電子音楽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 音楽 > 電子音楽の意味・解説 

でんし‐おんがく【電子音楽】

シンセサイザーなど電子回路によって作り出された音を素材とする音楽狭義には、第二次大戦後ドイツシュトックハウゼンらが創始した、電子音変形編集などによって作られた音楽をさす。


電子音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 06:55 UTC 版)

電子音楽(でんしおんがく)は、現代音楽の一種としてスタートし、その後商業音楽や実験音楽や即興音楽に幅広い影響を与えた音楽の一ジャンルである。21世紀に入ってからも音楽大学やIRCAMなどの研究所をはじめ、正規の教育を授ける機関は多いが、一方でインディペンデント系のアーティストも多い。




  1. ^ http://wired.jp/tag/synthesizer/
  2. ^ Derek Holzer, Sara Kolster. “TONEWHEELS” (英語). 2009年7月8日閲覧。
  3. ^ 無線と実験』誌1931年(昭和6年)4月号に記事がある。『復刻ダイジェスト版 無線と実験』( ISBN 4-416-18713-0 )29頁に同号の、『國産電氣樂器』というタイトルの付いた写真頁が再録されており、電気三味線を試す石田一治の写真と、濱地常康による鍵盤楽器の写真が見られる
  4. ^ “一時代を畫する新樂器完成 – 濱松の靑年技師山下氏”. 報知新聞. (1935-06-08 (昭和10)). http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=00078861&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1&LANG=null 
  5. ^ http://www.karlheinzstockhausen.org/
  6. ^ 高橋秀俊『電子計算機の誕生』 p. 155
  7. ^ クリストファー・ストレイチーの記事(1951年)や、IBM 1401#IBM 1401 から生まれた芸術などを参照。文献ではスティーブン・レヴィー(w:Steven Levy)の『ハッカーズ』には、TX-0の例(p. 19~26)、PDP-1の例(p. 54~55)、Altair 8800 がラジオに与える妨害ノイズを利用した例(p. 270~273、ページ番号はいずれも邦訳版)が載っている。なんらかの手段で音階を表現できるのであれば、音楽が演奏されてきた。
  8. ^ http://www.allmusic.com/style/dark-ambient-ma0000011972





電子音楽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子音楽」の関連用語

電子音楽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子音楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS