仕返しとは? わかりやすく解説

し‐かえし〔‐かへし〕【仕返し】

読み方:しかえし

[名](スル)

仕返すこと。やりなおし

報復すること。復讐(ふくしゅう)。「踏まれた—にけとばした


仕返し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仕返し

作者眉村卓

収載図書職場好きですか?
出版社勁文社
刊行年月1988.6
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書怪しい人びと
出版社新潮社
刊行年月1992.3
シリーズ名新潮文庫


仕返し

作者ピエール・マッコルラン

収載図書笑い錬金術―フランス・ユーモア文学傑作選
出版社白水社
刊行年月1990.5
シリーズ名白水Uブックス


仕返し

作者勝目梓

収載図書密室光景
出版社ベストセラーズ
刊行年月1990.11

収載図書密室光景
出版社徳間書店
刊行年月1992.2
シリーズ名トクマ・ノベルズ


仕返し

作者多岐川恭

収載図書ご破算
出版社光文社
刊行年月1993.5
シリーズ名光文社時代小説文庫


仕返し

作者北川

収載図書組曲―めぐり来る夏のために
出版社近代文芸社
刊行年月1998.10


仕返し

作者横山秀夫

収載図書深追い
出版社実業之日本社
刊行年月2005.2
シリーズ名ジョイ・ノベルズ

収載図書深追い
出版社新潮社
刊行年月2007.5
シリーズ名新潮文庫


報復

(仕返し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/16 23:57 UTC 版)

報復(ほうふく、: revenge リベンジ)とは、自分に害を与えた相手に対して、それと釣り合う害を返すこと。仕返し(しかえし)、復讐(ふくしゅう)ともいう。


注釈

  1. ^ 攻撃行動を中心テーマとした説明と、復讐を中心テーマとした説明は異なる。逆概念から説明してはいけない。またウィキペディア内の記事をまるで出典であるかのように表示することは禁止されている。
  2. ^ 人は感情に駆られると、ついつい、いわゆる「倍返し(ばいがえし)」や「3倍返し」をしたくなるが、このタリオの法は、たとえ復讐するにしても、同程度に留めなければいけない、という法律である。これにより、ハンムラビは為政者として、彼の統治する国の内で復讐がエスカレートしてゆくことを抑制した。
  3. ^ 「目には目を、歯には歯を」で有名な、古代メソポタミアの、『ハンムラビ法典』は報復を奨励したものではなく、無制限報復が一般的だった原始社会において過剰な報復を禁じ、同等の懲罰にとどめて報復合戦の拡大を制限する目的があった。

出典

  1. ^ a b c [1] 越中康治「攻撃行動に対する幼児の善悪判断の発達的変化」広島大学大学院教育学研究科紀要、第三部55号、2006.
  2. ^ a b c 越中康治、新見直子、淡野将太、松田由希子、前田健一「攻撃行動に対する幼児の善悪判断に及ぼす動機と目的の影響」、『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域』第56号、広島大学大学院教育学研究科、2007年
  3. ^ 復讐劇. コトバンクより。
  4. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』PHP研究所、2013年、192頁。 
  5. ^ 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律”. elaws.e-gov.go.jp. 2023年11月15日閲覧。
  6. ^ 日弁連「裁判員の皆様へ 知って
  7. ^ 呉智英『ホントの話』小学館文庫、26頁。 
  8. ^ 娘を強姦した男に母親が復讐。ガソリンをかけて焼き殺す”. デジタルマガジン (2009年2月26日). 2011年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  9. ^ [2]
  10. ^ 真也, 山本 (2011年). “利他・協力のメカニズムと社会の進化”. 霊長類研究. pp. 95–109. doi:10.2354/psj.27.013. 2023年11月15日閲覧。
  11. ^ simon (2021年10月15日). “Do animals seek revenge? If they are fed up enough” (英語). Wildlife in the Balance. 2023年11月15日閲覧。
  12. ^ シャチの船への集団攻撃が多発、沈没も、ケガの仕返し? 遊び?”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年11月15日閲覧。
  13. ^ 中分, 遥 (2022年12月2日). “自然は報復するのか:「タタリ」伝承の計量分析の試み”. じんもんこん2022論文集. pp. 119–124. 2023年11月15日閲覧。


「報復」の続きの解説一覧

仕返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/08 19:38 UTC 版)

アンの村の日々」の記事における「仕返し」の解説

クラリッサデヴィッド・アンダーソン危篤の床で恨み言葉聞かせる。愛と裏表憎しみ描いた異色作品

※この「仕返し」の解説は、「アンの村の日々」の解説の一部です。
「仕返し」を含む「アンの村の日々」の記事については、「アンの村の日々」の概要を参照ください。


仕返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 17:21 UTC 版)

七度狐」の記事における「仕返し」の解説

「清ぇやん、何を思案してんねん?」「うーん…。道を間違ごぉたかいなぁ思て」「頼りないなぁ。どないするん?」 考え込んでいる清八前には、大きな川が流れている。確か、前に通ったときは川なんかなかったはずだ。 「ちょっと、そこの石放り込んでみ」「え?」「洪水か何か急にできた川かも知れん。深さ調べる」「ちょっと待ってや。そぉ~れ!」 バサバサッ…。 「解った、こらやっぱり急にできた川や。下一面の麦畑や、今ちょ~ど実が実ったとこやないか、そこに張ってんねや」 それならわたる事は簡単だ二人着物を脱ぐと、全部まとめてくるんで頭に縛り落ちていた竹を手に川へバチャバチャ…。 「見てみぃ。お前とこの麦畑旅人が二ぁり裸んなって踏み荒しとぉるぞ!」「おぉかたにでも騙されてんのじゃろ、これ! 旅の衆ッ!」 村人呼びかけられ、ハッとわれに返ると川が消えている。代わりに広がる麦畑…。 「この辺にはなぁ、いっぺん仇されたら七へん騙して返す、【七度狐】といぅ悪いが居るんじゃ」「へぇ、おおきにえらい済んまへん。早よ行こ早よ行こ

※この「仕返し」の解説は、「七度狐」の解説の一部です。
「仕返し」を含む「七度狐」の記事については、「七度狐」の概要を参照ください。


仕返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 14:28 UTC 版)

郤克」の記事における「仕返し」の解説

鞍の戦いの後の紀元前587年に、頃公景公挨拶に来た時、郤克が間に入って「斉公がお出ましになったのは、先年の私に対す無礼お詫び下さるためであるので、わが君ではなく私が応対しましょうと言って頃公を「殞名の礼」という国君捕虜にした時の礼で対応して辱しめた。 これを聞いた苗賁皇は「郤子は勇気はあるが礼を知らず、その功を誇って国君辱めた彼の一族はどれだけ続くだろうか」と言って郤克行為非難し、郤氏の滅亡予言した。 この直後死去死後、「献」を諡され、郤献子と呼ばれる先代: 郤缺 晋の郤氏宗家当主 3代目 次代: 郤錡 この項目は、中国の歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:中国/P:歴史/P:歴史学/PJ中国史)。

※この「仕返し」の解説は、「郤克」の解説の一部です。
「仕返し」を含む「郤克」の記事については、「郤克」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仕返し」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「仕返し」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仕返し」の関連用語

仕返しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仕返しのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報復 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンの村の日々 (改訂履歴)、七度狐 (改訂履歴)、郤克 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS