音楽雑誌とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 音楽雑誌の意味・解説 

音楽雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 02:01 UTC 版)

音楽雑誌(おんがくざっし)は、音楽と音楽文化を主なテーマとした雑誌である。この種の雑誌が典型的に収録している内容には、音楽ニュース、インタビュー、写真、エッセイ、レコード評、コンサート評などが含まれ、時には録音物を収めた媒体が付録とされることもある。




  1. ^ この記事で言及している音楽雑誌についても、『メロディー・メーカー』『NME』音楽新聞として言及している例や、同じく『NME』『サウンズ』『ビルボード』などを音楽紙として言及している例がある。
  2. ^ Melody Maker to merge with NME, BBC News, 15 December 2000.
  3. ^ FEATURE - Rocking to a new tune, Brand Republic, 23 October 2003.
  4. ^ BMG Magazine website”. BMG. 2013年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月2日閲覧。
  5. ^ a b 音楽雑誌の歴史:栄枯盛衰とオンライン化”. uDiscoverMusic. 2020年3月3日閲覧。
  6. ^ Sale, Jonathan (1996年1月4日). “Sixty years of hits, from Sinatra to ... Sinatra”. The Independent. https://www.independent.co.uk/life-style/sixty-years-of-hits-from-sinatra-to-sinatra-1322429.html 2020年3月3日閲覧。 
  7. ^ 朝山奈津子「1914 年までのドイツ語圏の音楽雑誌にみるベルギー表象」『弘前大学教育学部紀要』第122号、2019年、 67頁。“1815年のネーデルラント連合王国の成立から1830年のベルギー独立、1914年の第一次世界大戦に至る100年間は、ドイツ語圏で音楽雑誌が相次いで刊行されて情報の流通が活発化し ...” NAID 120006772476
  8. ^ ピアノの19世紀 06 都市のピアノ音楽風土記 ライプツィヒ その1”. 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ). 2020年3月3日閲覧。
  9. ^ Archiv: Diskutieren über das aktuelle Musikleben”. Neue Zeitschrift für Musik/SCHOTT MUSIC GmbH & Co KG. 2020年3月4日閲覧。
  10. ^ 佐野, 2004, p.16.
  11. ^ 佐野, 2004, pp.16-17.
  12. ^ 佐野, 2004, p25.:注9.
  13. ^ 堀内久美雄. “会社概要・沿革”. 音楽之友社. 2020年3月3日閲覧。
  14. ^ “ポップス史ガイド、続々と出版(アングル・あんぐる)”. 朝日新聞・夕刊: p. 17. (1988年7月21日). "日本はレコードの売上金額で世界第2位だが、音楽雑誌の数では恐らく第1位。ただし、いずれもいまの音楽の現状を共時的につかむものだ。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  15. ^ 「ADLIB」37年の歴史に幕 音楽雑誌「冬の時代」続く”. J-CAST (2010年3月26日). 2020年3月3日閲覧。
  16. ^ Geoghegan, Tom: Are free CDs killing music?, BBC News Magazine, 13 July 2007.


「音楽雑誌」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音楽雑誌」の関連用語

音楽雑誌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音楽雑誌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音楽雑誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS