郷純造とは?

郷純造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 07:55 UTC 版)

郷 純造(ごう じゅんぞう、文政8年4月26日1825年6月12日)- 明治43年(1910年12月2日)は、日本武士幕臣大蔵官僚政治家である。男爵




  1. ^ 『官報』第2335号、1891年4月16日。
  2. ^ 『官報』第4837号、明治32年8月15日。
  3. ^ a b 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  4. ^ a b 『官報』号外、明治33年5月9日。
  5. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  6. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  7. ^ a b 『官報』第1629号、1888年12月3日。
  8. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。
  9. ^ 『官報』第8236号、1910年12月3日。
  10. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  11. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  12. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  13. ^ 『官報』第8237号、1910年12月5日。
  14. ^ 北田彦三郞 (男性)『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  15. ^ 明治の華族の呈譜


「郷純造」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「郷純造」の関連用語

郷純造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



郷純造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの郷純造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS