TM NETWORKとは? わかりやすく解説

TM NETWORK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/08 02:33 UTC 版)

TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)は、小室哲哉シンセサイザーキーボード)、宇都宮隆ボーカル)、木根尚登ギター・キーボード)の日本のスリーピース音楽ユニットである。


注釈

  1. ^ a b 1996年ベストアルバム『TIME CAPSULE all the singles』に収録された連名名義のボーナストラック「Detour」がある。
  2. ^ 2020年には3名で東海ラジオに出演し、LINE CUBE SHIBUYAのイベントで2曲を演奏。
  3. ^ サポートメンバーであった浅倉大介がプロデュース。浅倉は著書の中で「(TMとつくことについて)似ていることには後で気がついた」と述べているほか、テレビやラジオ等で小室に「TMの名前を使わせてもらいます」と直接電話したことも語っている。
  4. ^ TMN終了の1994年以降、1999年の活動再開迄に発売されたベストアルバム等では、TM NETWORK/TMN問わずTMN名義として扱われていた。
  5. ^ 松本孝弘がTMのサポートメンバーとして参加していた。
  6. ^ ドリカムは1997年迄はTMと同じEPICソニーに所属していた。
  7. ^ 同じ苗字だが、小室哲哉とは血縁関係はない。
  8. ^ 尚、1991年発売のTMNでの2枚目のアルバム『EXPO』では小室みつ子は作詞は担当していない。同年発売のシングル「WILD HEAVEN」で作詞を担当し、この楽曲は前述のアルバム『EXPO』に収録して後にシングルカットさせる予定だったが、頓挫している。1990年以降のTMN時代では彼女の作詞は数曲のみとなっている。また2007年発売の11thアルバム『SPEEDWAY』も同様で小室みつ子は作詞を担当していない。
  9. ^ 川村はTMでは1曲しか作詞担当しておらず、宇都宮隆ソロ曲で数曲、他には久保田利伸の1988年以前の初期の楽曲の大半を作詞したり、1980年代に活動していたアイドル歌謡曲らの楽曲を作詞している。
  10. ^ 神沢はTM以外では、岡村靖幸渡辺美里鈴木雅之FENCE OF DEFENSE松岡英明ら同じエピックのアーティストらの楽曲の作詞を担当していた。
  11. ^ 坂元はTMN時代の楽曲で数曲作詞している他、小室の同時期のソロ楽曲、1990年代後半には松たか子織田裕二ら俳優・女優の楽曲の作詞を担当している。
  12. ^ 松尾和博ははじめてペダル・スティール・ギターを演奏[121]
  13. ^ 原曲のエレキギターは窪田晴男が担当しており、松本はライブのみでの演奏である。

出典

  1. ^ a b “TM NETWORKの衝撃、小室哲哉の軌跡でみる音楽シーンの変化:【音楽】”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2014年5月9日). https://www.musicvoice.jp/news/13854/ 2020年11月14日閲覧。 
  2. ^ Bush, John. TMN | Biography & History - オールミュージック. 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ a b 音楽偉人伝 第7回 小室哲哉(前編)コンピュータと共に現れた才能”. 音楽ナタリー (2019年2月5日). 2021年1月11日閲覧。
  4. ^ TM NETWORKのマニピュレーター・久保こーじによる“TMN終了ライブ”全曲解説<前編>”. cocotame (2019年4月16日). 2021年1月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e 田家秀樹 (2018年1月30日). “小室哲哉、平成J-POPの立役者 「引退」は回すべき皿がなくなったのか”. J-CAST トレンド. ジェイ・キャスト. 2020年11月14日閲覧。
  6. ^ 「TM NETWORK'S WORKS HISTORY 小室哲哉によるアルバム全曲解説!」『ぴあMOOK TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編』ぴあ、2014年5月30日、32 - 59頁。ISBN 9784835623269 
  7. ^ a b Hickey, David. “TRF | Biography & History”. AllMusic. All Media Group. 2020年12月10日閲覧。 “Komuro had already tasted some success a decade before as leader of the techno/rave group TMN.”
  8. ^ “TM NETWORK 宇都宮隆、木根尚登出演 Webラジオ特番『上柳昌彦のFUN FUN FANKS!』8月25日公開【ソニー・ミュージックダイレクト】”. ガジェット通信 GetNews (東京産業新聞社). (2020年8月23日). オリジナルの2020年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201116132335/https://getnews.jp/archives/2692410 2020年11月14日閲覧。 
  9. ^ a b 音楽偉人伝 第8回 小室哲哉(後編)全力疾走の果てに”. 音楽ナタリー (2019年3月13日). 2021年1月11日閲覧。
  10. ^ CDジャーナル データベース (2014年4月22日). “DRESS2:TM NETWORK”. HMV BOOKS ONLINE. Lawson Entertainment. 2021年1月11日閲覧。
  11. ^ 小室哲哉、完全復帰宣言 TM NETWORKが6年ぶり再起動”. モデルプレス (2021年10月1日). 2021年10月16日閲覧。
  12. ^ 「Think Of Earth」「DREAMS OF CHRISTMAS」1番Bメロ「Show my music beat」「Good morning Mr.Roadie」
  13. ^ 「DREAMS OF CHRISTMAS」
  14. ^ 「How Crash?」「DEVOTION」「TIME TO COUNT DOWN(TK Remix)」「Whatever Comes」
  15. ^ 「I Hate Folk」
  16. ^ 「INNOCENT BOY」、「I Hate Folk」
  17. ^ 「I Hate Folk」、「ANOTHER MEETING」
  18. ^ 「Looking At You」「DREAMS OF CHRISTMAS」2番Aメロ、「I Hate Folk」、「月はピアノに誘われて」「Show my music beat」「Good morning Mr.Roadie」
  19. ^ 「INNOCENT BOY」、「月の河」、「ANOTHER MEETING」、「N43」
  20. ^ 「君がいる朝」、「DIVING」、「夏の終わり」
  21. ^ TM NETWORKティーエム・ネットワーク”. OKMusic. 2021年1月16日閲覧。
  22. ^ Tm Network (ティーエム・ネットワーク)”. CDJournal. 2021年1月16日閲覧。
  23. ^ ファン垂涎!TM NETWORK THE MOVIE【予告編で先取り映画】”. シネママニエラ編集部 (2015年1月3日). 2021年1月16日閲覧。
  24. ^ THE STREET SLIDERS、TM NETWORK、菊池桃子、LINDBERGなどが登場!「Happy Anniversary!周年アーティスト特集」〜2024年4月号〜”. DISK GARAGE inc. (2024年4月1日). 2024年5月19日閲覧。
  25. ^ SCORE HOUSE刊 バンドスコア『VISION MELODIES』ISBN 4-915591-52-2 のP.19
  26. ^ 作家で聴く音楽 vol.4 小室哲哉インタビュー”. JASRAC. 2021年1月16日閲覧。
  27. ^ 電気じかけの予言者たち - CLASSIX -. 株式会社KADOKAWA. (2015). p. 627. ISBN 978-4-04-730816-9 
  28. ^ 原文ママ5月の特集は「TM NETWORKと加藤和彦」。”. 田家秀樹 (2024年4月29日). 2024年5月19日閲覧。
  29. ^ 『TM NETWORK TRIBUTE ALUBM -40th CELEBRATION-』発売!参加アーティストのコメントが公開!さらに、TM NETWORKツアー Kアリーナ横浜公演、会場限定CD購入特典が決定!”. M-TRES.Co., Ltd. (2024年5月15日). 2024年5月19日閲覧。
  30. ^ 音楽出版ジュンアンドケイ年表”. 音楽出版ジュンアンドケイ. 2021年1月19日閲覧。
  31. ^ a b c ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1999年8月号「TM NETWORK 1999 RESTART 15年目の新しい実験」p.100より。
  32. ^ TM NETWORKのマニピュレーター・久保こーじによる“TMN終了ライブ”全曲解説<後編>”. cocotame (2019年4月17日). 2021年1月16日閲覧。
  33. ^ Keyboard Magazine 2001年3月号
  34. ^ a b c 宇都宮隆・木根尚登「年忘れ!!歌酔曲vsフォーク 〜ハタシテ?ドチラが勝つでショー〜 」”. ニコニコ生放送 (2020年12月29日). 2020年12月29日閲覧。
  35. ^ a b 講談社刊『Views』1995年6月号「小室哲哉の『ミラクル』全角度研究」pp.64-65より。
  36. ^ ぴあ」1999年12月6日号「小室哲哉 『時代が鳴らす音』」p.20より。
  37. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2014年12月号「インタビュー TM NETWORK 最先端サウンドに挑み続けた“変革の30年” 7年ぶりオリジナルアルバムとツアー開催」p.48より。
  38. ^ リットーミュージック刊 『キーボード・マガジン』2001年12月号p.32-40より。
  39. ^ TM NETWORKが作り上げた「Jポップ」…小室哲哉「売れていくっていうのはこういう感じなのか」”. 読売新聞 (2024年5月4日). 2024年5月5日閲覧。
  40. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1990年10月15日号「TMN TMネットワークから“TMN”へ、リニューアル 3人が奏でる世紀末のパーティ・ソングって何?」p.113より。
  41. ^ ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』1999年10月号p.7より。
  42. ^ 立東社刊「PLUM」1986年10月号Vol.11「TM NETWORK 光と音とシャボン玉とフリスビーと夢が翔んだ。」pp.84-87より。
  43. ^ a b 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年7月号「小室哲哉通信 第18回『復活!TM NETWORK その真意、その中身』」pp.50-51より。
  44. ^ 立東社刊「PLUM」1987年10月号 Vol.23「黒い刺激 TM NETWORK 宇都宮隆の『KISS YOU』」pp.63-65より。
  45. ^ a b 角川書店刊『月刊カドカワ』1991年10月号「総力特集 TMN 独立する連帯」pp.22-31より。
  46. ^ a b 自由国民社刊「シンプジャーナル」1987年2月号「アルバム『Self Control』インタビュー『高まるボルテージのなかで'87年は』」pp.15-16,「キーボード講座 第19回『今月は、エッセイ風に…』」pp.106-107より。
  47. ^ 集英社刊『週刊プレイボーイ』1991年4月9日号p.210より。
  48. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年7月号「小室哲哉通信 第18回『復活!TM NETWORK その真意、その中身』」pp.50-51より。
  49. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2014年12月号「TM NETWORK デビュー30周年で活動が活発化する3人が今だから語る、日本の音楽シーンを変革してきた“伝説の30年”」pp.48-49より。
  50. ^ 角川書店刊『月刊カドカワ』1994年7月号pp.293-295より。
  51. ^ メディアファクトリー刊『まっすぐ進む 夢へのヒント54』木根尚登著p.77より。
  52. ^ マガジンハウス刊「平凡Special 1985 僕らの80年代」『木根尚登 レコード店を回った静かな情熱は、時代を超えてみんなの心に。』p.98-105より。
  53. ^ 読売新聞 月曜朝刊くらし面 連載「た・か・ら・も・の」木根尚登さん「拓郎」サイン入りギター 2018年5月21日
  54. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1990年12月23日号p.13-15より。
  55. ^ 自由国民社刊「シンプジャーナル」1987年6月号p.133より。
  56. ^ 自由国民社刊「シンプジャーナル」1987年9月号p.9より。
  57. ^ リットーミュージック刊『サウンド&レコーディング・マガジン』1986年1月号「TM ネットワーク “DRAGON THE FESTIVAL” TOUR」pp.56-58より。
  58. ^ 自由国民社刊「シンプジャーナル」1986年4月号「TM NETWORK 地球に降り立った、TMの今年のヴィジョン」pp.17-18より。
  59. ^ 立東社刊「PLUM」1987年4月号 Vol.17「TM NETWORK 夢と現実のクロス・ポイント」pp.8-11より。
  60. ^ TM NETWORKによる新たな発明 “シアトリカル”なコンサート演出とは?”. real sound (2014年5月24日). 2021年1月14日閲覧。
  61. ^ 【ライブレポート】3人の潜伏者が集めたものは創造力、情熱、想像力。<TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30>東京公演”. barks (2014年12月11日). 2021年1月14日閲覧。
  62. ^ 【ライブレポート】TM NETWORK<QUIT30 HUGE DATA>終了。最後は2012年につながる「Fool On The Planet」”. barks (2015年2月15日). 2021年1月17日閲覧。
  63. ^ 【ライブレポート】<TM NETWORK 30th FINAL>。そして例のバトンは我々“潜伏者”の手に”. barks (2015年3月23日). 2021年1月17日閲覧。
  64. ^ @tetsutotetsujin (2021年10月11日). "今回はチーム体制で三角形の昇降型映像照明装置のドットイメージ演出に関わらせて頂いています。". X(旧Twitter)より2021年12月5日閲覧
  65. ^ TM NETWORK / SPEEDWAY”. CDジャーナル. 2019年1月8日閲覧。
  66. ^ TM NETWORK「男性ファンがこんなにいたんだ」 “隠れTMファン”への驚きと感謝”. AERA.dot. Asahi Shimbun Publications Inc. (2023年11月5日). 2024年5月30日閲覧。
  67. ^ 「また音楽に帰ってきてくれると信じている」 TMNメンバーが復活へエール 中日スポーツ 2008年11月5日
  68. ^ TM木根が小室容疑者の立ち直りを期待 asahi.com(日刊スポーツ)2008年11月5日
  69. ^ 木根尚登オフィシャルサイトより
  70. ^ MMWオフィシャルサイトより
  71. ^ 小室哲哉オフィシャルサイトより
  72. ^ チャリティーコンサート『All That LOVE -give & give-』配布パンフより。
  73. ^ TM NETWORK、青く揺れる惑星の「35.664319,139.697753」地点にて情報を伝達”. barks (2012年8月30日). 2020年12月29日閲覧。
  74. ^ 小室哲哉オフィシャルサイトより
  75. ^ TM NETWORK、7月20・21日さいたまスーパーアリーナのライブを映画館生中継”. 映画.com (2013年7月7日). 2020年12月29日閲覧。
  76. ^ 僕らの音楽 -セットリスト-「僕らの小室哲哉」”. フジテレビジョン (2014年4月18日). 2018年2月19日閲覧。
  77. ^ TM NETWORK『CAROL』制作秘話に迫るNHK番組、マスターテープをもとにメンバーが語る”. cinra.net (2015年1月9日). 2020年12月29日閲覧。
  78. ^ 『TM NETWORKのオールナイトニッポン』21年ぶり一夜限りの復活!”. rockin'on.com (2015年4月17日). 2020年12月29日閲覧。
  79. ^ “宇宙から飛来した物質”をイメージしたTM NETWORKライブ映像作品アートワーク”. BARKS (2015年7月13日). 2020年12月29日閲覧。
  80. ^ TM NETWORK、30周年締めくくる横アリ公演が映像化”. 音楽ナタリー (2015年11月25日). 2020年12月29日閲覧。
  81. ^ TM NETWORK、長編ドキュメント映像も収録されたBDボックス”. 音楽ナタリー (2016年3月23日). 2020年12月29日閲覧。
  82. ^ DISCOGRAPHY|TM NETWORK”. avex (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  83. ^ 「GET WILD SONG MAFIA」がギネス世界記録認定&CDショップ大賞"リビジデット賞"受賞 NEWS|TM NETWORK”. エイベックス・エンタテインメント (2018年3月8日). 2018年4月24日閲覧。
  84. ^ TM NETWORK、デビュー35周年記念日に全国映画館で解散ライブ・フィルム上映”. billboard japan (2019年2月15日). 2020年12月29日閲覧。
  85. ^ 【お詫び】5/22発売 Blu-ray BOX「TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994」のディスク不具合と交換のお知らせ”. sony music (2019年5月31日). 2020年12月29日閲覧。
  86. ^ 宇都宮 隆 「常に新しい事を求めて」――ソロ28年、TM NETWORK35周年を語る”. Yahooニュース (2020年3月28日). 2021年1月13日閲覧。
  87. ^ TM NETWORK大ヒットシングル2タイトルが7インチアナログレコードで復活”. Sony Music Labels Inc. (2019年12月4日). 2024年5月30日閲覧。
  88. ^ TM NETWORK、「SEVEN DAYS WAR」1994年東京ドームのライブ映像公開”. barks (2019年12月5日). 2024年5月30日閲覧。
  89. ^ 『TM NETWORK SF Rock Station 2020』放送決定!”. 東海ラジオ (2020年12月7日). 2020年12月29日閲覧。
  90. ^ TM NETWORK、無観客配信ライブ『How Do You Crash It?』第3弾が2月12日スタート”. Rittor Music,Inc., an Impress Group company. (2022年2月4日). 2022年2月4日閲覧。
  91. ^ 初回限定盤には他に夏開催予定のライヴのチケット先行予約に申し込めるカードが特典として付属した。TM NETWORK再始動作「How Do You Crash It?」Blu-rayで発売決定”. 音楽ナタリー (2022年2月21日). 2022年2月21日閲覧。
  92. ^ TM NETWORKのライブ・ツアー“FANKS intelligence Days”のオープニング曲「Please Heal The World」がLINE NFTにてリリース”. Sound & Recording Magazine. Rittor Music,Inc. (2022年4月27日). 2022年4月28日閲覧。
  93. ^ TM NETWORK、約7年ぶりのライブツアー開催”. 音楽ナタリー (2022年4月21日). 2022年4月21日閲覧。
  94. ^ 今後の展開を想起させる演出をもって9公演が締めくくられた。サポートメンバーは今回としては珍しくツアー当初は不在であったが、9月3日・4日のツアーファイナルのみ阿部薫と小野かほりの2名が参加した。新たな物語の始まりの予感『TM NETWORK TOUR 2022 FANKS intelligence Days』 ツアーファイナルぴあアリーナ公演をレポート”. SPICE. eplus inc. (2022年11月17日). 2024年5月4日閲覧。
  95. ^ TM NETWORK「How Do You Crash It?」特別上映会 12月3日(土)に 開催決定!”. hmv (2022年10月15日). 2022年12月4日閲覧。
  96. ^ Awichと小室哲哉のコラボも、TM NETWORKがG-SHOCKの40周年イベントでスペシャルライブ”. 音楽ナタリー (2022年12月6日). 2023年1月3日閲覧。
  97. ^ G-SHOCK 40th Anniversary “G-SHOCK PREMIUM NIGHT””. CASIO COMPUTER CO., LTD. (2022年12月6日). 2023年1月3日閲覧。
  98. ^ 上記2022年9月4日に行なわれた最終日ツアーファイナルとなるぴあアリーナMM公演の模様を収録。初回限定盤には他に缶バッジ、オリジナルクリアファイル、スペシャルブックレット、セットリストTシャツ・ロンT・パーカーが購入できるカードが特典として付属する。TM NETWORKのライブBlu-ray『“FANKS intelligence Days” at PIA ARENA MM』12/28発売”. サンレコ (2022年11月18日). 2022年11月18日閲覧。
  99. ^ 6月14日(水) ゲスト:TM NETWORK”. TOKYOFM (2023年6月14日). 2023年6月15日閲覧。
  100. ^ TM NETWORK FANKS THE PARTY 2023 feat. "DEVOTION"”. stagecrowd (2023年6月13日). 2023年6月15日閲覧。
  101. ^ 劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)本予告映像を公開!OP楽曲はTM NETWORK新曲「Whatever Comes」”. aniplex (2023年6月13日). 2023年6月15日閲覧。
  102. ^ TM NETWORK 40周年に向けて本格始動!Webサイトリニューアル/最新アルバム/秋の全国ツアー”. サンレコ (2023年4月21日). 2023年4月21日閲覧。
  103. ^ 「アニサマ」2日目にTM NETWORKがサプライズ出演、「Get Wild」でSSA揺らす”. コミックナタリー (2023年8月26日). 2024年4月28日閲覧。
  104. ^ TM NETWORK『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』OPテーマ「Whatever Comes」をCDリリース” (2023年9月6日). 2024年5月4日閲覧。
  105. ^ TM NETWORK 40周年企画の一貫として名盤「QUIT 30」「DRESS 2」「LOUD /Iam」のアナログ盤が全国で好評発売中!!”. avex entertainment Inc. (2023年12月15日). 2024年5月30日閲覧。
  106. ^ TM NETWORK『Whatever Comes』アナログLPが本日12月6日発売! 『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』挿入歌「Angie」も初配信リリース。”. 大人のための音楽 (2023年12月6日). 2023年12月6日閲覧。
  107. ^ TM NETWORK、【STAND 3 FINAL】ツアー千秋楽ライブレポート到着 メンバーゆかりの地でフィナーレ”. Y!news (2024年3月12日). 2024年5月4日閲覧。
  108. ^ TM NETWORK、ホールツアー全公演完売。40周年ファイナルはアリーナ公演へと続く”. PR TIMES (2024年3月12日). 2024年5月4日閲覧。
  109. ^ TM NETWORKとB'z 松本孝弘 20年ぶりの共演 グループ結成40周年ツアーでサプライズ”. Nippon Television Network Corporation (2024年5月21日). 2024年5月24日閲覧。
  110. ^ TM NETWORK|完全生産限定2枚組CD『40+ ~Thanks to CITY HUNTER~』4月21日発売|タワレコ先着特典「ポストカード」”. タワーレコード (2024年2月1日). 2024年2月1日閲覧。
  111. ^ TM NETWORK、デビュー40周年記念日にファンへの感謝込めた2枚組CDリリース”. 音楽ナタリー (2024年2月1日). 2024年2月1日閲覧。
  112. ^ TM NETWORKデビュー40周年記念日にライブBlu-ray発売”. 音楽ナタリー (2024年2月16日). 2024年2月16日閲覧。
  113. ^ 初回限定盤のみ同ライブの音源が収録された2枚組CDが同梱。『TM NETWORK 40th FANKS intelligence Days 〜DEVOTION〜』LIVE Blu-ray発売決定”. サンレコ (2024年2月16日). 2024年2月16日閲覧。
  114. ^ TM NETWORK 40 Special 〜電気じかけの予言者たち〜”. NHK (2024年4月29日). 2024年5月24日閲覧。
  115. ^ TM NETWORK 40 Special 〜電気じかけの予言者たち〜(テレビ)”. NHK (2024年5月17日). 2024年5月24日閲覧。
  116. ^ TM NETWORK TRIBUTE ALBUM -40th CELEBRATION-」全曲解説”. 音楽ナタリー (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  117. ^ 『TM NETWORK TRIBUTE ALUBM -40th CELEBRATION-』発売!参加アーティストのコメントが公開!さらに、TM NETWORKツアー Kアリーナ横浜公演、会場限定CD購入特典が決定!”. M-TRES.Co., Ltd. (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  118. ^ TM NETWORK 40周年記念アルバム 週間ランキング1位を獲得”. Nippon Television Network Corporation (2024年5月22日). 2024年5月24日閲覧。
  119. ^ TM NETWORK Netflix映画『シティーハンター』エンディングテーマ「Get Wild Continual」アナログ・レコード5月22日発売!”. JIJI PRESSLTD Ltd. (2024年5月22日). 2024年5月24日閲覧。
  120. ^ TMN「RHYTHM RED」「EXPO」が初アナログ化。8月21日発売”. Impress Corporation. (2024年5月28日). 2024年5月30日閲覧。
  121. ^ @bannaTPZ (2020年12月30日). "念願のペダルスティールデビュー". X(旧Twitter)より2021年1月19日閲覧
  122. ^ TM NETWORK・木根尚登、バンド名「TM」に隠された意味を告白し話題に。「これは衝撃」「そういう意味だったんだ」”. exciteニュース (2016年7月27日). 2024年5月30日閲覧。
  123. ^ “「TMは“TAMA(多摩)NETWORK”です!」多摩人・木根尚登さん(立川出身)登場②”. TBSラジオ (TBSラジオ). (2023年4月22日). https://www.tbsradio.jp/articles/69110/ 2024年5月9日閲覧。 
  124. ^ TM NETWORK:小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登そろっての出演は初 出会いやグループ名の由来、知られざる下積み生活も 「徹子の部屋」で語る”. MANTANWEB編集部 (2024年5月6日). 2024年5月30日閲覧。
  125. ^ 2010年4月21日分の小室哲哉のTwitterの書きこみより。
  126. ^ 小学館刊『女性セブン』1996年8月22・29日合併号p.57より。
  127. ^ 講談社刊『Views』1996年8月号「“小室哲哉利権” 500億円に食らいついた音楽ビジネスの『巨人』」30Pより。
  128. ^ “すかいらーく1号店が53年の歴史に幕 郊外型ファミリーレストランの先駆け”. ねとらぼ. (2023年12月28日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2312/28/news179.html 2023年12月31日閲覧。 
  129. ^ a b 講談社刊『小室哲哉 深層の美意識』神山典士著より。
  130. ^ NHK-FM放送「ダブルDJショー 近田春夫 × 小室哲哉」(2007年1月6日放送)より[出典無効]
  131. ^ MESSaGE」ジャケットより。
  132. ^ メディアファクトリー刊 『続・電気仕掛けの預言者たち』木根尚登著より。
  133. ^ 木根 B’z松本が影武者だったと告白”. デイリースポーツ新聞社 (2014年5月28日). 2021年6月12日閲覧。
  134. ^ TM NETWORKの木根尚登が全力でGET WILDを弾いてみた”. ニコニコ動画. 木根尚登 (2014年10月23日). 2024年5月30日閲覧。
  135. ^ TM NETWORK木根尚登が巻き起こした“エアギター問題”の真相を大暴露!:じっくり聞いタロウ”. テレ東プラス (2023年6月2日). 2024年5月30日閲覧。



TM NETWORK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:06 UTC 版)

FENCE OF DEFENSE」の記事における「TM NETWORK」の解説

3人ともサポートメンバーとして(メンバー全員または別個)、TM NETWORKや宇都宮隆木根尚登ライブ参加したことがある。またライブ前座としても出演したTMライブ・ビデオFANKS "FANTASY" DYNA-MIX』では、若き日西村山田の姿を視聴可能。宇都宮隆アーティストブックButterfly』の中で、「好きなアーティスト邦楽)」のに、FENCE OF DEFENSEの名を記している。

※この「TM NETWORK」の解説は、「FENCE OF DEFENSE」の解説の一部です。
「TM NETWORK」を含む「FENCE OF DEFENSE」の記事については、「FENCE OF DEFENSE」の概要を参照ください。


TM NETWORK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:53 UTC 版)

小室哲哉提供楽曲一覧」の記事における「TM NETWORK」の解説

太陽の季節1994年4月25日発売銘打つ突如発売中止Nights of The Knifeの仮タイトルという説もある) 最高の演技今日の僕明日の君 Lovin' you初期ライブのみ演奏All Right All Night前身悲しき16歳 HAPPY BIRTHDAY YOUR POINT木根尚登との共作I wanna be with youNervous前身となったBOOM ORGANO Lo Spettacoro Comincia Alle 20’e Bellissimo (「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜 TM NETWORK TOUR '88'89」のみ演奏GET WILD DECADE RUNRADIO EDITプロモ盤のみ収録Self Control REPRISE ALL SONGS REPEAT MIXREMIX by DJ TKLove Train DJ TK REMIX Seven days war DJ TK REMIX BE TOGETHER DJ TK REMIX WILD HEAVENALBUM VERSIONNERVOUSDRESS VERSIONSAD EMOTIONDRESS VERSIONJUST ONE VICTORYDRESS VERSIONJUST ONE VICTORY (ANOTHER MIXTHE POINT OF LOVERS' NIGHTCLASSIX VERSION) 69/99(CLASSIX VERSIONHappiness×3 Loneliness×3HYBRID MIXプロモ盤のみ収録DREAMS OF CHRISTMASBAND VERSIONCOME ON LET'S DANCEEXTENDED VERSIONCOME ON EVERYBODYEXTENDED VERSIONCOME ON EVERYBODY '88 Final Mega-Mix1988年紅白歌合戦OA) 月の河 (フルサイズバージョン) 10YEARS AFTERTETSUYA KOMURO REMIXBeyond the TimeKiss you REMIX地上波のみでOAGIVE YOU A BEATInstrumental DEMOPASSENGERInstrumental DEMODon't Let Me CryTK DEMOFightingTK DEMOSelf ControlTK DEMOAll-Right All-NightTK DEMOHere, There & EverywhereTK DEMOChildren of the New CenturyTK DEMOBe TogetherTK DEMOKISS YOUTK DEMOResistanceTK DEMOTHE POINT OF LOVERS' NIGHTTK DEMO完成版とはメロディ多少異な部分がある。 GREEN DAYSTK DEMOTIMEMACHINE(UTSU DEMODRAGON THE FESTIVAL(UTSU DEMOSAD EMOTION(UTSU DEMOTWINKLE NIGHT(UTSU DEMOHere, There & Everywhere(UTSU DEMOResistance(UTSU DEMO80's(UTSU DEMOCrazy For YouInstrumental DEMOLOUD (Radio Edit) ラジオオンエアされたバージョンイントロ間奏オリジナルのものと異なる。

※この「TM NETWORK」の解説は、「小室哲哉提供楽曲一覧」の解説の一部です。
「TM NETWORK」を含む「小室哲哉提供楽曲一覧」の記事については、「小室哲哉提供楽曲一覧」の概要を参照ください。


TM NETWORK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 09:09 UTC 版)

BE TOGETHER」の記事における「TM NETWORK」の解説

映像作品1.VISION FESTIVAL - 2.FANKS "FANTASY" DYNA-MIX - 3.Self Control and the Scenes from “the Shooting” - 4.Gift for Fanks Video since 1985-1988 - 5.FANKS the LIVE 1 FANKS CRY-MAX - 6.FANKS the LIVE 2 KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX - 7.FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89 - 8.FANKS the LIVE 4 FANKS - 9.RHYTHM RED BEAT BLACK - 10.WORLD'S END I - 11.WORLD'S END II - 12.EXPO ARENA FINAL - 13.DECADE - 14.final live LAST GROOVE 5.18 - 15.final live LAST GROOVE 5.19 - 16.LIVE TOUR Major Turn-Round 01 -Turn-Round Edition- - 17.LIVE TOUR Major Turn-Round 02 -Encore+D.Harada V-Mix Edition- - 18.LIVE TOUR Major Turn-Round 03 -Premium Edition- - 19.LIVE IN NAEBA'03 -FORMATION LAP- - 20.“BEE” presents TM VISIONS - 21.CAROL the LIVE - 22.TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK" - 23.All the Clips - 24.TM NETWORK tribute LIVE 2003 - 25.SPIN OFF from TM -tribute LIVE 2005- - 26.SPIN OFF from TM -8songs,and more.- - 27.SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- - 28.-REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 - 29.-Incubation Period- - 30.FINAL MISSION -START investigation- - 31.TM NETWORK 30th 1984the beginning of the end - 32.TM NETWORK THE MOVIE 1984〜 - 33.TM NETWORK 30th 1984QUIT30 HUGE DATA - 34. TM NETWORK 30th FINAL - 35.TM NETWORK 2012-2015 - 36.TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994 - 37.tribute live SPIN OFF T-Mue-needs - 38.TM NETWORK How Do You Crash It? ライブDEBUT CONCERT - ELECTRIC PROPHET - DRAGON THE FESTIVAL TOUR featuring TM NETWORK - TM NETWORK Tour'86 FANKS DYNAMIX - FANKSFANTASY” DYNA-MIX - TM NETWORK TOUR '87 FANKS! BANG THE GONG - TM NETWORK FANKS CRY-MAX - Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88 - KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR - T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK - TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜 - TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89 - TM NETWORK RHYTHM RED TMN TOUR - Tour TMN EXPO - TMN WILD HEAVEN - TOUR TMN EXPO FINAL CRAZY 4 YOU - TMN 4001 DAYS GROOVE - TM NETWORK Log-on to 21st Century - TM NETWORK TOUR MAJOR TURN-ROUND - TM NETWORK DOUBLE-DECADE "NETWORK" - TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR NETWORK - TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL "NETWORK" - TM NETWORK REMASTER - TM NETWORK CONCERT Incubation Period - TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation - TM NETWORK the beginning of the end - TM NETWORK 30th 1984〜QUIT30 HUGE DATA - TM NETWORK 30th FINAL - TM NETWORK How Do You Crash It? ゲームTM NETWORK LIVE IN POWER BOWL 関連人物 ライブサポートメンバー小泉洋 - 白田朗 - 松本孝弘 - 浅倉大介 - 久保こーじ - 葛城哲哉 - 北島健二 - 西村麻聡 - 山田亘 - 日詰昭一郎 - 阿部薫 - 吉田建 - そうる透 - 松尾和博 作詞家小室みつ子 - 麻生香太郎 - 松井五郎 - 三浦徳子 - 川村真澄 - 竹花いち子 - 神沢礼江 - 坂元裕二 - 前田たかひろ ライナーノーツ藤井徹貫 スタッフ丸山茂雄 - 小坂洋二 - 伊東俊郎 関連項目作品 - SPEEDWAY -FANKS - SERIKA with DOG - B'z - access - FENCE OF DEFENSE - globe - TRF - Template:小室哲哉 表 話 編 歴 鈴木亜美鈴木あみシングル 鈴木あみlove the island - alone in my room - all night long - white key - Nothing Without You - Don't leave me behind/Silent Stream - BE TOGETHER - OUR DAYS - HAPPY NEW MILLENNIUM - Don't need to say good bye - THANK YOU 4 EVERY DAY EVERY BODY - Reality/Dancin' in Hip-Hop 鈴木亜美FOREVER LOVEインディーズ) - Delightful - Eventful - ねがいごと - AROUND THE WORLD - リトル クリスタル - Fantastic - Alright! - Like a Love? - ONE - can't stop the DISCO - Reincarnation - KISS KISS KISS/aishiteru...joinO. K. Funky God - Peaceお届け!!♡ - それもきっとしあわせ - FREE FREE/SUPER MUSIC MAKER - Potential Breakup Song アルバム オリジナル 鈴木あみSA - infinity eighteen vol.1 - INFINITY EIGHTEEN Vol.2 鈴木亜美AROUND THE WORLD - CONNETTA - DOLCE - Supreme Show ミニSnow Ring ベストFUN for FAN - Ami Selection リミックスAMIx WORLD オムニバスBLOOMING 出版物強いキズナ レギュラー番組 冠番組鈴木あみ RUN!RUN!あみ〜ゴ! - 鈴木あみのアイドルダウンロードショー冠番組くらしのサプリ!集合!鈴木三姉妹 主演ドラマ深く潜れ〜八犬伝2001〜 - おいしいデパ地下 - ラブレター 関連項目TRUE KiSS DiSC - avex trax - 小室哲哉 表 話 編 歴 オリコン週間シングルチャート第1位1999年7月26日付) 1月11日合算週: 2週分) I HAVE NEVER SEEN安室奈美恵18日 ラストチャンスSomething ELse25日 光の射す方へMr.Children2月1日 朝がまた来るDREAMS COME TRUE8日 そのスピードでthe brilliant green15日22日 Winter,againGLAY3月1日 Movin' on without you (12cm)(宇多田ヒカル8日 やめないで,PURE/BABY LOVEKinKi Kids15日22日29日 だんご3兄弟速水けんたろう,茂森あゆみ,ひまわりキッズ,だんご合唱団4月5日 my first love上原多香子12日 Believe Your Smile/OPEN THE GATE(V6/20th Century19日 MIND GAMESZARD26日 LOVE〜Destiny〜/LOVE〜since 1999〜浜崎あゆみ/浜崎あゆみ&つんく♂5月3日10日 HEAVEN'S DRIVEL'Arc〜en〜Ciel17日 Grateful DaysDragon Ash24日 I'LL BEMr.Children31日 サバイバルGLAY6月7日 フラワーKinKi Kids14日 PiecesL'Arc〜en〜Ciel21日 ギリギリchopB'z28日 ウラBTTB坂本龍一7月5日12日19日 ウラBTTB坂本龍一26日 BE TOGETHER鈴木あみ8月2日9日16日 Boys & Girls浜崎あゆみ23日30日 A(浜崎あゆみ9月6日 ここではない、どこかへGLAY13日 A(浜崎あゆみ20日27日 LOVEマシーンモーニング娘。10月4日 LOVEマシーンモーニング娘。11日 OUR DAYS鈴木あみ18日25日 雨のMelody/to HeartKinKi Kids11月1日 すべてへ(19) 8日 LOVE FLIESL'Arc〜en〜Ciel15日 A・RA・SHI(嵐) 22日29日 Addicted To You宇多田ヒカル12月6日13日 ちょこっとLOVEプッチモニ20日 kanariya浜崎あゆみ27日 HEAVEN/Squall福山雅治シングル1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 デジタルシングル2017・2018 2019 2020 2021 2022 合算シングル2018・2019 2020 2021 2022 ストリーミング2018・2019 2020 2021 2022 この項目は、シングル関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。

※この「TM NETWORK」の解説は、「BE TOGETHER」の解説の一部です。
「TM NETWORK」を含む「BE TOGETHER」の記事については、「BE TOGETHER」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「TM NETWORK」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「TM NETWORK」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TM NETWORK」の関連用語

TM NETWORKのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



TM NETWORKのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTM NETWORK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFENCE OF DEFENSE (改訂履歴)、小室哲哉提供楽曲一覧 (改訂履歴)、BE TOGETHER (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS