石ころとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 石ころの意味・解説 

いし‐ころ【石塊】


石ころ

作者岡田みゆき

収載図書帰郷
出版社徳島出版
刊行年月2001.3


石ころ

作者山本周五郎

収載図書一人ならじ 改版
出版社新潮社
刊行年月2003.7
シリーズ名新潮文庫


石ころ

作者おーなり由子

収載図書てのひら童話 2 空のともだち
出版社角川書店
刊行年月2005.7
シリーズ名角川文庫


石ころ

作者坂川栄治

収載図書遠別少年13ストーリーズ
出版社光文社
刊行年月2007.11
シリーズ名光文社文庫


(石ころ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 02:08 UTC 版)

(いし)は、(いわ)より小さく、(すな)よりも大きい、鉱物質のかたまり[1]


  1. ^ a b c d e f g h i 広辞苑第六版【いし 石】
  2. ^ a b c d 山口裕之『ヒトは生命をどのように理解してきたか』講談社、2011年
  3. ^ a b c 小山田了三、小山田隆信『材料技術史概論 第3版』東京電機大学、2001年、9頁。
  4. ^ a b c コトバンク 石器
  5. ^ a b c d コトバンク 石器時代
  6. ^ 『腕時計大百科』グリーンアロー出版社 ISBN 4-7663-3146-X
  7. ^ 囲碁の道具 日本棋院
  8. ^ オセロってなに? オセロ公式サイト
  9. ^ Why Kenyan women crave stones(BBC 参照日:2018.5,15)
  10. ^ 学芸の小部屋「渦巻きと太湖石」”. www.toguri-museum.or.jp. 戸栗美術館. 2021年3月2日閲覧。
  11. ^ 平野恵. “好古から考古へ —近世から近代へ継承された学問の形態—”. umdb.um.u-tokyo.ac.jp. 東京大学総合研究博物館. 2020年9月14日閲覧。
  12. ^ 荻野, 慎諧『古生物学者、妖怪を掘る』NHK出版NHK出版新書〉、2018年。ISBN 978-4140885567(第二章四節「奇石考『雲根志』『怪石志』を読む」)


「石」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石ころ」の関連用語

石ころのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石ころのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS