ポップ・ミュージックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ミュージック > ポップ・ミュージックの意味・解説 

ポップ‐ミュージック【pop music】

読み方:ぽっぷみゅーじっく

一般に広く聴かれている軽音楽ポップス

「ポップ‐ミュージック」に似た言葉

ポップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/26 06:17 UTC 版)

ポップ・ミュージック: pop music)とは、1950年代から1960年代にかけて西洋ロックンロールから派生して現代的形態で始まったポピュラー音楽ジャンルの1つ。「ポピュラー音楽」と「ポップ・ミュージック」はしばしば同義で扱われ、「ポピュラー音楽」は人気がある全ての音楽を指すと定義される。


注釈

  1. ^ 引用:“Madonna helped make MTV as much as [MTV] helped make her, says Mark Bego, author of Madonna: Blonde Ambition..[4]

出典

  1. ^ R. Serge Denisoff、William L. Schurk、Tarnished Gold: the Record Industry Revisited (Transaction Publishers〈3rd edn〉、1986年)、pp. 2–3.
  2. ^ a b c d e S. Frith、W. Straw、J. Street共編著、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp. 95–6.
  3. ^ S. Frith, "Pop music", in S. Frith, W. Straw and J. Street共編著、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp. 95–6.
  4. ^ a b c T. Warner, Pop Music: Technology and Creativity: Trevor Horn and the Digital Revolution (Ashgate、2003年)、pp. 3–4.
  5. ^ W. Everett、Expression in Pop-rock Music: A Collection of Critical and Analytical Essays (テイラーアンドフランシス、2000年)、p. 272.
  6. ^ Winkler, Peter、"Toward a theory of pop harmony"、In Theory Only [Vol. 4]、(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance、1978年)、pp. 3–26.
  7. ^ J. Simpson and E. Weiner、Oxford English Dictionary (オックスフォード大学出版局、1989年)、参照:"pop".
  8. ^ D. Hatch and S. Millward、From Blues to Rock: an Analytical History of Pop Music (Manchester University Press)、p. 49.
  9. ^ a b Kenneth Gloag in The Oxford Companion to Music (オックスフォード大学出版局、2001年)、p. 983.
  10. ^ Christopher P. AndersenMJ Michael Jackson: unauthorized (Simon & Schuster、1994年)、p. 215.
  11. ^ R Jones and S. Brown、Michael Jackson, the man behind the mask: an insider's story of the king of pop (Select Books、2005年)、p. 49.
  12. ^ J. Kun、Audiotopia: Music, Race, and America (University of California Press、2005)、p. 201.
  13. ^ "Star profiles" in S. Frith, W. Stray and J. Street、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局、2001年)、pp. 199–200.
  1. ^ Bill Lamb. “What Is Pop Music?” (英語). Top 40 & Pop Music. About.com. 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ R. Middleton, et al.、"Pop"Grove music online、2010年3月14日閲覧。(要購読契約)
  3. ^ "Pop"、The Oxford Dictionary of Music、2010年3月9日閲覧。(要購読契約)
  4. ^ Joshua Rich (1998年11月20日). “Justify My Love was too raunchy in 1990” (英語). EW.com. エンターテインメント・ウィークリー. 2015年10月16日閲覧。
  5. ^ a b c MTV changed the music industry on August 1, 1981” (英語). CNN (1998年7月31日). 2015年10月16日閲覧。
  6. ^ a b c d D. Buckley、"Pop" "II. Implications of technology"、Grove Music Online、2010年3月15日閲覧。(要購読契約)
  7. ^ a b P. Manuel、"Pop. Non-Western cultures 1. Global dissemination"、Grove Music Online、2010年3月14日閲覧。(要購読契約)
  8. ^ Brad Washington (2012年2月21日). “The Quality Of Popular Music Has Declined” (英語). Starpulse.com. 2015年10月16日閲覧。
  9. ^ Mark Steyn (2011年9月3日). “A Tale of Two Declines” (英語). National Review Online. 2014年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。
  10. ^ Makayla Cisneros (2012年10月16日). “As industry dies, music declines” (英語). DU Clarion. 2015年10月16日閲覧。
  11. ^ Foo Fighters’ Dave Grohl Blames Declining Sales On Lack Of Talent” (英語). Live4ever Media (2011年9月14日). 2015年10月16日閲覧。
  12. ^ Mark Mulligan (2013年2月14日). “The Decline and Fall of the Top 10” (英語). M{2e}. 南カリフォルニア大学. 2015年10月16日閲覧。
  13. ^ Derek Thompson (2013年2月26日). “Music Sales Are Growing For the First Time This Century: Here's Why” (英語). The Atlantic. The Atlantic Monthly Group. 2015年10月14日閲覧。
  14. ^ Digital Music Report 2014 (PDF)” (英語). IFPI (2014年). 2015年10月14日閲覧。
  15. ^ ロバート・クリストガウ (2014年7月24日). “Anti-Rockism’s Hall of Fame” (英語). The Barnes & Noble Review. バーンズ・アンド・ノーブル. 2015年10月16日閲覧。
  16. ^ ロバート・クリストガウ (2014年7月24日). “Anti-Rockism's Hall of Fame” (英語). ロバート・クリストガウ. 2015年10月16日閲覧。


「ポップ・ミュージック」の続きの解説一覧

ポップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/03 13:01 UTC 版)

デレク・ワトキンス」の記事における「ポップ・ミュージック」の解説

エリック・クラプトンエルトン・ジョンフランク・シナトラバーブラ・ストライサンドビートルズなど多くのアーティスト共演

※この「ポップ・ミュージック」の解説は、「デレク・ワトキンス」の解説の一部です。
「ポップ・ミュージック」を含む「デレク・ワトキンス」の記事については、「デレク・ワトキンス」の概要を参照ください。


ポップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 14:20 UTC 版)

エヴァン・パーカー」の記事における「ポップ・ミュージック」の解説

彼はまた、ポップ・ミュージックの文脈にあるグループにも参加してきた。スコット・ウォーカーアルバムClimate of Hunter』や、ジャー・ウォブルとのダブアルバムに、冒険的なドラムンベースデュオであるスプリング・ヒール・ジャック、そしてロック・グループスピリチュアライズド参加している。彼は、ヴィック・リーヴスとワンダー・スタッフによる英国ナンバーワン・ヒット曲「Dizzy」のBサイド参加し、「Oh, Mr Songwriter」(テレビ番組Vic Reeves Big Night Out」のエンディング・テーマ曲基づく曲)でサックス演奏した。サックス・ソロのあるところで、ヴィックが「まとめてくれ、パーカー! (Pack it inParker!)」と叫ぶのを聴くことができる。 パーカーまた、ロバート・ワイアットとのレコードにおいて特筆値する参加をしている。

※この「ポップ・ミュージック」の解説は、「エヴァン・パーカー」の解説の一部です。
「ポップ・ミュージック」を含む「エヴァン・パーカー」の記事については、「エヴァン・パーカー」の概要を参照ください。


ポップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:16 UTC 版)

頌歌」の記事における「ポップ・ミュージック」の解説

Ode to Don Joseアート・オブ・ノイズ。『イン・ノー・センス?ナンセンス!』収録1987年Ode to Chinスウィッチフットen:Switchfoot)。『The Legend of Chin収録1997年Ode to Star L23(ウィー・アー・サイエンティスツen:We Are Scientists)。『Safety, Fun, and Learning収録2002年Ode to Billie Joe(ボビー・ジェントリー(en:Bobbie Gentry)。『Ode To Bobbie Gentry - The Capitol Years収録2000年) オードゥ・トゥ・マイ・ファミリー(Ode to my Family)(クランベリーズ。『ノー・ニード・トゥ・アーギュ』収録1994年) オード・トゥ・サマー(Ode To Summe)(ロストプロフェッツ。『ザ・フェイク・サウンド・オヴ・プログレス』収録Ode to Serotonin(ナイトメア・オブ・ユー(en:Nightmare of You)。『Nightmare of You』収録2005年Ode to My CarScott Chiesa) アン・オード・トゥ・ノー・ワン(An Ode to No-one)(スマッシング・パンプキンズ。『メロンコリーそして終りのない悲しみ収録1995年Ode to the Sun(ドレッジ(en:Dredg)。『Catch Without Arms収録2005年) アン・オード・トゥ・メイビー(An Ode to Maybe)(サード・アイ・ブラインド。『ブルー収録1999年Ode to Ochrasy(マンドゥ・ディアオアルバムOde to Divorceレジーナ・スペクター。『Soviet Kitsch収録2005年Ode to a Grasshopperジム・モリソンHollywood Bowlでのドアーズコンサートで『ジ・エンド』の中に即興で盛り込まれ歌詞1968年Ode of a BikeOverloadOde To Silence(キスチェイシー。『Fire In The Breeze収録2004年) オウド・トゥ・オーレン・イシイ(Ode 2 Oren Ishii)(RZA映画キル・ビルの中の曲。オーレン石井登場人物の名前Ode To A Superheroアル・ヤンコビックビリー・ジョエルの『ピアノ・マン』のパロディミルクMilk (Ode to Billy))アンスラックス。『アタック・オブ・ザ・キラー・ビーズ!!』に収録1997年Ode to Clarissaクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)\ニック・オリヴェリ(en:Nick OliveriOde to FreedomABBA)(ヴォヤージ || Voyage収録2021年

※この「ポップ・ミュージック」の解説は、「頌歌」の解説の一部です。
「ポップ・ミュージック」を含む「頌歌」の記事については、「頌歌」の概要を参照ください。


ポップミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:28 UTC 版)

YASUSHI WATANABE」の記事における「ポップミュージック」の解説

アイドリング!!! 「HoRoRi」(作詞・作曲・編曲AFTERSCHOOLSLOW LOVE」(作曲編曲)・・・アイフルホームCMソングReady to love」(作曲編曲) 嵐 「Disco Star」(作曲) 「Fly」(作曲Ange et Folletta 「ChaChaChakka」(作曲編曲サウンドプロデュース) 「Girl’s Only」(作曲編曲サウンドプロデュース) 「MirrorbowRainbow」(作曲編曲サウンドプロデュース) 「selfish cat」(作曲編曲サウンドプロデュース石井里佳 「LOVE」作曲編曲板野友美 「ふいに」(作曲編曲)…サマンサタバサSamantha Vega板野友美』スペシャルコラボCMソング AKB48野蛮な求愛」(作曲編曲SKE48石榴の実憂鬱が何粒詰まっている?」(作曲編曲HKT48真っ赤なアンブレラ」(作曲編曲小野大輔宇宙時代Discotheque」(作曲編曲) 「だいすき -UP STAIRS Remix-」(編曲ORANGE CARAMELラムのラブソング」(編曲) 「クッキークリームミント」(作曲編曲) 「赤いくつ」(作曲) 「すっぱい葡萄」(作曲編曲河口恭吾心の瞳」(編曲)『もしも明日が三木たかしトリビュート~』収録 カントリー・ガールズ恋はマグネット」(作曲編曲Kis-My-Ft2OvertureMusic Colosseum〜」(作曲編曲℃-ute羨んじゃう」(作曲編曲) 「即 抱きしめて2012神聖なるVer.)」(編曲剛力彩芽相合傘」(作詞・作曲・編曲サウンドプロデュース)・・・「第3回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール規定曲 「ナナイロ7days」(作詞・作曲・編曲「15」作詞・作曲・編曲サウンドプロデュースサーターアンダギーThe Main Event」(作詞・作曲・編曲CNBLUEFoxy」(編曲サウンドプロデュース柴咲コウサヨナラブ」(作曲編曲)・・・映画嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん主題歌ルージュの伝言」(編曲)・・・映画嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん挿入歌アイネクライネ」(作曲編曲JAMOSABABY」(作曲編曲ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ 「Unnostalgia」(作曲編曲JYHello Mr.」(共作詞・作曲編曲)(作詞JY共作篠崎愛想い出溜息」(作曲編曲) 「PepperMint」(作詞・作曲・編曲鈴木愛理 「たぶんね、」(作曲編曲) 「私のそばで」(共作詞・作曲編曲)(作詞森村メラ共作) 「Easy To Smile」(作曲編曲すとぷりParty Light」(作詞・作曲・編曲ななもり。×ジェル×さとみ(すとぷり)脳内ピエロ」(作曲編曲スマイレージ (現・アンジュルム) 「スマイレージシングルス 激ヤバリミックス」(編曲田村ゆかりLe paradis (ル・パラディ)」(作曲編曲) 「Sweet Trap」(作曲編曲TiaraDon't Stop」(作曲編曲10神ACTORChase Your Dream」(作詞・作曲東京パフォーマンスドールLovely Lovely」(共作詞・作曲編曲) 「Starship Flight」(作曲編曲TrignalWe are Trignal!!!」(作曲編曲Dream 「FantAStrip」(作曲Mai NakaharaHidden emotions」(作曲編曲NORDLevel Up!」(作詞・作曲・編曲乃木坂46ごめんね、スムージー」(作曲編曲BudLaBRakuen」(編曲サウンドプロデュース) 「SweetSea」(作曲編曲ハロプロ研修生ユニットGo Your Way」(作曲編曲VANNESS 「Every Moment」(作曲編曲) 「Endless Dance」(作曲編曲PINK CRES. 「ラスラブ」(作曲編曲petit milady 「アップルパイ・ア・ラ・モード」(作曲PrizmaXLets prove it!!」(作曲編曲) FUNCTION6ch 「6STEP」(作詞・作曲・編曲FAREWELL, MY L.u.v7DAYS FOCUS」(作詞・作曲・編曲サウンドプロデュース) 「NAGOYA ZOO」(作詞・作曲・編曲サウンドプロデュース) 「gloomy girl」(作曲編曲サウンドプロデュース「Good Day」作曲編曲サウンドプロデュース) 「UP↑DOWN↓」(作曲編曲サウンドプロデュース) 「ByByByE」(共作詞・作曲編曲サウンドプロデュース) 「HAPPY LIGHT」(作詞・作曲・編曲サウンドプロデュース) 「obsession」(作詞・作曲・編曲サウンドプロデュース「GOLD」作詞・作曲・編曲サウンドプロデュースFlower紫陽花カレイドスコープ」(作曲編曲FlowBack 「A.N.L」(作曲Berryz工房世界で1番大切な人」(編曲MariaDeep into you」(作曲編曲)・・・TBS系列COUNT DOWN TV3月エンディングテーマGOODBYE GOODDAY」(作曲編曲)・・・TBS系列王様のブランチ2・3エンディングテーマDaily Life With You」(作曲編曲) 「愛をちょうだい」(共作曲編曲)(作曲西尾芳彦共作) 「Weed Flower」(作曲編曲) 「love again? feat.童子-T」(作曲編曲宮野真守スーパーノヴァ」(作曲編曲やついいちろう純情エクスタシィ(危険日チャレンジガールズ! feat.Negicco)」(編曲山崎育三郎高校三年生」(編曲) 「Relight My Fire」(編曲UNIONECreamy Love」(作曲編曲) 「Hello, Brand-New World」(作曲編曲Yeo HeeGO!GIRL」(共作曲編曲Lead 「one more side」(作詞・作曲・編曲) 「come along」(作詞・作曲・編曲LinQ 「CHIKU-TAKU」(作詞・作曲・編曲「カラフルデイズ」作曲編曲) 「FRIEND」(作詞・作曲・編曲) 「Ding Dong」(作曲編曲) 「カラフルデイズ - HAKATA Track -」(作曲編曲ROZEPIPIPAL」(作詞・作曲・編曲) 「LINER」(作曲編曲渡辺美優紀 「Cheek-tic-Cheek」(作詞・作曲・編曲) 「Fly With Your Dream」(作詞・作曲・編曲) 「invitation」(作詞・作曲・編曲

※この「ポップミュージック」の解説は、「YASUSHI WATANABE」の解説の一部です。
「ポップミュージック」を含む「YASUSHI WATANABE」の記事については、「YASUSHI WATANABE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ポップ・ミュージック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ポップ・ミュージック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ポップ・ミュージックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポップ・ミュージック」の関連用語

ポップ・ミュージックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポップ・ミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポップ・ミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデレク・ワトキンス (改訂履歴)、エヴァン・パーカー (改訂履歴)、頌歌 (改訂履歴)、YASUSHI WATANABE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS