摩耗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 摩耗 > 摩耗の意味・解説 

ま‐もう【摩耗/磨耗】

読み方:まもう

[名](スル)かたい材質の物が、すりへること。特に、機械の部品道具にいう。「—した車軸交換する


摩耗

英語表記abrasion

材料他の物体との摩擦により、表面削られてくる現象

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

摩耗

【英】wear

摩擦による固体表面部分逐次減量現象普通は2面から摩耗粉として小片脱落して減量が行われるが,相手摩擦面表面部分が移着しあるいは相手から移着され場合や,まれには広く解釈して減量がなくても固体表面摩擦による変形損傷をも総括して摩耗とよぶことがある相手面は確定され固体表面であるとは限らず例えエロージョンのように浮遊粒子による摩耗も存在する
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることできます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

アブレーション (または摩耗) ablation


摩耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/30 11:47 UTC 版)

摩耗(まもう、wear)とは、摩擦に伴って生じる固体表面部分の逐次減量のことである[1]磨耗とも表記される。




「摩耗」の続きの解説一覧

摩耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/06 09:07 UTC 版)

ナノトライボロジー」の記事における「摩耗」の解説

詳細は「摩耗」を参照 摩耗という現象は、機械的な作用による表面物質脱落変形に起因するナノスケールの摩耗は面に対して一様に作用することはない二つ接触面が相対運動を行うと、表面物質脱落変形起こり結果として不規則な凹凸生まれる。相対運動が続くとこれらの凹みの幅や深さ増加していく。 巨視的なスケールでは、摩耗は摩耗量(損失した物質体積もしくは質量もしくは摩耗率(摩耗仕事もしくは摩耗距離に対する摩耗量の比)で測られる。ナノサイズでは物質損失量を測定することが困難なため、表面トポロジー変化AFM測定することによって摩耗を評価する

※この「摩耗」の解説は、「ナノトライボロジー」の解説の一部です。
「摩耗」を含む「ナノトライボロジー」の記事については、「ナノトライボロジー」の概要を参照ください。


摩耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 21:38 UTC 版)

軌条」の記事における「摩耗」の解説

曲線で外軌のゲージコーナが車輪のフランジ接触することによる摩耗を「側摩耗」と称しレール交換主因となっている。また、レール表面一定の間隔で摩耗または塑性変形して連続した凹凸発生する摩耗を「波状摩耗」と称し、この摩耗は列車走行時に振動発生し騒音公害保線上の問題生じやすくなる

※この「摩耗」の解説は、「軌条」の解説の一部です。
「摩耗」を含む「軌条」の記事については、「軌条」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「摩耗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「摩耗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



摩耗と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

摩耗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



摩耗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2022, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの摩耗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナノトライボロジー (改訂履歴)、軌条 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS