石焼きとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 石焼きの意味・解説 

いし‐やき【石焼(き)】

石質焼成された焼き物硬く焼かれ、素地(きじ)に吸水性のない磁器・炻器(せっき)をいう。土焼き対する語。

芋・栗などを焼け石で焼く料理法また、焼いたもの。「ヤマメの石焼き」

石焼きの画像
石焼きにした食品

いし‐やき【石焼】

〔名〕

白磁器の俗称素地膚が白い石似ているところからいう。石焼物。

、いも、豆腐などを焼け石用いて焼く料理法また、そのもの。〔料理物語(1643)〕


石焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 22:32 UTC 版)

石焼き(いしやき)とは、石板(石焼プレート)や小石等を熱して、その熱で材料を焼く調理方法、及び、この方法で調理された料理。代表的な料理としては次のものがある。




「石焼き」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石焼き」の関連用語

石焼きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石焼きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石焼き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS