石焼きとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 石焼きの意味・解説 

いし‐やき【石焼(き)】

読み方:いしやき

石質焼成された焼き物硬く焼かれ素地(きじ)に吸水性のない磁器・炻器(せっき)をいう。土焼きに対する語。

などを焼け石で焼く料理法また、焼いたもの。「ヤマメの―」

石焼きの画像
石焼きにした食品

石焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 22:32 UTC 版)

石焼き(いしやき)とは、石板(石焼プレート)や小石等を熱して、その熱で材料を焼く調理方法、及び、この方法で調理された料理。代表的な料理としては次のものがある。




「石焼き」の続きの解説一覧

石焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 21:56 UTC 版)

焼き芋」の記事における「石焼き」の解説

詳細は「石焼き芋を参照 鉄製の窯に敷いた石の上サツマイモ載せて焼くことで、石から出る遠赤外線効果利用するリヤカー軽トラック用いた移動販売形態が多い。

※この「石焼き」の解説は、「焼き芋」の解説の一部です。
「石焼き」を含む「焼き芋」の記事については、「焼き芋」の概要を参照ください。


石焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 22:54 UTC 版)

男鹿温泉郷」の記事における「石焼き」の解説

男鹿温泉名物料理である石焼き(磯焼き)は男鹿ホテル漁師料理をアレンジして御座敷出したのが始まりで、現在は至る旅館飲食店供される。 元々は、この地方の漁師料理であり、木桶中に真っ赤に焼けた石(舟に備え付けていた火鉢の石を使ったとされる)を投げ入れ、その熱で白身魚などを煮込んで味噌仕立てて食す豪快な煮込み料理である。周辺の旅館飲食店提供される

※この「石焼き」の解説は、「男鹿温泉郷」の解説の一部です。
「石焼き」を含む「男鹿温泉郷」の記事については、「男鹿温泉郷」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「石焼き」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石焼き」の関連用語

石焼きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石焼きのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石焼き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの焼き芋 (改訂履歴)、男鹿温泉郷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS