日本レコード協会とは?

日本レコード協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 14:21 UTC 版)

一般社団法人日本レコード協会(いっぱんしゃだんほうじんにほんレコードきょうかい、: Recording Industry Association of Japan)は、日本国内のレコード会社により構成されている一般社団法人。主に記録媒体の識別番号であるISRC(国際標準レコーディングコード)を発行する団体である。




  1. ^ エルマークについて|一般社団法人日本レコード協会
  2. ^ 日本レコード協会について”. 日本レコード協会. 2015年6月25日閲覧。
  3. ^ 他社に販売委託したままでの正会員認定企業である。
  4. ^ a b 日本レコード協会: 各種統計 > ゴールドディスク認定”. 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  5. ^ 発行物 > THE RECORD”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  6. ^ a b c RIAJ: The Record No.525 (2003年8月): ゴールド・アルバム他認定基準改定のお知らせ”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2010年12月23日閲覧。
  7. ^ 各種統計 > 有料音楽配信認定”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2014年5月7日閲覧。
  8. ^ メーカーが発売と同時に大量に生産したにもかかわらず、実店舗での売れ行きが伸び悩んだ商品については、チャート上の売上枚数よりもはるかに多い枚数によって認定を得るケースがある。例:リリースされた月に協会からダブル・プラチナの認可を受けたものの、チャート上でのセールスはそのわずか3割ほどにとどまった小柳ゆきの『my all..』。また、宗教家など特殊事情によるものもある。例:協会集計で旧認定のクワドラプル・プラチナ(160万枚突破)を獲得した宗教家・八島義郎の『恋の大阪』など。
  9. ^ 長いスパンに渡ってじわじわと出荷枚数を伸ばした作品は、チャート上の売上枚数よりもはるかに多い枚数によって認定を得るケースがある。例:オリコン上では10万枚前後のセールスにとどまったが、2000年代にそれぞれトリプル・プラチナを獲得したニルヴァーナの『ネヴァーマインド』、ABBAの『ゴールド』など
  10. ^ オリコン上では200万枚を超えるセールスを記録したがリリース元が非会員であったために協会からいかなる称号も得ていないMONGOL800MESSAGE』、レコチョク2012年間6位・2013年間1位となり、2012年時点で着うた累計100万DLを突破したと報じられているものの(ゴールデンボンバー、今度は着信ムービーでも週間1位、BARKS、2012年4月19日 17:39)リリース元が非会員であったために協会からいかなる称号も得ていないゴールデンボンバーの『女々しくて』など。
  11. ^ マライア・キャリーデイドリーム』、DREAMS COME TRUEサンキュ.』、EXILE『EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜』など
  12. ^ (当時、邦楽80万枚、洋楽アルバム40万枚、洋楽シングル10万枚)
  13. ^ (当時、邦楽120万枚、洋楽アルバム60万枚、洋楽シングル30万枚)
  14. ^ (当時、邦楽160万枚、洋楽アルバム80万枚、洋楽シングル40万枚)
  15. ^ RIAJ: The Record No.524 (2003年7月): ゴールド・アルバム他認定基準改定のお知らせ”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2018年8月23日閲覧。
  16. ^ ミリオン認定数推移”. www.riaj.or.jp. 一般社団法人 日本レコード協会. 2018年8月22日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n トリプルP、120万
  18. ^ a b c d e f g h i クワドラプルP、160万
  19. ^ SRCS-2384
  20. ^ 音楽・テレビ・CM・映画 ここまでわかった100の謎 MUSIC 音楽編、『日経エンタテインメント!』1998年12月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)


「日本レコード協会」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本レコード協会」の関連用語

日本レコード協会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本レコード協会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本レコード協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS