総コレステロールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > コレステロール > 総コレステロールの意味・解説 

総コレステロール(TC) ( total cholesterol )

通常検査のさい、医師から「コレステロールが高いですね」と言われるとき、ほとんどの場合がこの総コレステロール値を指しています。血液中のリポたんぱくは、脂質(ししつ=アブラ分)の含有量が多いものほど密度軽く(低比重に)なり、たんぱく成分の多いものほど密度が詰まって(高比重に)なります。そこで、この密度比重)の違いからリポたんぱくは、つぎの5種類分類されています。(1)カイロミクロン、(2)VLDL=超低比重リポたんぱく、(3)IDL中間比重リポたんぱく、(4)LDL=低比重リポたんぱく悪玉コレステロール)、(5)HDL=高比重リポたんぱく善玉コレステロール)。このうち(4)のLDL(低比重リポたんぱく)が“悪玉コレステロール”と呼ばれるのは、LDLの量が増える血管組織コレステロール蓄積させて、動脈硬化起こしやすくする性質があるためです。コレステロールには細胞膜原料ホルモン合成の出発物質として大切な働きがあり、LDLコレステロールにはその貯蔵庫としての役目あります。そこで、LDLコレステロールは正常範囲内に留まっているかぎり有用なのですが、量が増えすぎることが問題なのです

総コレステロール(ソウコレステロール)

血中含まれるコレステロール総量のことです。コレステロール血管強化維持に大切な役割を果たしています。

総コレステロール(T-CHO)【そうこれすてろーる】

血液中に存在するコレステロールの量のこと。コレステロール種類いくつかあり、その中に善玉 (HDL) コレステロール悪玉 (LDL) コレステロールなどがあります。総コレステロールの (特に悪玉コレステロール) 値が高かったり、善玉コレステロールの値が低かったりすると、動脈硬化高血圧心筋梗塞脳卒中などの原因になります。QUPiOでは総コレステロールの値が 150mg/dl 以上220mg/dl 未満正常値としています。





総コレステロールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「総コレステロール」の関連用語

総コレステロールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



総コレステロールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2018(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2018 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
QUPiOQUPiO
Copyright © 2018 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved

©2018 Weblio RSS