マッシュアップとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > マッシュアップの意味・解説 

マッシュアップ

【英】mashup

マッシュアップとは、IT用語としては、複数異な提供元技術コンテンツ複合させて新しサービス形作ることである。複数API組み合わせ形成された、あたかもひとつのWebサービスあるかのような機能が、マッシュアップと呼ばれている。

「マッシュアップ」(MashUp)とは「混ぜ合わせる」というほどの意味である。もともとは音楽関係の業界でよく用いられてきた。まったく何もない状態から創造するのではないが、すでに在るものを用いて再び新しいものを創生する、というニュアンスがある。リミックス曲などがマッシュアップに相当する。

Web技術におけるマッシュアップは、「Web 2.0」の潮流とともに非常に盛んになった。その背景としては、Amazon.comGoogleFlickrYouTubeといった、いわゆるWeb 2.0企業が、自社Webサービス機能APIとして無償提供する事例が増えたという点を挙げることができる。それに伴いAPI利用して複合的な機能を持ったWebサービス開発することが可能となり、Web可能性が広がった、というわけである。マッシュアップで構成されたサービスは、腕試し的に作成されたものもあれば、商用サービスとして本格的運営されているものもある。

マッシュアップとして生み出されるWebサービス内容は様々で、地図表示郵便番号データを対応させるものから、あるキーワードについて議論しているブログショッピングサイト関連製品同時に表示させるものまで様々である。ユニークなものでは、自分他人ファーストキスをした記念の場所とエピソードを登録・閲覧することのできるサービスや、地図情報連動させてお店観光地口コミ投稿するサービスなどがある。なお、マッシュアップ用のAPIとして代表的なものとしては、Google Maps地図情報などを挙げることができる。


参照リンク
Yahoo! Pipes - (Yahoo!提供するマッシュアップツール)
Microsoft Popfly - (Microsoft提供するマッシュアップツール)
Google Maps API について - (Google Code
ChaMap - Enjoy Geo Communication! - (Mashup Awards 4 最優秀賞サービス
Newsgraphy - (ニュース地図状に表示するサービス例)
Flowser On Amazon - (Amazon商品Web状に表示するサービス例)
Web2.0のほかの用語一覧
Web2.0の技術:  JSON  JSONP  クリエイティブコモンズ  マッシュアップ  メタバース  OpenID  Ruby on Rails

マッシュアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/23 04:12 UTC 版)

マッシュアップ(: Mashup)とは2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出して、それらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。バスタードポップ(bastard pop)とも言う。




  1. ^ http://www.theguardian.com/culture/2002/feb/27/artsfeatures
  2. ^ http://www.billboard.com/music/m-a-r-r-s
  3. ^ ナード向けに特化した、またはその要素を含むハードコアなテクノ
  4. ^ 「日経エンタテイメント2008年7月号」に本人によるブームに対するコメントあり。


「マッシュアップ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マッシュアップ」の関連用語

マッシュアップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マッシュアップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマッシュアップの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマッシュアップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS