ころとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > ころの意味・解説 

ころ

クジラの皮を煎り脂肪を抜いて乾燥させたもの。関西で、関東だき煮込みおでん)の具などにする。


コロ【Coro】


こ‐ろ【子等】

《「ろ」は接尾語上代東国方言》「こら(子等)」に同じ。

小菅ろの末(うら)吹く風のあどすすかかなしけ—を思ひすごさむ」〈三五六四〉


こ‐ろ【××蘆/××蘆】

ユウガオ、またはヒョウタンの別名。


ころ【転】

重い物を動かすとき、下に敷いて移動しやすいようにする丸い棒。くれ。ごろた。

短く切った薪材割り木

さいころ

ころ銭(ぜに)」の略。

尺八で、他の指孔開き、1孔と2孔を交互に指で打つ奏法

多く複合語の形で用い、丸いもの、小さいもの、の意を表す。「石ころ」「犬ころ


ころ【頃/比】

あるきまった時期前後含めて大まかにさす語。時代時分ころおい。「子供の—」「その—、会社に戻っていた」「—は元禄一四年」

しおどきころあいちょうどよい時。「—を見計らって話を切り出した」

おおよそ年齢。「年の—は四〇歳ほど」

ある期間。

敷島や大和にはあらぬ唐衣—も経ずしてあふよしもがな」〈古今・恋四〉

時節季節。→ごろ(頃)

「—は正月……十一二月、すべて折につけつつ、一とせながらをかし」〈・二〉

[用法] ころ・おり・際(さい)節(せつ)——「ころ」は幅のある、ある時を漠然と指す。「もう湯が沸くころだ」「若いころの思い出」は、「おり」「際」「節」では置き換えられない。◇「おり」は「ころ」よりも限定された、ある一つの時、機会を示す。「その後彼に会うおりがなかなかない」など。また、当地お出かけのおりにはぜひお立ち寄りください」は、「出かける」が相手主体的行動であるところから、「際」で置き換えられる。◇「際」は何かを行う時、何かを処理する時を、「おり」をさらに限定して示す。したがって明確な行動を示す場合が多い。「出かける際には鍵をかける」「この際、すべてをかたづけてしまおう」などに「おり」「ころ」は用いない。◇「節」は元来節季を表すので、時を細かく限定するよりも大まかに漠然とした期間を示す。比較古風で、改まった言い方なので使われる場面も限られ、決まり文句が多い。「この節物価が高くて困ります」「その節にはいろいろお世話になりました」「おめもじの節はよろしく」など。


ころ

〔名〕 =ころせん(━銭)

四天王寺文書永祿一二年(1569)三月一日織田信長掟書「ころ、せんとく、やけ銭、下々古銭


コロ

〔名〕 (「コロリ」の略) =コレラ

歌舞伎小袖曾我薊色縫十六夜清心)(1859)二幕「去年のやうにころでも流行りゃア」


ころ【両】

〔名〕 重さの単位。特に、金銀などの重さの単位一両は二四銖(しゅ)、一斤一六分の一。りょう。

書紀720推古一三四月岩崎本訓)「黄金三百両(コロ)を貢上る


こ‐ろ【子等】

〔名〕 (「ろ」は接尾語上代東国方言) =こら(子等)

万葉(8C後)一四・三五二二「昨夜(きそ)こそば児呂(こロ)とさ寝しか雲の上鳴き行く(たづ)のま遠く思ほゆ


こ‐ろ【孤露】

〔名〕 たよりのない身の上みなしご

日本後紀延暦二四年(805)一一甲申「源早為孤露、无復所一レ恃」

老のくりごと(1475頃)「拙子が孤露の一葉かくろへだに枯れはて侍るに」〔法華経寿量品


こ‐ろ【胡盧】

〔名〕 人の笑う声。また、人に笑われること。物笑い

明衡往来(11C中か)下本第二三之余物恩波。独詠之篇空招胡盧歟」〔孔叢子‐抗志〕


ころ【自】

語素自身自分自身、みずから、の意を表わす。→ころだつ・ころと・ころにころふす。〔色葉字類抄(1177‐81)〕


こ‐ろ【葫蘆・胡蘆】

〔名〕

植物ゆうがお夕顔)」または「ひょうたん瓢箪)」の異名

新撰朗詠(12C前)下「傾け得たり葫蘆の三数酌。高く哥ひては信ぜず公卿有ることを〈慶滋保胤〉」〔杜荀鶴‐戯贈漁家詩〕

僧衣一種肩から腰までを覆うもので、後に綴り合わせ直綴(じきとつ)となる上の部分褊衫(へんさん)。

玉塵抄(1563)一二律家には肩から腰までををうをころと云ぞ。腰から足までををうを裳(も)と云ぞ」


ころ【転】

1 〔名〕

① 重い物を動かすとき下に敷く、堅く丸い棒。回転させて物の移動を容易にする。ごろた。機械軸受けコンベヤなどの転動体をもいう。

*最暗黒東京(1893)〈松原岩五郎〉四「前後真棒を貫(さし)て其れ松の木を輪截(わぎり)にしたる歯を穿ちて輾(コロ)となし」

細くて短い薪材割木材木屑などをもいう。

骰子(さいころ)。

芸妓

(5)いとくりぐるま糸繰車)」の俗称

(6) 尺八奏法一種。他の穴を開き一穴二穴交互に指で打ちながら奏すること。

2語素〕 (ころころしたものいうところから) 丸いもの、小さいものを形容していう。「いぬころ」「ちんころ」「あんころ」など。


ころ【頃・比】

〔名〕

① ある時をおおよそ限定してさす語。その時のあたり。時分ころおい

万葉(8C後)一〇・二二六二「秋萩を散らす長雨の降る比(ころ)は独り起き居て恋ふる夜そ多き」

② 特に現在を強調していう。動詞に接して、「今は…する」の意で詠嘆的に用いる。

万葉(8C後)四・五一八春日野山辺の道をおそりなく通ひし君が見えぬ許呂(コロ)かも」

時節季節。おり。

(10C終)二「頃は、正月三月四月五月七八九月十一二月、すべてをりにつけつつ、一とせながらをかし」

④ かなり長い一定の期間。多く、「年頃」「日頃」などと熟し用いられる。

古今(905‐914)恋四・六九七「敷島のやまとにはあらぬ唐衣ころもへずしてあふよしも哉〈紀貫之〉」

(5) 適当な時。ころあいしおどき

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭五月暦「花の見頃矢張五月の始頃で、甲武線では丁度頃(コロ)を計って、各方面から臨時電車増発して居るが」

(6) 適切な大きさ適当な程度また、おおよそのところ。

源氏100114頃)東屋「まだ、ころの御徳なきやうなれど、おのづから、やむごとなき、人の御けはひのありげなるやう」


コロ

ころ - 乗務員さんの用語

●使っている人たち
名古屋周辺大半乗務員

関西のほうで冷た蕎麦うどんのことを「ころうどん」とか「ころそば」というところが語源ではないか思われる
要は冷め仕事=1メーター仕事」のことを指して使われている。
(例)「今日はころばかりだったよー」

ころ

ソリと同じように、昔は、現場内等における比較短距離重量物の移動には、コロがよく使われた。  コロソリも、最近では小型運搬機械にとって代わられたが、コロは、狭い場所内での運搬数十tの大木移動を行う場合などに現在でも使われている。  コロ使用するときは、地面道板敷きその上にコロ並べコロの上コシタヒラ)を載せて、その上に重量物を載せるようにする。このときコシタの上重量物が安定するように、角材などを荷とコシタの間にはさむ。この角材かんざしという。そして、ワイヤなどをかけて、ウインチ等で引っ張って移動する。  普通の現場で使うコロは、直径1012cm長さ1.2~1.5mくらいで、堅木製または金属製である。コシタは、載せる重量物にもよるが、ケヤキカシ等の堅木製で、例えば2~5tくらいの重量物を載せるには、その断面15~20cm×20~30cm、長さは1.5~3.0mくらいのものを用い

ころ

  1. 娘。第二類 人物風俗

ころ


ころ

  1. 人力車、又は一般車総称。「ころひき」と云へば車輓、車夫の意。
  2. 人力車、又は一般車総称。「ころひきといえば車輓、車夫の意。

ころ

  1. 賽ころ、賽のこと。

分類 賭博

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コロ

(ころ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 03:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

コロころ

普通名詞

  • 香露 - 名古屋めしで、に入った冷たいきしめんうどん。「ころうどん」とも。
  • コロ (民族舞踊)英語版kolo) - クロアチアの民族舞踊。
  • 重量物を運搬する際、荷の下に敷き、転がして移動させるために使う円柱形の道具。丸太棒などが一般的に用いられる。転がり軸受#ころ軸受も参照。事務用椅子などに使われるキャスターも俗にこう呼ばれることがある。
  • コロ - の加工食品。マッコウクジラの脂肪の多い皮から油を抽出した残りカス。生コロと干コロがある。関西地方でおでんの具として珍重される。
  • ころ(胡盧、葫盧、壺盧) - ヒョウタンの別称。

人名

地名

その他

関連項目



ころ

出典:『Wiktionary』 (2019/10/19 23:24 UTC 版)

名詞・子等

ころ

  1. 万葉期の東国方言子供たち。こら。

名詞・食材

ころ

  1. の皮を煎って脂肪を抜いた、おでんなどにする食材

関連語

名詞・転

ころ

  1. さいころ
  2. ころ銭」の略称
  3. 重いものを動かすために、そのものの下に敷いて動かしやすくする丸い棒。
  4. 短い薪材
  5. 尺八で、1と2交互に打つ奏法
  6. 小さいものや丸いものを表す石ころなど。

関連語

名詞・頃

ころ

  1. ある決まった時期あたりをさす
  2. ある一定期間
  3. 大体年齢
  4. ちょうどよい時期
  5. 季節

関連語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



ころと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ころ」に関係したコラム

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ころ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||


ころのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ころのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのころ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS