罪と罰_(椎名林檎の曲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 罪と罰_(椎名林檎の曲)の意味・解説 

罪と罰 (椎名林檎の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 05:01 UTC 版)

罪と罰」(つみとばつ)は、日本のシンガーソングライター椎名林檎による楽曲。この楽曲は「ギブス」とともに椎名の2作目のスタジオ・アルバム勝訴ストリップ』からの先行シングルとして東芝EMIより2000年1月26日に日本で同時発売された。楽曲は「ここでキスして。」のリリース後に椎名が過労から化膿性炎症を発症し全ての活動を休止、自宅療養していた際に書かれた。音楽性としては1970年代風のロック・バラードであると指摘されており、椎名はこの楽曲を巻き舌と絶叫に近い掠れ声を用いて歌っている。更に楽曲にはゲスト・ミュージシャンとしてBLANKEY JET CITY(当時)の浅井健一ギターで参加している。




  1. ^ 丹生 & 2000年, p. 258
  2. ^ a b 丹生 & 2000年, pp. 188、189
  3. ^ a b c d ツダケン (2000年1月25日). “椎名林檎「ギブス」「罪と罰」インタビュー”. 電脳RAT/012. EMIミュージック・ジャパン. 2010年2月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 丹生 & 2000年, p. 250
  5. ^ a b ツダケン (1999年12月25日). “1月26日ニューマキシシングル2枚同時リリース”. 電脳RAT/011. EMIミュージック・ジャパン. 2010年2月18日閲覧。
  6. ^ 丹生 & 2000年, p. 244
  7. ^ a b SPECIAL INTERVIEW 椎名林檎 素敵な大人の人になりたい・・・(2000年3月号)”. BEA-NET. Big Ear Ants (1999年12月25日). 2010年2月18日閲覧。
  8. ^ a b c 『LAWSON TICKET』 2000年3月号
  9. ^ 丹生 & 2000年, p. 156
  10. ^ 丹生 & 2000年, p. 252
  11. ^ a b c 丹生 & 2000年, p. 253
  12. ^ a b 椎名林檎 / 勝訴ストリップ”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2010年2月18日閲覧。
  13. ^ makotoya : DISCOGRAPHY”. 誠屋. 2010年2月18日閲覧。
  14. ^ a b c 罪と罰”. JBOOK. 文教堂. 2010年2月18日閲覧。
  15. ^ 勝訴ストリップ”. JBOOK. 文教堂. 2010年2月18日閲覧。
  16. ^ ツダケン (2000年3月25日). “林檎ちゃん「勝訴ストリップ」全曲解説!”. 電脳RAT/014. EMIミュージック・ジャパン. 2010年2月18日閲覧。
  17. ^ 丹生 & 2000年, p. 251
  18. ^ 2000年02月第1週のシングルランキング情報”. オリコン. 2010年2月18日閲覧。
  19. ^ 2000年02月第2週のシングルランキング情報”. オリコン. 2010年2月18日閲覧。
  20. ^ a b 罪と罰/椎名林檎”. オリコン. 2010年2月18日閲覧。
  21. ^ “椎名林檎、5年半ぶりのソロ新曲は松潤主演ドラマ主題歌”. オリコン. (2009年3月16日). http://www.oricon.co.jp/news/music/64156/ 2010年2月18日閲覧。 
  22. ^ SPACE SHOWER TV|スペースシャワーTV|MUSIC VIDEO SEARCH”. スペースシャワーTV. 2010年2月18日閲覧。
  23. ^ SPACE SHOWER TV|スペースシャワーTV|MUSIC VIDEO SEARCH”. スペースシャワーTV. 2010年2月18日閲覧。
  24. ^ [DVD] 性的ヒーリング 〜其ノ弐〜”. Neowing. ネオ・ウィング. 2010年2月18日閲覧。
  25. ^ [DVD] 私の発電”. Neowing. ネオ・ウィング. 2010年2月18日閲覧。
  26. ^ a b 丹生 & 2003年, p. 173
  27. ^ a b c 丹生 & 2000年, p. 255
  28. ^ a b c d 丹生 & 2000年, p. 256
  29. ^ PV集『性的ヒーリング〜其ノ弐〜』 チャプター「爆破」 EMIミュージック・ジャパン. 2000年8月30日.
  30. ^ MVA 00”. mva.jp. スペースシャワーTV. 2010年2月18日閲覧。
  31. ^ ツダケン (1999年5月20日). “「先攻エクスタシー」ライブレポート”. 電脳RAT/005. EMIミュージック・ジャパン. 2010年2月18日閲覧。
  32. ^ 丹生 & 2000年, pp. 197、198
  33. ^ 丹生 & 2000年, pp. 276、278、279、281、282
  34. ^ 椎名林檎/下剋上エクスタシー [DVD]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2010年2月18日閲覧。
  35. ^ 椎名林檎/下剋上エクスタシー [VIDEO他]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2010年2月18日閲覧。
  36. ^ a b c 北條大介. “VIBE TOPICS 椎名林檎 ライヴレポート”. VIBE-NET.COM. VIBE. 2010年2月18日閲覧。
  37. ^ “[椎名林檎] NHK「お宝ショウ」が早くも再放送”. ナタリー (ナターシャ). (2007年3月14日). http://natalie.mu/music/news/11133 2010年2月18日閲覧。 
  38. ^ 第9回 ─ 〈ライジング〉復習編 Part.1 参加した3人が語る、石狩での2日間!!”. bounce.com. タワーレコード. p. 5 (2008年8月21日). 2010年2月18日閲覧。
  39. ^ 小池宏和 (2008年11月30日). “椎名林檎 @ さいたまスーパーアリーナ”. ro69. ロッキング・オン. 2010年2月18日閲覧。
  40. ^ DVD『Ringo EXPO 08EMIミュージック・ジャパン. 2008年11月30日
  41. ^ 椎名林檎、10周年記念ライブDVD発売決定”. オリコン (2009年1月9日). 2010年2月18日閲覧。
  42. ^ “椎名林檎、『SONGS』に2週連続で登場! 「罪と罰」など代表曲を”. TV LIFE. (2009年6月24日). http://www.tvlife.jp/news/090624_02.php 2010年2月18日閲覧。 
  43. ^ “GENERAL HEAD MOUNTAIN、椎名林檎「罪と罰」カヴァーを含む1stアルバムが登場!”. CDJournal.com (音楽出版社). (2008年6月6日). http://www.cdjournal.com/main/news/general-head-mountain/19378 2010年2月18日閲覧。 
  44. ^ GENERAL HEAD MOUNTAIN / 月かなしブルー”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2010年2月18日閲覧。
  45. ^ 罪と罰” (中国語). G-Music. 2010年2月18日閲覧。


「罪と罰 (椎名林檎の曲)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「罪と罰_(椎名林檎の曲)」の関連用語

罪と罰_(椎名林檎の曲)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



罪と罰_(椎名林檎の曲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罪と罰 (椎名林檎の曲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS