火の海とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 火の海の意味・解説 

ひ‐の‐うみ【火の海】

読み方:ひのうみ

火が一面に燃え広がっていることを海にたとえていう語。「一帯が—になる」


火の海

作者立松和平

収載図書立松和平自選作品集 1 雨月
出版社阿部出版
刊行年月1991.1


火の海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:36 UTC 版)

火の海』(ひのうみ、英語: The Wrath of the Gods[注 1])は、1914年に公開されたアメリカ合衆国サイレントドラマ映画である。『神々の怒り』(かみがみのいかり)[3][4]または『神の怒り』(かみのいかり)[5]という邦題でも知られる。レジナルド・バーカー英語版が監督し、トーマス・H・インスが製作総指揮を務めた。1910年代にハリウッドで活動した日本人俳優の早川雪洲青木鶴子トーマス・栗原や、フランク・ボーゼイギが出演した。


注釈

  1. ^ アメリカでは『The Destruction of Sakura-Jima』もしくは『The Destruction of Sakura-Jima or The Wrath of the Gods』という題名で公開されたこともある[1][2]
  2. ^ 一部資料では、役名は「山木勝臣男爵」となっている[11]
  3. ^ 一部資料では、役名は「とや子」となっている[11]
  4. ^ 一部資料では、役名は「陰陽師の猛夫」となっている[12]
  5. ^ クレジット上では役名表記は「ハノケ(Hanoke)」となっているが[10]、『早川雪洲:傑作集』では「歯抜け」というあだ名の車夫と説明している[13]
  6. ^ 4リール、もしくは5リールとする資料もある[2][24]
  7. ^ このような演出は、本作の後に公開された早川の主演作『タイフーン英語版』(1914年)でも取り入れられている[10]
  8. ^ ただし、青木は9歳で渡米後、サンフランシスコ在住の日本人画家の青木年雄の養女として育てられていた[49]

出典

  1. ^ a b c d e Miyao 2007, p. 57.
  2. ^ a b Taves 2012, p. 77.
  3. ^ 中川 2012, p. 369.
  4. ^ 鳥海 2013, pp. 43, 68.
  5. ^ 霞 1922, p. 77.
  6. ^ Miyao 2007, pp. 61–64.
  7. ^ Taves 2012, pp. 77–79.
  8. ^ a b フィルムセンター 1993, p. 46.
  9. ^ 霞 1922, pp. 77–165.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o フィルムセンター 1993, p. 45.
  11. ^ a b 霞 1922, p. 86.
  12. ^ 霞 1922, p. 83.
  13. ^ 霞 1922, p. 125.
  14. ^ 中川 2012, pp. 45, 105.
  15. ^ 鳥海 2013, p. 68.
  16. ^ a b c Miyao 2007, p. 51.
  17. ^ 鳥海 2013, pp. 44–45.
  18. ^ Taves 2012, p. 76.
  19. ^ a b 宮尾大輔「『ハリウッド・ゼン』解説」『大島渚著作集 第4巻 敵たちよ、同志たちよ』、現代思潮新社、2009年3月、 302-303頁、 ISBN 978-4329004628
  20. ^ 垣井 1992, p. 61.
  21. ^ 中川 2012, pp. 368–369.
  22. ^ 垣井 1992, p. 70.
  23. ^ “The Wrath of the Gods”. Janesville Daily Gazette. Newspapers.com (Janesville, Wisconsin): p. 6. (1914年11月14日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210173449/http://www.newspapers.com/clip/1406504/the_wrath_of_the_gods/ 2014年8月29日閲覧。 
  24. ^ a b c Hans J. Wollstein (2014年). “The Wrath of the Gods”. The New York Times. Baseline & All Movie Guide. 2014年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月14日閲覧。
  25. ^ フィルムセンター 1993, p. 20.
  26. ^ a b ジョルジュ・サドゥール 著、村山匡一郎、出口丈人、小松弘 訳 『世界映画全史5 無声映画芸術への道 フランス映画の行方〔1〕1909-1914』国書刊行会、1995年6月、180-181頁。ISBN 978-4336034458 
  27. ^ 岩本憲児「インス、トーマス・ハーパー」 『世界映画大事典』日本図書センター、2008年7月、87頁。ISBN 978-4284200844 
  28. ^ a b フィルムセンター 1993, p. 22.
  29. ^ a b Taves 2012, p. 79.
  30. ^ “Tom Ince engages company of Jap artists”. New York Clipper: p. 15. (1914年1月31日). https://idnc.library.illinois.edu/cgi-bin/illinois?a=d&d=NYC19140131.2.81&e=-------en-20--21--txt-txIN-The+%22wrath+of+the+gods%22-------- 2021年2月24日閲覧。 
  31. ^ a b フィルムセンター 1993, p. 21.
  32. ^ Miss Enid Markey”. Illustrated Films Monthly (Mar - August 1914). p. 382. 2014年8月29日閲覧。
  33. ^ “New York Motion Picture Company”. Motion Picture News: 56. (23 May 1914). https://archive.org/stream/motionp09moti#page/n609/mode/2up 2014年8月29日閲覧。. 
  34. ^ a b Miyao 2007, pp. 63–64.
  35. ^ a b Miyao 2007, p. 62.
  36. ^ a b c d Miyao 2007, p. 58.
  37. ^ 鳥海 2013, p. 78.
  38. ^ a b c d e Miyao 2013, p. 157.
  39. ^ Miyao 2007, pp. 62, 64.
  40. ^ a b 垣井 1992, p. 71.
  41. ^ 鳥海 2013, p. 77.
  42. ^ a b c Miyao 2007, p. 61.
  43. ^ a b c d e f Miyao 2007, p. 64.
  44. ^ a b Miyao 2013, p. 158.
  45. ^ Hershfield, Joanne (2000). The Invention of Dolores Del Rio. University of Minnesota Press. p. 120. ISBN 978-0-8166-3410-1 
  46. ^ Miyao 2013, pp. 156–157.
  47. ^ a b c Miyao 2007, p. 59.
  48. ^ 鳥海 2013, p. 18.
  49. ^ 鳥海 2013, pp. 21–22.
  50. ^ a b c Miyao 2007, p. 60.
  51. ^ “Japanese film actress marries”. New York Clipper: p. 16. (1914年5月9日). オリジナルの2015年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150221143924/http://idnc.library.illinois.edu/cgi-bin/illinois?a=d&d=NYC19140509.2.121&srpos=46&e=-------en-20--41--txt-txIN-The+%22wrath+of+the+gods%22------ 2015年2月21日閲覧。 
  52. ^ Waller, Gregory. “Japan on American screens, 1908–1915”. Indiana University. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月16日閲覧。
  53. ^ “21,000 AT VAUDEVILLE SHOW; Night Entertainments Begin at Ebbets Field, Brooklyn.”. The New York Times: p. 11. (1914年6月23日) 
  54. ^ Bowser, Eileen (1990). The Transformation of Cinema, 1907–1915, Volume 2, Part 2. University of California Press. p. 258. ISBN 978-0-520-08534-3 
  55. ^ “The Wrath of The Gods at Palace”. Reading Times. Newspapers.com (Reading, Pennsylvania): p. 7. (1914年12月3日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210175502/http://www.newspapers.com/clip/1406509/the_wrath_of_the_gods_at_palace/ 2014年8月29日閲覧。 
  56. ^ “Engagement Extraordinary”. Iowa City Press-Citizen. Newspapers.com (Iowa City, Iowa): p. 7. (1914年12月15日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210175111/http://www.newspapers.com/clip/1406511/extraordinary_engagement/ 2014年8月29日閲覧。 
  57. ^ “The Wrath of The Gods review”. The Chicago Daily Tribune. Newspapers.com (Chicago, Illinois): p. 9. (1914年6月27日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210175216/http://www.newspapers.com/clip/1406514/the_wrath_of_the_gods_review/ 2014年8月29日閲覧。 
  58. ^ “The Wrath of the Gods”. The Washington Post. Newspapers.com (Washington, District of Columbia): p. 11. (1914年10月6日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210181745/http://www.newspapers.com/clip/1406524/crandalls_the_wrath_of_the_gods/ 2014年8月29日閲覧。 
  59. ^ “Today's best photoplay stories”. Chicago Daily Tribune. Newspapers.com (Chicago, Illinois): p. 16. (1914年6月29日). オリジナルの2014年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141210174245/http://www.newspapers.com/clip/1406521/full_review_of_the_wrath_of_the_gods/ 2014年8月29日閲覧。 
  60. ^ “Do Not Miss This”. True Republican: p. 1. (1914年11月21日). オリジナルの2015年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150221133331/http://idnc.library.illinois.edu/cgi-bin/illinois?a=d&d=STR19141121.2.8&srpos=11&e=-------en-20--1--txt-txIN-The+%22wrath+of+the+gods%22------ 2015年2月21日閲覧。 
  61. ^ a b 中川 2012, p. 145.
  62. ^ 野上英之 『聖林の王 早川雪洲』社会思想社、1986年10月、114-115頁。ISBN 978-4390602921 
  63. ^ 牧野守 『日本映画検閲史』パンドラ、2003年4月、150頁。ISBN 978-4768478141 
  64. ^ 淀川長治 『淀川長治自伝 上巻』中央公論社、1985年6月、64頁。ISBN 978-4120014000 
  65. ^ Bernardi, Joanne (2001). Writing in Light: The Silent Scenario and the Japanese Pure Film Movement. Wayne State University Press. p. 320. ISBN 978-0814329610 
  66. ^ 2008 Milestone Cinematheque DVD edition”. Silentera.com. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  67. ^ 30th Los Angeles Asian Pacific Film Festival coming in May 2014”. The What It Do (2014年4月1日). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月16日閲覧。


「火の海」の続きの解説一覧

「火の海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



火の海と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  火の海のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

火の海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火の海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火の海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS