勝訴ストリップとは?

勝訴ストリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/04 08:58 UTC 版)

勝訴ストリップ』(しょうそストリップ 英題:Shouso Strip[注 1]Winning Strip[1])は、2000年3月31日東芝EMI(当時)より発売された日本シンガーソングライター椎名林檎の2作目のスタジオ・アルバム。売上が250万枚を超え、ダブルミリオンを記録した。




注釈

  1. ^ ブックレット等には略称として「SS」と表記されている。
  2. ^ ピンク色の紙の外箱が付属。
  3. ^ 唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』収録のカバー曲「i wanna be loved by you」は「ストイシズム」より僅かに短い1分44秒。
  4. ^ 「唄ひ手冥利〜其ノ壱〜」収録のカバー曲「枯葉」は6分30秒と「依存症」より若干長い。
  5. ^ 実際に販売された物ではその箇所は歌われていないが、コンサートでは歌われており、「実演ツアー 下剋上エクスタシー」でも実際には歌っていたが、映像化に際してピー音で被せられている。またその車は「罪と罰」のミュージック・ビデオや、ミュージック・ビデオ集「性的ヒーリング〜其ノ弐〜」のエンドロール(本楽曲がBGMとして使用されている)に登場している。
  6. ^ 本人はドイツ語と勘違いしていた。

出典

  1. ^ SR猫柳本線 DISCOGRAPHY
  2. ^ 椎名林檎の記事まとめ”. 音楽ナタリー (2014年10月16日). 2018年4月16日閲覧。
  3. ^ 日本ゴールドディスク大賞. “ゴールドディスク大賞受賞者一覧”. 2012年2月22日閲覧。
  4. ^ 日本レコード大賞 (2000年). “第42回日本レコード大賞”. 2011年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月22日閲覧。
  5. ^ 椎名林檎、9月17日にDVD『座禅エクスタシー』を発売。TOKIOへの楽曲提供や「トップランナー」への出演など新展開が目白押し”. 『bounce』. TOWER RECORDS ONLINE (2008年7月11日). 2018年4月16日閲覧。
  6. ^ a b c 電脳RAT 10周年記念復活号June,2008『椎名林檎10周年記念作品Album「私と放電」&DVD「私の発電」ライナーノーツ』”. UNIVERSAL MUSIC. 2018年4月16日閲覧。
  7. ^ a b c 椎名林檎が見せつけた“プロ作家”としての本質と底力 『逆輸入』シリーズが示すもの”. Real Sound (2017年12月14日). 2018年4月16日閲覧。
  8. ^ a b c d e 電脳RAT (2003年2月20日). インタビュアー:ツダケン(unga! 編集部). “椎名林檎「勝訴ストリップ」”. 椎名林檎 15周年特設サイト (UNIVERSAL MUSIC.). https://sp.universal-music.co.jp/ringo/15th/special/plugin/013/013_1.htm 2018年4月16日閲覧。 
  9. ^ 電脳RAT/014『林檎ちゃん「勝訴ストリップ」全曲解説』”. UNIVERSAL MUSIC. 2018年4月16日閲覧。
  10. ^ a b 【発掘!流行り歌 徒然草】椎名林檎「ここでキスして。」(1999年) 年配には受け入れにくい「違和感」は大化けの予兆 デビュー秘話 (1/2ページ)”. ZAKZAK, 夕刊フジ (2016年6月7日). 2018年4月16日閲覧。
  11. ^ 椎名林檎の悦楽巡回. 1999年5月16日放送. 2015年12月4日閲覧。
  12. ^ 椎名林檎 『RINGO FILE 1998‐2008』 ロッキング・オン、2009年3月。ISBN 4860520793 


「勝訴ストリップ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勝訴ストリップ」の関連用語

勝訴ストリップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



勝訴ストリップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勝訴ストリップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS