死刑存廃問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 死刑存廃問題の意味・解説 

死刑存廃問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 03:20 UTC 版)

死刑存廃問題(しけいそんぱいもんだい)は、死刑制度の是非に関して存在する倫理、法律(憲法)、刑事政策、そして国際外交にかかわる諸問題である。


注釈

  1. ^ 実際に1980年代に起きた名古屋保険金殺人事件では従犯も死刑になったが、遺族が従犯については死刑を執行しないようにと運動した例があり、結局主犯とともに死刑が執行された
  2. ^ 旧刑法200条の尊属殺重罰規定(1997年廃止)
  3. ^ ワシントンアンドリー大学におけるスピーディライス教授の講演会
  4. ^ ワシントンアンドリー大学におけるスピーディライス教授の講演会
  5. ^ この死刑囚はノイローゼのため精神異常が亢進しているといわれ、死刑確定から30年以上経過した2008年現在、処刑されていない。
  6. ^ ただし実際に政治体制も政府批判を許さない強権的なものであるとの指摘もある
  7. ^ たとえば、中世ヨーロッパでは姦通を犯した既婚者女性は原則的には溺死刑に処せられていた。
  8. ^ ただし、現在でもイスラム法を重要視している国では、不倫や婚前性交渉を理由に死刑になる場合も存在する
  9. ^ 例えば斬首刑の執行具の一つであるギロチンは、斧や刀による斬首では受刑者に必要以上の苦痛を与えるとして導入されたものであった。
  10. ^ たとえばドイツの17世紀初頭のカロリナ法時代にライプツィヒの刑法学者であったカルプツォフ(Benedict Carpzov)は裁判官として40年間の在職期間中に中世の刑法を推奨し8万人に死刑を言い渡し2万人から3万人が死刑執行されたが、その多くは魔女裁判であった。
  11. ^ 当時のフランス国民は、公開処刑を興奮のための娯楽としてしか見ていなかったと言われ、死刑執行を家の中で見ながらセックスを行っていたという例も存在する。
  12. ^ 嵯峨天皇が弘仁9年(818年)に死刑を停止する宣旨(弘仁格)を公布して死刑執行が停止された。
  13. ^ ただし朝廷への反逆者は例外的に斬首されていた
  14. ^ 中華人民共和国の汚職・経済犯罪や、シンガポールの麻薬犯罪、一部中東諸国のイスラーム法に基づく宗教的道徳観違反など。
  15. ^ 他にも、内乱罪外患誘致罪のように、たとえ人命が奪われていなくても、「祖国に対する裏切り行為」は死刑が適用(後者は死刑のみ)されるが、刑法制定以来適用例が存在しないため除外する
  16. ^ この決議では、死刑の密行主義と過酷な拘禁状態が非難されている。
  17. ^ 代用監獄の廃止、虚偽の自白を防ぐための取り調べ録画
  18. ^ 廃止されている場合には復活。明確な意味で復活したのはイタリアなど少数である
  19. ^ 19世紀から20世紀のアメリカ合衆国では裁判で死刑にならなかったり、裁判を受ける前の殺人犯を連れ出して群衆がリンチ殺人をおこなう事例があったといわれている
  20. ^ これは古谷が偽名で他の刑務所に服役していたためである。なお、どのように抗弁したかは不明であるが、死人に口なしの幸いが自己の責任を軽くしたため、死刑相当の犯行であるにもかかわらず比較的軽微な刑事処分となっている。
  21. ^ 明らかに死刑執行の引き伸ばしを図っている場合には、再審棄却直後ないし申請中に死刑執行が行われる場合も少なくはない。
  22. ^ 別冊宝島によれば、上告を取り下げて死刑を確定させたほうが結果的に死刑が先送りになるという法則を実践している向きがあるとしているほか、共犯も死刑判決を受けているため、2人同時の処刑が必要であるためとの指摘もある。
  23. ^ たとえば1989年は『最近凶悪事件が増えたと思いますか減ったと思いますか』と『死刑という刑罰をなくすと、悪質な犯罪が増えると思いますか、別に増えると思いますか』の後で『今の日本で、どんな場合でも死刑を廃止しようという意見にあなたは賛成ですか、反対ですか』という設問だった

出典

  1. ^ 正木亮の『刑事政策汎論』と、斉藤静敬の『新版死刑再考論』、藤本哲也の『刑事政策概論』など
  2. ^ 『死刑廃止論』(有斐閣、初版1991年、6版2000年),団藤重光.
  3. ^ 朝日新聞 2007年12月20日
  4. ^ 森下忠『刑事政策大綱』(成文堂)
  5. ^ a b Amnesty International, Death Sentences and Excutions 2010.
  6. ^ 日本に対する国連拷問禁止委員会の結論及び勧告
  7. ^ 「死刑廃止は世界の流れ」 弁護士小川原優之
  8. ^ 「死刑執行に関する会長声明」 東京弁護士会会長 山本剛嗣
  9. ^ “米各州で死刑制度廃止の動き、経費削減のため”. AFPBB News. AFP通信 (クリエイティヴ・リンク). (2009年2月18日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2572851/3819120 2009年4月2日閲覧。  一例として
  10. ^ スピーディー・ライス教授の講義
  11. ^ 日本弁護士連合会『死刑執行停止を求める』日本評論社、45頁
  12. ^ Murder Victims' Families for Reconcliation 2009年9月18日閲覧
  13. ^ Restorative Justice Online, Centre for Justice and Reconciliation 2009年9月18日閲覧
  14. ^ Restorative Justice - Offers additional information about restorative justice and relationships 2009年9月18日閲覧
  15. ^ Roger Hood“The death penalty, a worldwide perspective”3rd.ed Oxford university press, 2002, p.209-231
  16. ^ Death Penalty Information Center>State by State>Sources and Additional Information>States with and without the Death Penalty>Murder Rates by Stat 2010年10月17日閲覧
  17. ^ Death Penalty Information Center>State by State Database 2010年10月17日閲覧
  18. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2009>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  19. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2008>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  20. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports 2006>Violent Crime>Table 4 2010年10月17日閲覧
  21. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports >more>2004>Full Document(PDFと文書の76〜84ページ) 2010年10月17日閲覧
  22. ^ FBI>Sats and Service>Crime Statistics/UCR>Uniform Crime Reports/more>2001>Section II Crime Index Offenses Reported(PDFと文書の66〜75ページ) 2010年10月17日閲覧
  23. ^ United States: Uniform Crime Report -- State Statistics from 1960 - 2009 2010年10月17日閲覧
  24. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Fifth Survey (1990 - 1994) 2009年8月31日閲覧
  25. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Sixth Survey (1995 - 1997)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  26. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Seventh Survey (1998 - 2000)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  27. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Eighth Survey (2001 - 2002)>Sorted by variable 2009年8月31日閲覧
  28. ^ UNODC>Data and Analysis>Crime surveys>The periodic United Nations Surveys of Crime Trends and Operations of Criminal Justice Systems>Ninth Survey (2003 - 2004)>Values and Rates per 100,000 Total Population Listed by Country 2009年8月31日閲覧
  29. ^ アムネスティ国際事務局:死刑に関する一問一答Amnesty International:Document - The Death Penalty, Questions and Answers
  30. ^ APHROS 死刑廃止と死刑存置の考察 世界各国の死刑存廃状況 カナダ
  31. ^ 平成18年度犯罪白書38頁
  32. ^ 痩せるコーラ(新) 2018年7月12日配信 2018年7月16日閲覧
  33. ^ a b 藤井誠二 『殺された側の論理…犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」』 その他の人名、講談社(原著2007年3月6日)、初版、p. 102。ISBN 97840621386112009年6月21日閲覧。
  34. ^ 森, 2008 & MORI2008, p. 292
  35. ^ 佐々木知子. “『死刑廃止』には反対”. 佐々木知子のホームページ. 2010年8月9日閲覧。
  36. ^ 福岡高裁http://www.hou-nattoku.com/precedent/0121.php
  37. ^ 星新一『進化した猿たち』新潮社、20頁
  38. ^ 2015年のアメリカの銃乱射事件の総数 2015年12月14日更新 2015年12月17日閲覧
  39. ^ サンバーナディーノで2015年12月2日に起きた銃乱射事件「容疑者は『敬虔なイスラム教徒』『おとなしくて礼儀正しい』」である。
  40. ^ 産経新聞 2007年12月17日
  41. ^ 毎日新聞 2007年12月20日朝刊
  42. ^ Amnesty International, Abolitionist and Retentionist Countries.
  43. ^ 斎藤静敬『刑事政策』創成社 79頁
  44. ^ a b 斎藤静敬『刑事政策』創成社 80頁
  45. ^ “日本に死刑廃止検討求める 国連委、慰安婦でも初勧告”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年10月31日). オリジナル2008年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081209035752/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081031/erp0810310934003-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 
  46. ^ “<国連人権委>死刑廃止へ 日本政府に「最終見解」”. Yahoo!ニュース. 毎日新聞 (Yahoo Japan). (2008年10月31日). オリジナル2008年11月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081103104351/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000025-mai-int 
  47. ^ 三原憲三『死刑存廃論の系譜』成文堂10-11頁
  48. ^ カール・バルト『国家の暴力について 死刑と戦争をめぐる創造論の倫理』新教出版社 34-5頁。また、J.デリダ/E.ルディネスコ『来るべき世界のために』岩波書店 203頁
  49. ^ ホセ・ヨンパルト『刑法の七不思議』成文堂 226頁
  50. ^ 三原憲三 前掲書 13頁
  51. ^ 立石二六『刑法総論』成文堂 2004年 346頁
  52. ^ ロック『市民政府論』岩波文庫 9頁
  53. ^ ロック 前掲書 17、23、24頁
  54. ^ ロック 前掲書 10-12、32-36、50、100頁
  55. ^ ロック 前掲書 127頁
  56. ^ ロック 前掲書 13-5、17、22頁
  57. ^ ロック 前掲書 89-90、129-131、173-4頁
  58. ^ A.John Simmons, Locke on the Death Penalty. Philosophy.vol.69:270. Cambridge University Press. pp.472-5.
  59. ^ A.John Simmons, ibid. pp.476
  60. ^ ロック 前掲書 186頁
  61. ^ A.John Simmons, ibid. pp.476
  62. ^ A.John Simmons, ibid. pp.477
  63. ^ モンテスキュー『法の精神』上 岩波文庫 348頁
  64. ^ 三原憲三 前掲書 19-20頁、江家義男「死刑論」10頁
  65. ^ ルソー『社会契約論』岩波文庫 54頁
  66. ^ ルソー 前掲書 55頁
  67. ^ ルソー 前掲書 56頁。ルソーの死刑論については他に、竹田直平『刑法と近代法秩序』306-308頁 を参照
  68. ^ カント「人倫の形而上学」『世界の名著第32巻カント』 中央公論社 477頁
  69. ^ カント 前掲書 473-4頁。カントの社会契約論については、ハワード・ウィリアムズ「カントと社会契約」 バウチャー/ケリー編『社会契約論の系譜』 176-197頁を参照
  70. ^ カント 前掲書 473頁
  71. ^ カント 前掲書 474頁
  72. ^ カント 前掲書 476頁
  73. ^ 平田俊博「カントの反・死刑反対論-<死刑に値する>と<生きるに値しない>との狭間を求めて-」現代カント研究5『社会哲学の領野』所収61-62頁
  74. ^ カント 前掲書 478-9頁 カントの死刑論については他に竹田直平『刑法と近代法秩序』308-314頁、増田豊「消極的応報としての刑罰の積極的一般予防機能と人間の尊厳-カントおよびヘーゲルと訣別してもよいのか-」三島淑臣ほか編『人間の尊厳と現代法理論』135-145頁 を参照
  75. ^ ヘーゲル「法の哲学」『世界の名著第35巻ヘーゲル』 中央公論社 305頁、上妻精・小林靖昌・高柳良治『ヘーゲル 法の哲学』有斐閣新書 135頁
  76. ^ a b ヘーゲル 前掲書 301頁
  77. ^ ヘーゲル 前掲書 276頁
  78. ^ ヘーゲルの社会契約論批判については、ブルース・ハドック「ヘーゲルの社会契約論批判」 バウチャー/ケリー編『社会契約論の系譜』 198-219頁、アラン・パッテン「ヘーゲル政治哲学における社会契約論と承認の政治」ロバート・R・ウイリアムズ編『リベラリズムとコミュニタリアニズムを超えて』217-238頁を参照
  79. ^ ヘーゲル 前掲書 302頁、上妻精ほか 前掲書 131頁
  80. ^ 三原 前掲書 20-21頁
  81. ^ 三原 前掲書 21頁
  82. ^ 三原 前掲書 14頁
  83. ^ 三原憲三『死刑存廃論の系譜』成文堂 85頁、『誤判と死刑廃止論』成文堂 2011 75頁
  84. ^ ベッカリーア『犯罪と刑罰』岩波文庫、90-91頁
  85. ^ ベッカリーア前掲書、94-5頁
  86. ^ 立石二六『刑法概論』成文社、2004年、345-346頁
  87. ^ エリオ・モナケシー「チェザーレ・ベッカリーア」、『刑事学のパイオニア』所収、矯正協会、6,7頁
  88. ^ 三原憲三『死刑存廃論の系譜』成文堂、88頁
  89. ^ 三原憲三『死刑存廃論の系譜』 97-100頁、『誤判と死刑廃止論』 98、99頁
  90. ^ 三原憲三『死刑存廃論の系譜』80-102頁
  91. ^ カール・バルト『国家の暴力について』新教出版社 44頁
  92. ^ バルト、前掲書 44-47頁
  93. ^ バルト、前掲書 48-53頁
  94. ^ バルト、前掲書 53-57頁
  95. ^ バルト、前掲書 62-72頁
  96. ^ J.デリダ/E.ルディネスコ『来るべき世界のために』201-237頁
  97. ^ a b 菊田幸一『Q&A 死刑問題の基礎知識』明石書店126頁より引用
  98. ^ 死刑廃止国の国民の大半が死刑制度復活を期待している 2018年7月16日閲覧
  99. ^ 団藤重光『死刑廃止論』 有斐閣 2000年
  100. ^ 2014年6月26日発表声明「死刑執行に強く抗議する(談話)」
  101. ^ 村野薫「戦後死刑囚列伝」宝島社刊、103頁
  102. ^ 別冊宝島「死刑囚最後の1時間」8頁
  103. ^ 澤地和夫 『東京拘置所 死刑囚物語―獄中20年と死刑囚の仲間たち』 彩流社、2006年
  104. ^ “国連人権理が初の対日審査、12カ国が死刑制度廃止など求める”. NIKKEI NET(日経ネット) (日本経済新聞社). (2008年5月10日). オリジナル2008年5月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080511052350/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080510AT1G1000T10052008.html 2008年5月17日閲覧。 
  105. ^ 「日本は死刑廃止検討を――国連人権委改めて勧告 慰安婦問題にも言及」『朝日新聞』2008年10月31日付夕刊、第3版、第2面。
  106. ^ CNN International Report: Death row inmates pushed to insanity in Japan
  107. ^ 正義に反するオウム事件7人の死刑執行 2018年7月6日配信国際事務局発表ニュース 2018年7月16日閲覧
  108. ^ ジョー・コックス氏が銃撃され死亡 2018年7月16日閲覧
  109. ^ “死刑容認85%って本当? 「設問に偏り」日弁連検証”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年11月28日). http://www.asahi.com/national/intro/TKY201211270944.html [リンク切れ]
  110. ^ a b 「「死刑制度」容認80%超 否定派を大幅に上回る 内閣府世論調査」産経新聞 2015年1月24日
  111. ^ 菊田幸一 『いま、なぜ死刑廃止か』 丸善、1994年12月。ISBN 4621051431
  112. ^ 前坂 俊之,橋本勝『死刑』現代書簡、1991年 p.62~63
  113. ^ 中平健吉「死刑制度」(神田健次『現代キリスト教倫理1 生と死』日本基督教団出版局、1999年)
  114. ^ 別冊宝島「いのちとは何か?」のなかで、元刑務官で著述業の阪本敏夫は、死刑囚との交流体験を述べた上で、近年になって法務大臣が死刑執行の自動化や死刑執行の秘密裏に行われている現状から、いのちの重みが軽くなったとの感情であるとしている。
  115. ^ 別冊宝島1419『死刑囚最後の1時間』2007年、105頁




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「死刑存廃問題」の関連用語

死刑存廃問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



死刑存廃問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死刑存廃問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS