冤罪事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 冤罪事件の意味・解説 

冤罪事件

読み方:えんざいじけん

冤罪であることが事後発覚した事件2005年いわゆる世田谷ひき逃げ事件」などは真犯人が見つかり冤罪であると確定した例である。あるいは、現在係争中で、冤罪ではないかという疑いの持たれている事件も含む場合がある。

冤罪

(冤罪事件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 19:34 UTC 版)

冤罪(えんざい)とは、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉、つまり「濡れ衣」である[1]




  1. ^ 『語源由来辞典』より濡れ衣
  2. ^ 「冤罪」『コンサイス 法律学用語辞典』佐藤幸治ほか編、三省堂、2003年。ISBN 978-4385155050
  3. ^ 「冤罪」『有斐閣 法律用語辞典』法令用語研究会編、有斐閣、2012年(原著1993年)、第4版。ISBN 978-4641000285
  4. ^ 麻生太郎 (2009-06-16). 衆議院議員鈴木宗男君提出冤罪並びに取り調べの全面可視化に対する麻生太郎内閣総理大臣の見解等に関する質問に対する答弁書 (Report). 衆議院. http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b171509.htm. 
  5. ^ 鳩山由紀夫 (2009-11-20). 衆議院議員鈴木宗男君提出冤罪並びに取り調べの全面可視化に対する鳩山由紀夫内閣の見解に関する質問に対する答弁書 (Report). 衆議院. http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b173075.htm. 
  6. ^ 藤村修 (2011-11-04). 衆議院議員浅野貴博君提出いわゆる郵便不正事件に係る国家賠償等に関する質問に対する答弁書 (Report). 衆議院. http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b179012.htm. 
  7. ^ “衆議院法務委員会”. 15. 第166回国会. (2007-05-11). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/166/0004/16605110004015a.html 
  8. ^ a b “衆議院予算委員会”. 8. 第169回国会. (2008-02-14). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001816920080214008.htm 
  9. ^ 法相、郵便不正事件『冤罪に該当せず』」『日本経済新聞』、2011年11月4日。2020年2月8日閲覧。
  10. ^ 野田佳彦 (2011-11-08). 衆議院議員浅野貴博君提出取調べの可視化の法制化に向けた政府の取り組み等に関する質問に対する答弁書 (Report). 衆議院. http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b179019.htm. 
  11. ^ 霞ヶ関ファイル 滝実法務大臣の記者会見〈11・9〉」『新政界往来』、政界往来社、2012年11月、2020年2月8日閲覧。
  12. ^ 『今村力三郎「法廷五十年」』専修大学今村法律研究室、専修大学出版局、1993年(原著1945年)、237-238頁。ISBN 978-4881250600
  13. ^ 村井敏邦『刑事訴訟法』日本評論社、1996年、323頁。ISBN 978-4535510678
  14. ^ 2020年1月12日中日新聞朝刊5面
  15. ^ 2020年1月19日中日新聞朝刊5面


「冤罪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冤罪事件」の関連用語

冤罪事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



冤罪事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冤罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS