2月24日). 2018年6月7日閲覧。
  81. ^ 英語詞配信限定アルバム『B'z』、7月25日にリリース決定”. BARKS (2012年7月13日). 2018年6月7日閲覧。
  82. ^ B'z、初の配信限定作品「Into Free -Dangan-」リリース開始”. BARKS (2012年4月4日). 2018年6月7日閲覧。
  83. ^ B'z初の楽曲提供にキム・ヒョンジュン「本当に光栄」”. ORICON NEWS (2012年5月1日). 2018年6月3日閲覧。
  84. ^ B'z、25周年を飾るオールシングル・ベスト・アルバム、新曲も登場”. BARKS (2013年3月25日). 2018年6月7日閲覧。
  85. ^ 【ライブレポート】B'z、デビュー25周年ツアーファイナルを祝う2500発の花火「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」”. BARKS (2013年9月23日). 2018年6月7日閲覧。
  86. ^ 【ライブレポート】B'z、<B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER->で「25年前、“自分のバンドを作りたいな”とこの人が思わなければ、B'zは誕生しませんでした」”. BARKS (2013年9月27日). 2018年6月7日閲覧。
  87. ^ <エアロソニック>、「ママ・キン」でエアロスミスとB'z共演”. BARKS (2013年8月9日). 2018年6月7日閲覧。
  88. ^ 【ライブレポート】前代未聞の巨大2マンフェス<エアロソニック>、灼熱の一夜”. BARKS (2013年8月9日). 2018年6月7日閲覧。
  89. ^ 「Mステ」年末SPにラルク、B'z、ミスチル、EXILEら追加”. ナタリー (2014年12月5日). 2018年6月11日閲覧。
  90. ^ CDTV年越しライブにB'z、きゃりー、セカオワら9組エントリー”. ナタリー (2014年12月14日). 2018年6月11日閲覧。
  91. ^ B'z、年明け「LIVE MONSTER」に初出演”. ナタリー (2014年12月10日). 2018年6月11日閲覧。
  92. ^ B'z、氣志團、西川貴教ら出演!“芸能界の音楽通”による4時間生放送”. ナタリー (2014年12月22日). 2018年6月11日閲覧。
  93. ^ ROCKROCK 20th ANNIVERSARY LIVE【ROCK BEYOND ROCK】”. 2018年6月7日閲覧。
  94. ^ B'z、広島復帰の黒田投手登場曲制作「大合唱で盛り上げて」”. ORICON NEWS (2015年3月25日). 2018年6月3日閲覧。
  95. ^ a b B'z、全53作・全117曲の『COMPLETE SINGLE BOX』発売決定+『セブン-イレブンフェア』始動”. BARKS (2017年6月29日). 2018年7月4日閲覧。
  96. ^ B'z、<Loud-Gym>を結成30周年突入のデビュー記念日より計13回開催”. BARKS (2017年7月27日). 2017年6月8日閲覧。
  97. ^ 【レポート】『B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018』の全貌”. BARKS (2018年4月11日). 2018年6月21日閲覧。
  98. ^ 【レポート】『B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018』後期の見どころ”. BARKS (2018年5月22日). 2018年6月21日閲覧。
  99. ^ B'zエキシビションの映像作品が全国の劇場で上映決定、メンバー撮り下ろしコメントも”. ナタリー (2018年5月15日). 2018年6月21日閲覧。
  100. ^ 【レポート】B'z LIVE-GYMは、「ライブ」ではなく「ドキュメンタリー」”. BARKS (2018年9月24日). 2018年11月23日閲覧。
  101. ^ B'zデビュー31年目に突入、珠玉セトリで味スタ沸かせた「Pleasure」ツアー最終日”. ナタリー (2018年9月24日). 2018年11月13日閲覧。
  102. ^ B'z稲葉浩志&松本孝弘、“サムアップ”ポーズで「1000公演」報告 祝福の声”. MusicVoice (2019年7月6日). 2020年3月3日閲覧。
  103. ^ bz.officialの投稿(2285817828176834) - Facebook
  104. ^ B'z、ツアーファイナルを全国&台湾の映画館で同時生中継”. ドワンゴジェイピーnews (2019年8月12日). 2020年3月3日閲覧。
  105. ^ B'z「SUMMER SONIC」で日本人アーティスト初のヘッドライナーに”. ナタリー (2019年1月17日). 2019年1月17日閲覧。
  106. ^ B'zの映像作品23本をYouTubeでフル尺公開「B'z LIVE-GYM -At Your Home-」”. ナタリー (2020年4月13日). 2020年4月13日閲覧。
  107. ^ B’z、歴代ライブ映像全23作品YouTubeで一挙フル公開 5月31日までの期間限定”. ORICON NEWS (2020年4月13日). 2020年4月27日閲覧。
  108. ^ B'z松本孝弘&稲葉浩志「HOME」をそれぞれのHOMEからセッション”. ナタリー (2020年4月27日). 2020年4月27日閲覧。
  109. ^ B’z初のホームで「HOME」をセッション”. ORICON NEWS (2020年4月27日). 2020年4月29日閲覧。
  110. ^ B'z (2020年4月27日). B’z “HOME” session. https://www.youtube.com/watch?v=Xuv-uqfXHtU 2020年4月27日閲覧。 
  111. ^ B'z松本孝弘&稲葉浩志「HOME」海外のバンドメンバーも加わった新たなセッション動画公開”. ナタリー (2020年4月30日). 2020年4月30日閲覧。
  112. ^ B'z、海外バンドメンバーが『“HOME” session』に参加 “Band playing HOME at their homes abroad!””. BARKS (2020年4月30日). 2020年4月30日閲覧。
  113. ^ B'z (2020年4月30日). B’z “HOME” Band session. https://www.youtube.com/watch?v=8NhVCI_WW88 2020年4月30日閲覧。 
  114. ^ B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS (2020年9月11日). 2020年9月14日閲覧。
  115. ^ “B'zが5週連続で無観客配信ライブ開催、32年の歴史を振り返る”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年9月11日). https://natalie.mu/music/news/395929 2020年9月14日閲覧。 
  116. ^ “B'z、初の無観客配信ライブを10月末より5週連続開催”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年9月11日). https://www.barks.jp/news/?id=1000188815 2020年9月14日閲覧。 
  117. ^ a b 亀田誠治 (2006年10月21日). “講義:「アーティストの発掘、マネージメントとビジネス」”. JASRAC寄附講座 コンテンツ産業論. 立命館大学. 2018年6月5日閲覧。
  118. ^ a b 別冊カドカワ 2003, pp. 93-94.
  119. ^ イージーリスニングみたいなメロディーでもロックに聴かせるB'zの底力”. 日経トレンディネット. 日経BP (2009年10月20日). 2018年6月5日閲覧。 “マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り/延長戦”
  120. ^ 「B'z 境界線上から手に入れた王者の称号」『Rolling Stone Japan』、カルチュア・エンタテインメント、2017年、 8-10頁、 ISBN 978-4-7770-2160-4
  121. ^ a b c B'z Unreal Music 2000, pp. 119-120.
  122. ^ a b 「ソロからB'zへ—。白紙からの再始動」『oricon style』、オリコン・エンタテインメント、2005年4月、 19頁。
  123. ^ 烏賀陽弘道「「日本的「模倣文化」の象徴-B'z」」『Jポップの心象風景』文藝春秋文春新書〉、2005年。ISBN 4-16-660432-5
  124. ^ a b 都築響一「サルマネクリエイター天国18回」『マルコポーロ』、文藝春秋、1994年10月号。
  125. ^ 「TAK・E.「元ネタ完全ガイド」」『音楽誌が書かないJポップ批評14 「B'zの不思議」、再考!』宝島社別冊宝島〉、2001年。ISBN 4-7966-2335-3
  126. ^ 批評の広場「見えない姿 奇妙な存在感」 都築響一の文より 『朝日新聞』1999年1月30日
  127. ^ a b c d 「夏至明「B'z嫌いの人のためのB'z入門」」『音楽誌が書かないJポップ批評3』宝島社〈別冊宝島〉、1999年。ISBN 4-7966-9466-8
  128. ^ 「山本かずしげ「テーマ:パクリ&オマージュ」」『音楽誌が書かないJポップ批評3』宝島社〈別冊宝島〉、1999年。ISBN 4-7966-9466-8
  129. ^ 「栗原裕一郎「思想としてのB'z」」『音楽誌が書かないJポップ批評14 「B'zの不思議」、再考!』宝島社〈別冊宝島〉、2001年。ISBN 4-7966-2335-3
  130. ^ a b c 「夏至明「B'z」」『「パクリ・盗作」スキャンダル読本』宝島社〈別冊宝島〉、2006年。ISBN 4-7966-5072-5
  131. ^ 『GB』94年5月号 ソニーマガジン社
  132. ^ B'z The Book 1998, p. 59.
  133. ^ 「夏至明「あの頃 B'zを「全肯定」したワケ」」『音楽誌が書かないJポップ批評50 ZARD&アーリー90'sグラフィティ』宝島社〈別冊宝島〉、2007年。ISBN 978-4-7966-5946-8
  134. ^ 第23回日本有線大賞”. キャンシステム (1990年). 2018年6月3日閲覧。
  135. ^ 第24回日本有線大賞”. キャンシステム (1991年). 2018年6月3日閲覧。
  136. ^ 第32回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2018年6月10日閲覧。
  137. ^ 第33回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2018年6月10日閲覧。
  138. ^ 第34回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2018年6月10日閲覧。
  139. ^ 第5回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1991年). 2018年6月3日閲覧。
  140. ^ a b c 第6回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1992年). 2018年6月3日閲覧。
  141. ^ a b 第7回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1993年). 2018年6月3日閲覧。
  142. ^ a b 第8回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1994年). 2018年6月3日閲覧。
  143. ^ a b 第9回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1995年). 2018年6月3日閲覧。
  144. ^ a b c d e 第10回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1996年). 2018年6月3日閲覧。
  145. ^ 第12回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (1998年). 2018年6月3日閲覧。
  146. ^ 第14回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2000年). 2018年6月3日閲覧。
  147. ^ a b 第15回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2001年). 2018年6月3日閲覧。
  148. ^ a b 第17回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2003年). 2018年6月3日閲覧。
  149. ^ 第18回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2004年). 2018年6月3日閲覧。
  150. ^ 第18回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2004年). 2018年6月3日閲覧。
  151. ^ 第19回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2005年). 2018年6月3日閲覧。
  152. ^ 第20回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2006年). 2018年6月3日閲覧。
  153. ^ 第20回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2006年). 2018年6月3日閲覧。
  154. ^ 第23回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2009年). 2018年6月3日閲覧。
  155. ^ 第24回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2010年). 2018年6月3日閲覧。
  156. ^ 第28回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2014年). 2018年6月3日閲覧。
  157. ^ 第24回ドラマアカデミー賞”. 株式会社KADOKAWA (2000年). 2020年3月5日閲覧。
  158. ^ B'z、最多の3部門計5タイトルを受賞!”. ORICON (2006年5月25日). 2018年6月3日閲覧。
  159. ^ 「ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード2009」、大賞はEXILE”. BARKS (2010年1月31日). 2018年6月7日閲覧。
  160. ^ 【オリコン“平成セールス”ランキング】シングルはSMAP、アルバムは宇多田ヒカルが1位 “平成No.1”アーティスト別セールスのB’zからはコメント到着”. ORICON NEWS (2019年4月11日). 2020年3月5日閲覧。
  161. ^ 52回のシングル首位は歴代1位/嵐記録アラカルト”. 日刊スポーツ (2019年1月27日). 2020年3月5日閲覧。
  162. ^ a b c B’zがピンク・レディーを抜く、首位獲得数「64週」で36年ぶり記録更新”. MusicVoice (2015年1月20日). 2020年3月5日閲覧。
  163. ^ a b 【今週のオリコン】AKB48が25作連続ミリオン&アイマス初のアルバム首位”. M-ON! MUSIC (2016年6月7日). 2020年3月5日閲覧。
  164. ^ a b B’z、通算29作目のアルバム1位 総売上枚数4600万超えで歴代1位記録更新【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  165. ^ 【オリコン】嵐、11年連続アルバム1位 男性&グループ歴代1位タイ”. ORICON NEWS (2014年10月28日). 2020年3月5日閲覧。
  166. ^ B'z、史上最多、通算19作目のミリオン・アルバム達成!”. ORICON NEWS (2005年12月27日). 2018年6月3日閲覧。
  167. ^ a b B’z最新ライブ映像作品、3作連続通算3作目の3部門同時1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2020年3月5日). 2020年3月5日閲覧。
  168. ^ 【年間ランキング】嵐、音楽DVD史上最高売上で2年連続3冠”. ORICON NEWS (2010年12月23日). 2018年6月3日閲覧。
  169. ^ 「be with! volume 105」、B'z Party、2015年。
  170. ^ B'z メガヒットの秘密 〜20年目のB'z〜”. 日本放送協会(NHK). 2018年6月9日閲覧。
  171. ^ “B'z、2008年のNHKスペシャル番組『メガヒットの秘密 〜20年目のB'z〜』を再放送”. rockin'on (ロッキング・オン). (2018年9月7日). https://rockinon.com/news/detail/179922 2018年11月23日閲覧。 
  172. ^ NHKスペシャル「メガヒットの秘密~20年目のB'z~ 2018アンコール」”. 日本放送協会(NHK). 2020年1月15日閲覧。
  173. ^ wowow.incの投稿(1784989248254640) - Facebook
  174. ^ B'z 25th Anniversary DIGEST 1988-2013 - YouTube
  175. ^ “B'zのニコ生特番、本日急遽オンエア”. ニコニコニュース. (2013年6月8日). https://news.nicovideo.jp/watch/nw644841 2020年1月15日閲覧。 
  176. ^ “ニコニコ生放送にてB'zの特別番組が突然オンエア中”. BARKS. (2013年6月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000091095 2018年11月23日閲覧。 
  177. ^ “B'zのYouTube特番で稲葉&松本がファンからの質問に回答”. ナタリー. (2013年5月21日). https://natalie.mu/music/news/91063 2018年7月3日閲覧。 
  178. ^ B'z 25th Anniversary YouTube Special Program - YouTube
  179. ^ “B'zの特番5本を9月と10月にWOWOWで放送”. ナタリー. (2018年7月7日). https://natalie.mu/music/news/290171 2018年11月23日閲覧。 
  180. ^ “B’z×WOWOW、5本のスペシャル番組を9月と10月にもう一度”. BARKS. (2018年7月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000157307 2020年1月15日閲覧。 
  181. ^ “B'zのライブ映像を初めてテレビ番組としてオンエア、ツアー最終日の味スタ公演撮影”. ナタリー. (2018年9月23日). https://natalie.mu/music/news/300840 2018年11月23日閲覧。 
  182. ^ “「ペプシネックス」新TVCM B'z 初のTVCM出演! —3月1日(火)からオンエア開始— —「GO NEXT! 先行くおいしさ PEPSI NEX」—” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2011年2月22日), https://www.suntory.co.jp/news/2011/11022.html 2018年6月7日閲覧。 
  183. ^ “「ペプシネックス」新TVCM B'z TVCM第2弾が登場! —「People」篇を 7月16日(土)からオンエア開始— —「GO NEXT! 先行くおいしさ PEPSI NEX」—” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2011年7月12日), https://www.suntory.co.jp/news/2011/11113.html 2018年6月7日閲覧。 
  184. ^ a b “B'zペプシCM第3弾であのクリスマス名曲披露”. ナタリー. (2011年12月8日). https://natalie.mu/music/news/60907 2020年1月15日閲覧。 
  185. ^ “「ペプシネックス」新TV-CM B'z B'z TV-CM 2012年第1弾! —「Tshirts Live」篇を2月28日(火)からオンエア開始— —「GO FOR IT! PEPSI NEX」—” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2012年2月24日), https://www.suntory.co.jp/news/2012/11331.html 2018年6月7日閲覧。 
  186. ^ a b “B'z新曲「Love Bomb」含む英詞アルバム配信限定発表”. ナタリー. (2012年7月13日). https://natalie.mu/music/news/72909 2020年3月4日閲覧。 
  187. ^ BE THERE”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  188. ^ 太陽のKomachi Angel”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  189. ^ Easy Come, Easy Go!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  190. ^ 愛しい人よGood Night...”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  191. ^ LADY NAVIGATION”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  192. ^ ALONE”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  193. ^ BLOWIN'”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  194. ^ 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  195. ^ 裸足の女神”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  196. ^ Don't Leave Me”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  197. ^ MOTEL”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  198. ^ ねがい”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  199. ^ love me, I love you”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  200. ^ LOVE PHANTOM”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  201. ^ a b ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  202. ^ Real Thing Shakes”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  203. ^ FIREBALL”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  204. ^ Calling”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  205. ^ Liar! Liar!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  206. ^ a b さまよえる蒼い弾丸”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  207. ^ a b HOME”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  208. ^ a b ギリギリchop”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  209. ^ 今夜月の見える丘に”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  210. ^ May”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  211. ^ juice”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  212. ^ RING”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  213. ^ ultra soul”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  214. ^ GOLD”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  215. ^ a b 熱き鼓動の果て”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  216. ^ IT'S SHOWTIME!!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  217. ^ 野性のENERGY”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  218. ^ BANZAI”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  219. ^ ARIGATO”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  220. ^ OCEAN”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  221. ^ a b 衝動”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  222. ^ ゆるぎないものひとつ”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  223. ^ B'z / ゆるぎないものひとつ”. CDJournal. シーディージャーナル. 2020年7月29日閲覧。
  224. ^ SPLASH!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  225. ^ a b 永遠の翼”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  226. ^ [B'z]石原都知事に映画主題歌を提供”. ナタリー (2007年1月31日). 2018年6月11日閲覧。
  227. ^ [B'z]映画「北斗の拳」の主題歌を担当”. ナタリー (2007年2月26日). 2018年6月11日閲覧。
  228. ^ SUPER LOVE SONG”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  229. ^ BURN -フメツノフェイス-”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  230. ^ B'z新曲が小児医療ドラマに鋭いメスを入れる”. ナタリー (2008年9月16日). 2018年6月11日閲覧。
  231. ^ ZERO”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  232. ^ B'zのキラーチューン「ZERO」で発泡酒のうまみ倍増”. ナタリー (2009年2月25日). 2018年6月11日閲覧。
  233. ^ a b イチブトゼンブ / DIVE”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  234. ^ MY LONELY TOWN”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  235. ^ B'z新曲が小栗旬主演映画「TAJOMARU」主題歌に決定”. ナタリー (2009年7月6日). 2018年6月11日閲覧。
  236. ^ B'zのニューアルバム収録曲が「サラ金」タイアップ決定”. ナタリー (2009年11月17日). 2018年6月11日閲覧。
  237. ^ さよなら傷だらけの日々よ”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  238. ^ “B'z、「ペプシネックス」新CMに出演! 新曲披露!”. CDJournal. (2011年2月22日). https://www.cdjournal.com/main/news/bz/36864 2020年1月15日閲覧。 
  239. ^ a b c Don't Wanna Lie”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  240. ^ a b B'zコナン劇場版&アニメOP提供「はりきって制作した」”. ナタリー (2011年3月5日). 2018年6月11日閲覧。
  241. ^ B'z、新曲バラードが帯番組「NEWS23 X」EDテーマに”. ナタリー (2011年4月5日). 2018年6月11日閲覧。
  242. ^ B'z、「世界水泳」テーマ曲で「ultra soul」が10年ぶりに復活”. ORICON NEWS (2011年6月1日). 2018年6月3日閲覧。
  243. ^ B'zペプシCM第2弾は住宅街で熱唱&ライブUst中継も”. ナタリー (2011年7月12日). 2018年6月11日閲覧。
  244. ^ B'z新曲「Into Free -Dangan-」がカプコンゲーム主題歌に”. ナタリー (2012年2月1日). 2018年6月11日閲覧。
  245. ^ GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  246. ^ B'z「ペプシネックス」新CMで“Tシャツ”ライブを展開”. ナタリー (2012年2月24日). 2018年6月11日閲覧。
  247. ^ B'z、新曲「核心」が長谷川博己主演ドラマ主題歌に”. ナタリー (2013年4月5日). 2018年6月11日閲覧。
  248. ^ B'z、ベスト盤収録の新曲「Q&A」コナンOPテーマに決定”. ナタリー (2013年4月9日). 2018年6月11日閲覧。
  249. ^ B'z、沢村一樹主演ドラマ「DOCTORS 2」主題歌書き下ろし”. ナタリー (2013年6月10日). 2018年6月11日閲覧。
  250. ^ B'z 、ファン待望の新曲「Exit To The Sun」がNHKドラマ主題歌に”. ナタリー (2014年11月13日). 2018年6月11日閲覧。
  251. ^ B'z 、新曲「NO EXCUSE」はスミノフアイスCMソング”. ナタリー (2014年11月28日). 2018年6月11日閲覧。
  252. ^ 有頂天”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  253. ^ “B'z 約3年ぶりの新Sg『有頂天』ドラマ『学校のカイダン』主題歌に”. Billboard JAPAN. (2014年12月3日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/24294/2 2020年1月15日閲覧。 
  254. ^ B’zがRed Bull Air Race Chiba 2015のオフィシャルサポーターに!”. Red Bull (2015年2月12日). 2020年1月15日閲覧。
  255. ^ a b RED”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  256. ^ B'zの「RED」、『スカパー! プロ野球交流戦』最新CM曲に”. BARKS (2015年5月15日). 2018年6月8日閲覧。
  257. ^ a b c d 声明 / Still Alive”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS. 2020年4月10日閲覧。
  258. ^ B'z、5年ぶり劇場版「コナン」主題歌に決定”. ナタリー (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  259. ^ B'z書き下ろし「コナン」映画主題歌、本日より配信リリース”. ナタリー (2016年10月4日). 2020年1月15日閲覧。
  260. ^ 阿部寛主演「疾風ロンド」主題歌はB'z書き下ろし曲、特別映像も解禁”. ナタリー (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  261. ^ B'z、キムタク主演「A LIFE~愛しき人~」ドラマに新曲書き下ろし”. ナタリー (2017年1月15日). 2017年1月15日閲覧。
  262. ^ a b c B’z「Still Alive」TBS各番組 6・7月度テーマソングに決定!!” (2017年6月1日). 2019年1月27日閲覧。
  263. ^ B'z、2年ぶりシングルは「UCC」CMソング&「A LIFE」主題歌の両A面”. ナタリー (2017年5月12日). 2018年6月11日閲覧。
  264. ^ B'z新曲が映画「ジオストーム」吹替版主題歌に、監督は「出会うべくして出会った楽曲」”. ナタリー (2017年11月14日). 2018年6月11日閲覧。
  265. ^ B'z新曲が「真・三國無双8」テーマソングに、楽曲流れるトレイラー公開”. ナタリー (2017年11月17日). 2018年6月11日閲覧。
  266. ^ B'z「ポッキー」CMに新曲書き下ろし、宮沢りえ母親役のストーリー彩る”. ナタリー (2018年8月31日). 2018年11月23日閲覧。
  267. ^ B'z新曲「マジェスティック」がフルバージョンで流れる「ポッキー」Web限定動画公開”. ナタリー (2018年10月2日). 2018年11月23日閲覧。
  268. ^ B'z、織田裕二×JUMP中島裕翔の月9ドラマ「SUITS」主題歌書き下ろし”. ナタリー (2018年10月8日). 2018年11月23日閲覧。
  269. ^ 《第9話12月3日放送!》【公式】月9『SUITS/スーツ』”. 2018年11月26日閲覧。
  270. ^ B'zが新曲でラグビー日本代表を応援「畏敬の念を抱きながら作りました」”. ナタリー (2018年11月1日). 2018年11月23日閲覧。
  271. ^ a b c 【CMウオッチャー】ファイト一発!ラグビー日本代表を応援”. 産経新聞. 産業経済新聞社 (2019年10月9日). 2020年4月10日閲覧。
  272. ^ リポビタンD「立ち向かう人」篇 30秒 - YouTube
  273. ^ B'z新曲「デウス」がスズキ「エスクード」CMソングに”. ナタリー (2019年4月3日). 2019年6月1日閲覧。
  274. ^ B'zが間宮祥太朗主演ドラマ「べしゃり暮らし」主題歌書き下ろし、劇団ひとり「夢のよう」”. ナタリー (2019年7月6日). 2019年7月9日閲覧。
  275. ^ Lipod_Rugbyのツイート(1243011446478258176)
  276. ^ B’z「WOLF」フジテレビ系月曜9時ドラマ『SUITS/スーツ2』主題歌に決定!!”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS (2020年4月13日). 2020年4月14日閲覧。
  277. ^ drama_suitsの2020年4月13日のツイート- Twitter





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bz」の関連用語

.bzのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.bzのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bz (改訂履歴)、BZ (改訂履歴)、B'z (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS