音楽史とは?

音楽史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 16:15 UTC 版)

この項目では、音楽史(おんがくし)、すなわち音楽歴史について解説する。




  1. ^ 久保田慶一 他『はじめての音楽史』音楽の友社,1996年,p7
  2. ^ 平凡社『世界大百科事典』の「楽器」の項。
  3. ^ Musical behaviours and the archaeological record: a preliminary study by Ian Cross, Ezra Zubrow and Frank Cowan
  4. ^ デジタル大辞泉の解説-法螺貝。
  5. ^ 世界百科事典第二版の解説-錫杖。
  6. ^ 角川書店『新字源』‐武王の音楽の名。/金属製の楽器。の類。
  7. ^ たとえばクジラの場合、他の個体との情報交換の手段として「歌う」が、これを音楽としての認知能力を持っていると解釈できるわけではない。
  8. ^ ただし、動物における音楽の研究はほとんど進んでいない。「歌う」ことや、さらに汎用的と考えられる音楽的素養である「リズム」を、種別でどう認知されているかは不明であり、音楽が動物としてより普遍的な素質であるのかどうかも不明である。
  9. ^ Josh McDermott, Nature, 453, 287-288, 2008
  10. ^ 『知の逆転』(NHK出版新書 2012年)。
  11. ^ 墓石はエフェソスの近隣にあるトルコの都市アイドゥン(Aydın)近郊で発掘された。
  12. ^ オクシリンコス(エジプト)では発掘されたパピルスから発見
  13. ^ セナトル(Senator)は名前の一部であり、役職ではない。
  14. ^ 第二巻第五章が音楽の記述。
  15. ^ ポエティウス(524年以前)の「音楽教程」に次ぐ音楽理論書とされる。
  16. ^ 彩色線を使用した記譜法、微分律的な旋法の排除、グイドによるソルミゼーションなどの変革がみられる。
  17. ^ 当時、「大作曲家」の通称で知られる。
  18. ^ 「ホケトゥス」は、各声部が旋律内で交互に歌う技巧的な声楽曲。
  19. ^ ウルリヒ・ミシェルス編『図解音楽事典』角倉一朗 日本語版監修、白水社、1989年、ISBN 4-560-03686-1 の401頁では、1890年から1914年の第一次世界大戦勃発までを「世紀末」とし、ロマン派の最終段階としている。
  20. ^ 岡田暁生『西洋音楽史「クラシック」の黄昏』中央公論新社、199、200頁。
  21. ^ 『世界大百科事典』の「ポピュラー音楽」の項。
  22. ^ 『世界大百科事典』の「ポピュラー音楽」の項。
  23. ^ 『ポピュラー音楽の世紀』から。
  24. ^ 『世界大百科事典』の「ポピュラー音楽」の項。
  25. ^ 『世界大百科事典』の「ジャズ」の項。
  26. ^ 『ポピュラー音楽の世紀』から。
  27. ^ 『Encarta2005』の「アメリカ音楽」の項。
  28. ^ 『ポピュラー音楽の世紀』および『Encarta2005』の「ポピュラー音楽」の項。
  29. ^ 『世界大百科事典』の「カントリー・ミュージック」の項、『Encarta2005』より「カントリー・アンド・ウエスタン」の項。
  30. ^ 『世界大百科事典』の「黒人霊歌」の項。
  31. ^ 『世界大百科事典』より「ゴスペル・ソング」の項。
  32. ^ 『世界大百科事典』の「ブルース」の項。
  33. ^ この項は全般に『世界大百科事典』と『Encarta2005』の「ポピュラー音楽」の項による。
  34. ^ 『ポピュラー音楽の世紀』より。
  35. ^ 『Encarta2005』の「ボードビル」の項。
  36. ^ この項はその多くを『世界大百科事典』と『Encarta2005』の「ジャズ」の項に負っている。そうでない記載について出典を示す。
  37. ^ 『Encarta2005』の「アメリカ音楽」の項。
  38. ^ 『Encarta2005』の「アメリカ音楽」の項。
  39. ^ 『Encarta2005』の「吹奏楽」の項。
  40. ^ 『世界大百科事典』の「吹奏楽」の項。
  41. ^ 『世界大百科事典』の「吹奏楽」の項。
  42. ^ 『世界大百科事典』の「カントリー・ミュージック」、『Encarta2005』の「カントリー・アンド・ウエスタン」の項より
  43. ^ 『世界大百科事典』の「ヒルビリー」の項
  44. ^ 『世界大百科事典』の「レコード」の項。
  45. ^ AM放送によるもの。最初のニュースは大統領選挙の情報で、ハーディングの当選を伝えた。
  46. ^ 『世界大百科事典』の「映画音楽」「ミュージカル映画」、『Encarta2005』の「映画音楽」の項より
  47. ^ 『Encarta2005』の「ポピュラー音楽」の項、『大百科事典』の「クルーナー」の項。
  48. ^ この項の多くを『世界大百科事典』『Encarta2005』の「ロック」の項に負う。
  49. ^ 『世界大百科事典』の「ポピュラー音楽」の項。
  50. ^ 『世界大百科事典』の「ジャズ」の項。
  51. ^ 『Encarta2005』の「ユーロ・ポップ」の項。
  52. ^ 『Encarta2005』の「日本の流行歌」の項。
  53. ^ History of Rock Music in Russia http://www.russia-ic.com/culture_art/music/380/、Beat and Rock Music in Hungary http://www.ce-review.org/00/12/bladerunner12.htmlなど
  54. ^ 『Encarta2005』の「ユーロ・ポップ」の項。
  55. ^ http://www.3on3live.biz/kiso/cdsales.html
  56. ^ https://www.sankei.com/entertainments/news/170822/ent1708220002-n1.html
  57. ^ 3人とも、2億枚を超えるCD売上枚数を誇っている。http://the-musicbox.net/best_selling_artists_1.html
  58. ^ 洋楽情報サイト~MUSIC BOX~00年代(2000年~2009年)のアーティスト・ランキング!!!http://the-musicbox.net/artists_of_the_decade_2000s.html
  59. ^ 「エミネムのすべて~ラップ&ヒップホップ」の「貢献」のページ。http://www.eminemfans.info/contents/kouken.htm明らかにエミネムの応援ページであるのに「リスナーは(中略)賞賛と罵声を一気に浴びせました。」「アンチ・エミネム勢力も大きな広がりを持っている」などの表現が見られ、一般的なカリスマのような広範な支持ではないことがわかる。
  60. ^ https://gigazine.net/news/20171023-mathematical-genius-of-auto-tune/
  61. ^ https://www.vocaloid.com/
  62. ^ 東京音楽大学シラバス「ポピュラー音楽II」http://www.tokyo-ondai.ac.jp/gaiyou/shirabasu/2016contents/p180.pdf
  63. ^ 史記「聴葛天氏之歌、千人唱、万人和、山峰為之震動、川洛為之蕩波」





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音楽史」の関連用語

音楽史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音楽史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音楽史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS