クロマグロとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > マグロ > クロマグロの意味・解説 

くろ‐まぐろ【黒×鮪】

サバ科海水魚全長約3メートル体重300キロ背面青黒色腹面銀白色世界温・熱海域広く分布し、日本近海マグロ類では最も多い。刺身すし種として好まれる。幼魚を「めじ」「よこわ」、成魚を「しび」ともいう。まぐろ。ほんまぐろ。《 冬》


黒鮪

読み方:クロマグロ(kuromaguro

サバ科海水魚


クロマグロ(くろまぐろ)(bluefin tuna)

マグロ類の最高級

日本近海を含む世界各地生息する体長メートル代表的マグロ一種本マグロともいう。日本では食用として親しまれている。

日本世界有数のクロマグロの消費国で、国内漁船による遠洋漁業だけではなく地中海中心とする地域から冷凍マグロ輸入している。一方、クロマグロの乱獲について資源保護観点から国際的取り組み議論されている。

クロアチアで開かれている大西洋まぐろ類保存国際委員会総会26日地中海を含む東大西洋のクロマグロ漁獲量について、2007年現在の32000トンから29500トン削減することで合意した。漁獲量毎年削減し、2010年には25500トンになる見込み

(2006.11.27掲載


クロマグロ

学名Thunnus thynnus 英名:Buluefin tuna
地方名イモシビマゴロ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
マグロというと一般にクロマグロを指す。体は完全にうろこでおおわれている。尾びれ付け根隆起している。体重300〜500kgにもなる大型で、日本アメリカ西海岸の間2km回遊する。若魚の頃に日本離れ成魚となり帰ってくる。イカイワシサバなどを食べる。体温調節が可能なので体温より低い水域でもすめる。産卵期は4〜6月台湾南方主要な産卵場がある生後3年成熟寿命はおよそ7年若魚群れをなして表層にすみ成魚になると群棲は弱まりやや深層に移る。日本近海漁獲量激減する一方で値も張る脂肪分の多い身の部分トロとよび、刺身寿司ネタとして人気あり高価。

分布:全世界熱帯温帯海域 大きさ:3m
漁法:延縄巻き網定置網 食べ方:刺身、すしたね

クロマグロ

クロマグロ
クロマグロ
クロマグロ
クロマグロ
名称
クロマグロ
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
全世界温帯熱帯海域
体の大きさ
全長3m
えさ
つぎのご覧ください
特徴
成長すると全長3m体重400・を超え、たいへん大型になります。外海の広い範囲速く泳ぐために、体は水の抵抗少な流線形をしていて、胸びれ腹びれ第一背びれは体に密着できるようになっています。口をいつも小さく開き速く泳ぐことによって、えらに通して呼吸しています。小さな歯の並んだ口で、イワシなどの小魚を捕らえて食べています。葛西臨海水族園では、1999年水槽ではじめ産卵観察されました。日本人にとっては昔から、寿司などをはじめ、食材としてなじみ深いです。
 
“クロマグロ”に関連するニュース・催し物はこちら(2件)

黒鮪

読み方:クロマグロ(kuromaguro

サバ科海水魚


黒鮪

読み方:クロマグロ(kuromaguro

マグロ別称

季節

分類 動物


クロマグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 14:31 UTC 版)

クロマグロ(黒鮪、学名:Thunnus orientalis)は、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。


  1. ^ Collette, B., Fox, W., Juan Jorda, M., Nelson, R., Pollard, D., Suzuki, N. & Teo, S. (2014). "Thunnus orientalis". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. 2015年3月6日閲覧
  2. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  3. ^ "Thunnus orientalis Temminck and Schlegel, 1844". TaiBNET. Taiwan: Biodiversity Research Centre, Academia_Sinica. 2016年10月21日閲覧
  4. ^ 伊藤 智幸、「太平洋クロマグロの回遊生態に関する研究」 東京大学学位論文 乙第15918号 2004年, NAID 500000305766
  5. ^ 魚谷逸朗, 斎藤勉, 平沼勝男, 西川康夫、「北西太平洋産クロマグロThunnus thynnus 仔魚の食性」 『日本水産学会誌』 1990年 56巻 5号 p.713-717, doi:10.2331/suisan.56.713, 日本水産学会
  6. ^ 伊藤智幸、「耳石日輪と 0 歳魚の体長別漁獲データから推定したクロマグロの産卵期別資源寄与率」 『日本水産学会誌』 2009年 75巻 3号 p.412-418, doi:10.2331/suisan.75.412
  7. ^ a b 伊藤智幸、「クロマグロ卵の発生と孵化に及ぼす水温の影響」 『水産増殖』 2000年 48巻 2号 p.199-207, doi:10.11233/aquaculturesci1953.48.199, 日本水産増殖学会
  8. ^ a b 「養殖 頼みのツナ」『日経産業新聞』2016年10月21日p3、東京、日本経済新聞社
  9. ^ 川上宏之、天倉吉章、堤智昭 ほか、「マグロ肉における脂質含有量とダイオキシン類,総水銀およびメチル水銀レベルの関係について」 『食品衛生学雑誌』 2010年 51巻 5号 p.258-263, doi:10.3358/shokueishi.51.258, 日本食品衛生学会
  10. ^ 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課 (2003年6月3日). “妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(Q&A)(平成17年11月2日)”. 魚介類に含まれる水銀について. 厚生労働省. 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  11. ^ a b 五訂増補日本食品標準成分表
  12. ^ a b 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編
  13. ^ 熊井英水, 宮下盛、「クロマグロ完全養殖の達成」 『日本水産学会誌』 2003年 69巻 1号 p.124-127, doi:10.2331/suisan.69.124
  14. ^ a b クロマグロの完全養殖” (日本語). 近畿大学水産研究所. 2016年10月21日閲覧。
  15. ^ a b 水産研究所 奄美実験場開設 高い海水温度 クロマグロの完全養殖に期待” (日本語). 近畿大学大学新聞. 2016年10月21日閲覧。
  16. ^ “完全養殖クロマグロ、世界へ 近畿大と豊田通商が商業化”. 朝日新聞 (朝日新聞デジタル). (2012年1月30日). http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201201300116.html 2012年1月30日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i 「鮪完全養殖波に乗る マルハニチロ・日本水産・極洋来年にも食卓に」『日経産業新聞』2016年10月21日p1、東京、日本経済新聞社
  18. ^ マグロの巨大モニュメント完成” (日本語). 南海日日新聞 (2015年3月15日). 2016年10月21日閲覧。
  19. ^ 完全養殖本マグロ「喜鮪®(きつな)金ラベル」の出荷開始日本水産プレスリリース(2016年8月16日)
  20. ^ 喜鮪(きつな)日本水産ホームページ、2017年12月23日閲覧
  21. ^ クロマグロ完全養殖へ、極洋日配マリンがクロマグロ人工ふ化魚の沖出し成功” (日本語). 水産経済新聞 (2014年9月29日). 2016年10月21日閲覧。
  22. ^ クロマグロの完全養殖の事業化に挑戦” (日本語). フィード・ワン株式会社. 2016年10月21日閲覧。
  23. ^ 極洋とフィード・ワン、完全養殖マグロ出荷開始『日本経済新聞』朝刊2017年11月23日(企業1面)
  24. ^ 松井隆宏「大規模魚類養殖と地域社会―南伊勢町神前浦を事例に―」『地域漁業研究』第55巻第2・3号、地域漁業学会、2015年6月1日、 19-35頁、 NAID 40021020283
  25. ^ 極洋フィードワンマリン/マグロ完全養殖ツナぐ餌」『日経産業新聞』2017年12月1日(1面)
  26. ^ 기자, 표언구. “[취재파일 일본의 방해를 이겨낸 참다랑어 양식]” (朝鮮語). news.naver.com. 2021年9月23日閲覧。
  27. ^ マグロ類の輸出手続きについて”. 水産庁. 2018年6月15日閲覧。
  28. ^ 「あすから釣り禁止」巨大マグロの聖地に衝撃 資源保護への効果は:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月23日閲覧。


「クロマグロ」の続きの解説一覧

クロマグロ

出典:『Wiktionary』 (2017/03/17 16:03 UTC 版)

名詞

クロマグロ

  1. サバ科マグロ属海水魚一種学名:Thunnus orientalis全長約3メートル体重300キロ達する。体は紡錘形背面青黒色腹面銀白色。別名、本鮪ほんまぐろ)。


翻訳

関連語




クロマグロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロマグロ」の関連用語

クロマグロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クロマグロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2021 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロマグロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクロマグロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS