これすてろーるとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > これすてろーるの意味・解説 

コレステロール [5] 【cholesterol】

生体内広く分布する脂肪に似た物質肝臓生合成される。細胞膜構成成分であり,胆汁・ステロイドホルモン・ビタミン D の前駆体としても重要。また,老化伴って血管壁沈着動脈硬化症深く関係する。コレステリン

コレステロール

読み方:これすてろーる

人間の体に存在する脂質のひとつで、細胞膜ホルモン胆汁酸作る材料となるが、血液中に過剰もしくは不足すると、動脈硬化などの原因となる。

 人間の体に存在する脂質のひとつ。有害物質のように見られていますが、コレステロール自体細胞膜各種ホルモン胆汁酸作る材料となる、体に必要な物質です。2割~3割が体外から取り入れられ、7~8割は糖や脂肪を使って肝臓などで合成され、その量は体内でうまく調整されています。
 生活習慣病因子として取り上げられているのは、タンパク質などと結合リポタンパク質として血液中にとけ込んでいるコレステロールです。リボタンパク質には、肝臓のコレステロールを体全体に運ぶ役割を持つLDL低比重リポタンパク質)と、体内血管壁にたまったコレステロールを肝臓に運ぶ役割を持つHDL高比重リポタンパク質)がありますLDLは体にコレステロールを貯めるので「悪玉」、HDL回収するので「善玉」と呼ばれています。このふたつのコレステロールのバランス崩れて、血液中のコレステロールが過剰となるのが、脂質異常症呼ばれる状態です。
 コレステロールが不足し場合免疫力低下招き脳出血の危険を増加させます最近疫学調査米国MRFIT)では、多くても少なくても寿命短縮するといった結果が出ています。
 LDLコレステロール多く含まれる動物性脂質は、一般的に取りすぎる傾向があるのでなるべく控えHDLコレステロール増やす効果のある青魚DHAIPA)やコレステロールを減らす効果のある植物性脂質バランス良く取りましょう


コレステロール

【仮名】これすてろーる
原文cholesterol

肝臓で作られる様の脂肪様物質で、血液中および体内全ての細胞中にみられる。コレステロールは健康には重要であり、細胞壁組織ホルモンビタミンd、および胆汁酸生成に必要である。コレステロールは卵黄、肉、乳製品などの動物性食品摂取でも得られる。血液中の過剰なコレステロールは血管壁蓄積して組織および臓器への血流遮断し、心臓病脳卒中発生リスク高める。



これすてろーると同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「これすてろーる」の関連用語

これすてろーるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



これすてろーるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2019 Weblio RSS