中島みゆきとは? わかりやすく解説

中島みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/04 04:29 UTC 版)

中島 みゆき(なかじま みゆき、1952年昭和27年〉2月23日[2] - )は、日本シンガーソングライターラジオパーソナリティ北海道札幌市出身[2]。本名は中島 美雪(読み同じ)。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。公式ファンクラブ名は『なみふく』。


注釈

  1. ^ 音源化はされていないが、2007年1月1日の「STVラジオ ミュージックBOX」で放送された
  2. ^ このLP音源はCD化されておらず、当時売れなかったこともあり非常に貴重で、オークションでは高価な価格で取引されている。
  3. ^ LA-LA-LA」は初めて他者へ提供した作品である。
  4. ^ はじめまして』から『中島みゆき』まで。
  5. ^ 2曲とも作曲は後藤次利
  6. ^ 2013年現在この記録を保持しているのは松任谷由実の『日本の恋と、ユーミンと。』。
  7. ^ 岩波文庫をもじって山波文庫(ヤマハ文庫)と表記したため。
  8. ^ ツアー終了後は、中島に関する最新情報を伝えるスタッフ公式Twitterとなった
  9. ^ 「MUGO・ん…色っぽい」 - “ん、色っぽい”(カネボウ化粧品)と、「きっと愛がある」 - “アイがある”(三菱電機「霧ヶ峰」)
  10. ^ シングルのリリースは2000年
  11. ^ あわせ鏡」「友情」「夜曲」「B.G.M」の4曲。
  12. ^ a b c d e f 順位はいずれもオリコンチャートによる最高順位。
  13. ^ 中島みゆき with スティービー・ワンダー名義
  14. ^ a b c d e f g h i j k ヤマハミュージックコミュニケーションズから再発売。
  15. ^ a b c d e f g h i j APOは、アモルファスポリオレフィン (Amorphas Poly Olephein) を基盤材料に使用していたCDであり、ライナーノーツでは「APO方式スーパーCD」と表記されていた。中島以外では、小比類巻かほるCHAGE&ASKAなどがAPO盤がリリースされている。
  16. ^ LP盤はA面がM-1〜6、B面がM-7〜10となっている。
  17. ^ LP盤はA面がM-1〜5、B面がM-6〜10となっている。
  18. ^ LP盤は2枚組で、1枚目のA面がM-1〜4、B面が未収録、2枚目のC面がM-5〜8、D面がM-9~10となっている。
  19. ^ LP盤はA面がM-1〜5、B面がM-6〜10となっている。またCDで収録されているTV-MIX(カラオケ)曲は未収録である。
  20. ^ 限定生産発売である。
  21. ^ 「アザミ嬢のララバイ」から「かなしみ笑い」までは7A-0264から順番に7A-0271までで、後は当時の現行EPと同じ番号となっている。
  22. ^ その後90年代に入り、各アルバムのCD再発売を経て、1997年に新たに通販限定でCD-BOXを発売とともに製造中止された。
  23. ^ a b c d e 通販限定発売。
  24. ^ 現在は販売を終了して廃盤である。
  25. ^ 発売当時はポニーキャニオンがヤマハミュージックコミュニケーションズの商品も営業していた為、ヤマハミュージックコミュニケーションズから発売された作品も含まれた。
  26. ^ 誕生日設定があり、誕生日には中島本人の肉声によりお祝いのメッセージが流れる。
  27. ^ 主に中国、香港、台湾のアーティストがカバーした曲を集めたオムニバスアルバムである。
  28. ^ この予選通過後、中島は、札幌中島スポーツセンターで行われた「全道大会」と東京日比谷野外音楽堂の「全国大会」では「あたし時々おもうの」を歌っている。
  29. ^ a b c d アルバム用にリメイクされている。
  30. ^ CMには中島本人が出演し、2000年まで放映された。
  31. ^ 中島本人も女医役で第2話と最終話に出演。
  32. ^ CMには中島本人が出演し、1995年まで放映された。
  33. ^ 元々は「夜会」のテーマソングである。
  34. ^ 起用された話数は、第1話 - 第4話、第10話 - 最終話。
  35. ^ 起用された話数は、第5話 - 第9話。
  36. ^ 中島本人も「糸占い」の占い師役として出演
  37. ^ Eテレ版では第4話
  38. ^ 元々は「夜会VOL.13 24時着 0時発」の挿入歌である。
  39. ^ DVD版では版権元の管理の関係で「悪女」は収録されておらず、別のBGMに変更されている。
  40. ^ 中島本人も清掃員で第1話に出演。
  41. ^ タイトルは「強がりはよせ
  42. ^ a b その時のタイトルは「ふられた気分」(がない)。研も1982年に30thシングルとして、このタイトルでリメイクした。
  43. ^ タイトルは「サヨナラを伝えて」
  44. ^ 中島がセルフカバーするにあたって、タイトルを変更してリリースされた。
  45. ^ 日本盤のボーナストラックに収録している。
  46. ^ さだまさしとのデュエットで収録されている。
  47. ^ 「人間」はアルバム収録にあたり、詞を自ら書き直しタイトルも「清流」に変更して収録されている。
  48. ^ このアルバムはavex ioからの発売だが、2021年に日本コロムビアから録り直しで、シングル発売された。
  49. ^ 車椅子に乗るのは本作の脚本家倉本聰である。
  50. ^ 黒部ダムから中継歌詞を間違えたことも有名。
  51. ^ 12年ぶりに紅白歌合戦に出場。NHK放送センター・CT-101スタジオから中継され、「マッサン」に出演した玉山鉄二シャーロット・ケイト・フォックスの2人と共演した。

出典

  1. ^ 中島みゆき(ナカジマミユキ)の情報まとめ”. OKMusic. OKWAVE. 2021年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 『DJ名鑑 1987』三才ブックス、1987年2月15日、12頁。NDLJP:12276264/7 (要登録)
  3. ^ "中島みゆきさんのルーツ岐阜に 祖父の生誕地・本巣市に胸像". 岐阜新聞. 2022年10月24日. 2023年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月18日閲覧
  4. ^ 第9回 ポピュラーソングコンテスト”. ヤマハ音楽振興会. 2021年8月27日閲覧。
  5. ^ 第10回 ポピュラーソングコンテスト”. ヤマハ音楽振興会. 2021年8月27日閲覧。
  6. ^ 第6回 世界歌謡祭”. ヤマハ音楽振興会. 2021年8月27日閲覧。
  7. ^ 大バッシング ギター1本の「時代」に秘めた思い”. 歌っていいな. 日刊スポーツ (2021年1月10日). 2021年11月15日閲覧。
  8. ^ 中島みゆきと坂本龍一のコラボを再発見”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2018年1月17日). 2021年8月27日閲覧。
  9. ^ 第22期国語審議会”. 文化庁. 2020年5月8日閲覧。
  10. ^ “中島みゆきが『プロジェクトX』のフィナーレに花を添える”. oricon news. (2005年12月28日). https://www.oricon.co.jp/news/7369/full/ 2020年5月8日閲覧。 
  11. ^ 秋の褒章、中島みゆきさんら受章 678人、24団体”. 47NEWS (2009年11月2日). 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月23日閲覧。
  12. ^ 井沢真 (2009年11月2日). “秋の褒章 678人・24団体”. 毎日新聞 (毎日新聞): p. 24 
  13. ^ “中島みゆきは岡田麿里推し!『アリスとテレスのまぼろし工場』主題歌”. アニメージュプラス (株式会社徳間書店). (2023年6月29日). https://animageplus.jp/articles/detail/52572 2023年7月14日閲覧。 
  14. ^ 中島みゆき、自身初のアニメ作品主題歌を担当!“この台本、好きです!””. OKMusic. OKWAVE (2023年6月29日). 2023年7月14日閲覧。
  15. ^ 谷川俊太郎『詩を書くということ』p.88
  16. ^ 水内喜久雄『あなたと読みたい詩の本 恋日和』など。
  17. ^ IN 吹奏楽の解説より
  18. ^ 『松任谷由実『金スマ』中島みゆきや井上陽水との“意外な交流”を告白”. デイリーニュースオンライン (2020年11月30日). 2021年12月20日閲覧。
  19. ^ 以中島美雪之名。 台湾蘋果日報, 2003年12月11日。(中国語)
  20. ^ 雨月の使者”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  21. ^ わが家の歴史”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  22. ^ 親愛なる者へ”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  23. ^ いよいよヒートテックシーズン到来!新TVCM第1弾「あったかいは力だ。」10月19日よりオンエア ヒートテックが今年も日本をあたためる”. UNIQLO (2020年10月19日). 2021年2月5日閲覧。
  24. ^ 家なき子(1)”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  25. ^ まばたきの海に 美少女葵・心の旅”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  26. ^ 家なき子2”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  27. ^ 海峡を渡るバイオリン”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  28. ^ はみだし刑事情熱系(1)”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  29. ^ はみだし刑事情熱系(2)”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  30. ^ a b 聖者の行進”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  31. ^ EXILE黒木啓司の映画初主演作「クロスロード」、フィリピンでの交流つづる予告編 | 映画ナタリー”. 映画ナタリー (2015年8月11日). 2015年8月13日閲覧。
  32. ^ a b “『新プロジェクトX』中島みゆき継続 「新・地上の星」&「ヘッドライト・テールライト」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2024年3月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2318282/full/ 2024年3月13日閲覧。 
  33. ^ Dr.コトー診療所”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  34. ^ 新春ドラマスペシャル Dr.コトー診療所 特別編・第1夜 第2夜”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  35. ^ 2夜連続ドラマSP Drコトー診療所・2004 「~前編~待望の最新作!親子愛・夫婦愛・家族の絆・コトーを襲う新たな試練、~後編~愛する人を襲う突然の病魔 その時…家族愛・夫婦愛・親子の絆・切なく優しい涙の別れ!」”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  36. ^ Dr.コトー診療所2006”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  37. ^ 新春特別ドラマ 女の一代記 向井千秋~夢を宇宙に追いかけた人~”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  38. ^ 松本清張 けものみち”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  39. ^ 開局60周年記念連続ドラマ 南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  40. ^ 忠臣蔵~その義その愛~”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  41. ^ 東京全力少女”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  42. ^ マッサン”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  43. ^ 東京にオリンピックを呼んだ男 THE MAN OF THE TOKYO OLYMPICS”. テレビドラマデータベース. 2021年2月5日閲覧。
  44. ^ “中島みゆき“大人連ドラ”主題歌担当 倉本聰氏が強烈オファー 「マッサン」以来”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年3月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/02/0009960374.shtml 2017年3月5日閲覧。 
  45. ^ 黒木瞳、「わかれうた」で短編映画の監督に初挑戦「楽しんでほしいという一心で」”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2017年6月7日). 2023年5月21日閲覧。
  46. ^ 中島みゆき、初の月9主題歌提供 命の尊さを思わせる壮大なバラード曲”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年9月27日). 2022年9月27日閲覧。
  47. ^ 中島みゆき新曲が「あの花」脚本手がけた岡田麿里×MAPPAの劇場アニメ主題歌に”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年6月29日). 2023年6月29日閲覧。
  48. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2024年3月13日). “NHK「新プロジェクトX」主題歌は「新・地上の星」 4月6日初回はスカイツリーの物語”. 産経ニュース. 2024年3月13日閲覧。
  49. ^ 平原綾香に中島みゆきら9人が楽曲提供 幼少時知る玉置浩二「目頭が熱く…」”. ORICON STYLE (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  50. ^ 中島みゆきさんが「永遠のニㇱパ」の語りを担当します!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年4月18日). 2021年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  51. ^ 輝き続ける中島みゆき”. 2021年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  52. ^ CMライブラリ”. namashibori.com. サッポロビール. 2006年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月2日閲覧。
  53. ^ “「お正月を写そう♪」CMに中島みゆきと松田聖子が出演”. オリコン顧客満足度ランキング (株式会社oricon ME). (2009年12月17日). https://life.oricon.co.jp/news/71693/full/ 2022年9月2日閲覧。 
  54. ^ “樹木希林もビックリ! 中島みゆき&佐々木希がウサギに変身”. オリコン顧客満足度ランキング (株式会社oricon ME). (2009年12月9日). https://life.oricon.co.jp/news/82838/full/ 2022年9月2日閲覧。 
  55. ^ “「お正月を写そう♪」CM、佐々木希&テリー伊藤が新メンバーに! 豪華顔ぶれで新年彩る”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2010年12月22日). https://www.oricon.co.jp/news/83235/full/ 2022年9月2日閲覧。 
  56. ^ “中島みゆき、「宇宙人ジョーンズ」CMで“宇宙大統領”に”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2022年9月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000224034 2022年9月2日閲覧。 
  57. ^ さだまさし『さだまさし ステージ・トーク 噺歌集』(文春文庫 1986年 pp.129-130 さだの発言自体は1979年6月のもの)より。この話は、かつては三人で食事をするほどの仲であったことも示している。



中島みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:31 UTC 版)

さだまさし」の記事における「中島みゆき」の解説

1970年代以来友人。「みゆき」「まさし」と呼ぶ間柄で、『今夜も生でさだまさし』でも度々さだが名前を出している。「あの人に似ている」を共作しているが、この曲は男の歌(さだ担当)・女の歌中島担当)がそれぞれ同じコード進行の別メロディー進行しサビ一緒になるという複雑な構成になっている。これは、当初さだ・中島作詞・作曲どちらかそれぞれ分担するというオファーになっていたものを、さだが「せっかく中島みゆきとやるのだから」と中島提案し、あえて複雑にしたものである。その後中島要請2人でのセルフ・カヴァー実現し中島アルバムおとぎばなし-Fairy Ring-』に収録されている。この時のインタビューではお互いにファンだ」と言い合っていた。また、妹の玲子デビュー曲くらやみ乙女」は中島提供している。なお、さだは中島表現力感受性大い称賛しており、中島作品を「良質な流行歌」と評す

※この「中島みゆき」の解説は、「さだまさし」の解説の一部です。
「中島みゆき」を含む「さだまさし」の記事については、「さだまさし」の概要を参照ください。


中島みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 19:11 UTC 版)

吉田拓郎」の記事における「中島みゆき」の解説

中島拓郎尊敬しており、彼女の楽曲に数曲、拓郎調の楽曲があるといわれることもある。1980年8月10日NHK-FMで『拓郎105分』という特番放送された。この番組長年プロデビュー10周年音楽業界貢献してきた拓郎を讃え、他のミュージシャン拓郎感謝状を贈るという内容であった。この番組で、学生時代拓郎追っかけをしていた中島みゆきが、拓郎のことを「よた、よた」と呼んでいた。与太者の意味与太郎の意味か、または、「よしだたくろう」の姓と名の頭文字(「よ」と「た」)を取った呼称であるという説もあるが理由不明

※この「中島みゆき」の解説は、「吉田拓郎」の解説の一部です。
「中島みゆき」を含む「吉田拓郎」の記事については、「吉田拓郎」の概要を参照ください。


中島みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:46 UTC 版)

「ザ・ベストテン」記事における「中島みゆき」の解説

わかれうた」(1978年)、「ひとり上手」(1980年)、「悪女」(1981年)、「誘惑」(1982年)、「横恋慕」(1982年) - 出演拒否理由は、アーティストとしての活動方針と共に「かつて新人時代TBS別の音楽番組出演した際に良くない扱い受けた」ことが大きな原因とされている。ただし、1988年豪華版中島自身作詞の「MUGO・ん…色っぽい」で年間ベスト10入りした工藤静香対し祝福電話入れており、これが自身唯一の番組出演となった

※この「中島みゆき」の解説は、「ザ・ベストテン」の解説の一部です。
「中島みゆき」を含む「ザ・ベストテン」の記事については、「ザ・ベストテン」の概要を参照ください。


中島みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 00:54 UTC 版)

EAST ASIA (曖昧さ回避)」の記事における「中島みゆき」の解説

EAST ASIA - アルバム EAST ASIA (曲) - 楽曲 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替え下さい

※この「中島みゆき」の解説は、「EAST ASIA (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「中島みゆき」を含む「EAST ASIA (曖昧さ回避)」の記事については、「EAST ASIA (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中島みゆき」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「中島みゆき」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中島みゆき」の関連用語

中島みゆきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中島みゆきのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中島みゆき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのさだまさし (改訂履歴)、吉田拓郎 (改訂履歴)、ザ・ベストテン (改訂履歴)、EAST ASIA (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS