許しとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 許し > 許しの意味・解説 

ばかし【許し】

読み方:ばかし

[副助]《「ばかり」の音変化話し言葉用いられる

おおよその程度を表す。ばっかし。「少し―塩気足りない

限定の意を表す。ばっかし。「食卓には食事並んで、あとは食べる―だ」

(「…たばかし」の形で動作完了して間もない意を表す。ばっかし。「さっき来た―だ」


ゆるし【許し】

読み方:ゆるし

(「聴し」とも書く)願い聞き入れること。許可すること。「父の―を得て上京する

(「赦し」とも書く)罪・過失・無礼などをとがめないこと。容赦(ようしゃ)。赦免(しゃめん)。「罪の―を請う

芸道で、師から弟子与え免許一階級。「奥―」


許し

読み方:ゆるし

サ行五段活用動詞「許す」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

許し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 14:12 UTC 版)

許し(forgiveness )とは、当初は不当に扱われたと感じた者が、受けた侵害についての気持ちと態度の変化を経験し、憤り復讐などの否定的な感情を(それが正当化されうるとしても)乗り越える[1][2][3]、一連の意図的かつ自発的な過程である。ただし、許しが否定的感情から肯定的態度への切り替わり(つまり侵害者が良好でいるのを望む力をつけること)をどれだけ含意するかについては、理論家の意見が異なっている[4][5][6]。許しは、大目に見ること(許しが必要な過った行為を見逃すこと)や、免責(侵害者に行為の答責を着せないこと)、忘却(その侵害について意識から取り除くこと)、恩赦裁判官など社会の代表者により認知された侵害について与えられる)、和解関係の修復)、とは異なる[4]


  1. ^ Doka, Kenneth (2017). Grief is a journey. Atria Books. pp. 14–16. ISBN 978-1476771519 
  2. ^ Hieronymi, Pamela (2001年5月). “Articulating an Uncomprimising Forgiveness”. pp. 1–2. 2020年1月18日閲覧。
  3. ^ North, Joanna (1998). Exploring Forgiveness (1998). University of Wisconsin. pp. 20–21. ISBN 0299157741 
  4. ^ a b c American Psychological Association. Forgiveness: A Sampling of Research Results.”. pp. 5–8 (2006年). 2009年2月7日閲覧。
  5. ^ What Is Forgiveness? Archived 2013-11-14 at the Wayback Machine. The Greater Good Science Center, University of California, Berkeley
  6. ^ Field, Courtney; Zander, Jaimie; Hall, Guy (September 2013). “'Forgiveness is a present to yourself as well': An intrapersonal model of forgiveness in victims of violent crime” (英語). International Review of Victimology 19 (3): 235–247. doi:10.1177/0269758013492752. ISSN 0269-7580. 
  7. ^ Debt Forgiveness Archived 2013-10-31 at the Wayback Machine. OECD, Glossary of Statistical Terms (2001)
  8. ^ Loan Forgiveness Archived 2013-11-13 at the Wayback Machine. Glossary, U.S. Department of Education
  9. ^ Graham, Michael C. (2014). Facts of Life: ten issues of contentment. Outskirts Press. p. 268. ISBN 978-1-4787-2259-5 
  10. ^ Hannah Arendt, Condition de l’homme moderne, Paris, en:Calmann-Lévy,‎
  11. ^ Benoît Guillou, Le pardon est-il durable ? Une enquête au Rwanda, Paris, François Bourin” (2014年). 2016年12月13日閲覧。
  12. ^ Lawler-Row, Kathleen A.; Scott, Cynthia A.; Raines, Rachel L.; Edlis-Matityahou, Meirav; Moore, Erin W. (2007-06-01). “The Varieties of Forgiveness Experience: Working toward a Comprehensive Definition of Forgiveness”. Journal of Religion and Health 46 (2): 233–248. doi:10.1007/s10943-006-9077-y. ISSN 1573-6571. 


「許し」の続きの解説一覧

許し

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:05 UTC 版)

和語の漢字表記

(ゆるし)

  1. ゆるしを参照

「許し」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



許しと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「許し」の関連用語

許しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



許しのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの許し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの許し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS