料理法とは? わかりやすく解説

調理法

(料理法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 13:50 UTC 版)

調理法(ちょうりほう)とは、調理に用いる手法である。専門的な手法は調理技術などと呼ばれる。




「調理法」の続きの解説一覧

料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 09:31 UTC 版)

カタルーニャ料理」の記事における「料理法」の解説

グリルスレート焼いたり茹でたり煮込んだり、炒めたり揚げたりと、カタルーニャ料理には様々な調理法用いられるが、特徴的なのは陶器製の蒸し焼き鍋で「ロースト」する調理法である。カタルーニャ料理ではスペイン他地方に比べるとソース重要性が高いとされる。ファラン・アグリョー(カタルーニャ語版)は1930年代カタルーニャ料理基本となる4つソース記録している。卵黄オリーブオイルニンニク和えたアイオリ、タマネギ・トマト・ニンニクを和えたスフラジット、スフラジットにペッパー・ナス・ズッキーニを加えたサンファイナ(スペイン語版)、アーモンドベースにニンニク・パセリ・ナッツ・パン片を和えたピカーダである。この4つ以外にもルメスク、アリパブレ、シャトなど多くのソースがある。 本来はカタルーニャ食文化とは異なるものの、小皿料理タパス文化バルセロナ持ち込まれてから長い年月経ている。ピンチョス呼ばれるバスクタパス人気であり、干しタラソーセージなどが盛られ一口大バゲット爪楊枝使って食べる。

※この「料理法」の解説は、「カタルーニャ料理」の解説の一部です。
「料理法」を含む「カタルーニャ料理」の記事については、「カタルーニャ料理」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 19:53 UTC 版)

ポルチーニ」の記事における「料理法」の解説

ポルチーニは、フレッシュなものはナッツのような濃厚な風味を、乾燥されることで醤油のような独特の強い香りを発するパスタ スープ ソテー シチューなどの煮込み料理

※この「料理法」の解説は、「ポルチーニ」の解説の一部です。
「料理法」を含む「ポルチーニ」の記事については、「ポルチーニ」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:28 UTC 版)

羊肉」の記事における「料理法」の解説

ラムは前四分部、腰肉、後四半部の3種類の部位分けられる。前四分部は首、肩、前足肩甲骨近くリブを指す。後四半部は後足と尻、ロインは前四分部と後四半部の間の肋骨を指す。 ラムチョップリブロイン肩肉用いる。リブチョップの場合はあばら骨のついた状態、ロインチョップ背骨含まれる肩肉チョップはたいてロインよりも質が落ちる考えられている。どの種類チョップ通常炙る。ラム胸肉(ベイビーチョップ)はオーブン調理されるラムの脚といった場合は脚全体を指す。ラムサドル腰肉尻肉を指す。脚とサドル通常炙るが、脚は茹でることもある。焼き加減レアからウェルダンまで様々である。 前四分部の肉は他の肉同様、他の部位よりも堅いため、若いラムない場合でも蒸し煮シチューのように水分とともにゆっくりと調理する方法か、あるいはローストアメリカバーベキュー良い

※この「料理法」の解説は、「羊肉」の解説の一部です。
「料理法」を含む「羊肉」の記事については、「羊肉」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/18 21:21 UTC 版)

コウイカ目」の記事における「料理法」の解説

コウイカ類地中海東アジア英仏海峡のほか、多くの所で食用漁獲されている。ツツイカ世界中レストランで広く饗され一般的だが、東アジアではコウイカ類スルメ細裂き (en:Dried shredded squid) はスナック料理として親しまれているコウイカ類は特にイタリアで一般的な食材であり、Risotto al Nero di Seppia(イカスミリゾット直訳すると黒いコウイカ飯)で使われるクロアチアの Crni Rižot事実上同じレシピであり、おそらくはヴェネツィア発祥としてアドリア海の両海岸沿い伝わったものであろう。"Nero" と "Crni" は黒を意味し、それはコウイカ類スミ着色されたライスの色である。スペイン料理、特に海岸地方のものでは、磯の香り滑らかさを出すためにコウイカ類ツツイカ類スミライスパスタシチューといった料理用いる。 ポルトガルセトゥーバルおよび周辺地域では、細切れにして揚げたり金時豆と共にフェジョアーダ類に加えたものが、郷土料理になっている

※この「料理法」の解説は、「コウイカ目」の解説の一部です。
「料理法」を含む「コウイカ目」の記事については、「コウイカ目」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/18 14:28 UTC 版)

イナまんじゅう」の記事における「料理法」の解説

まず、イナエラ部分から独特の形状を持つイナ包丁差し込み内臓取り出すその後内臓取り除いたイナエラから包丁入れ背骨背肉切り離す。また同時に、頭と尻尾骨を折り背骨抜き取る。そして空洞となったイナ中に豆味噌柚子ネギシイタケなどを混ぜ込ん練った具材詰める。それらを焼けば、イナまんじゅう出来上がりである。

※この「料理法」の解説は、「イナまんじゅう」の解説の一部です。
「料理法」を含む「イナまんじゅう」の記事については、「イナまんじゅう」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/26 14:27 UTC 版)

カッセラー」の記事における「料理法」の解説

カッセラーは、特にキャベツなどと一緒にオーブン焼きあぶり焼きもしくは煮たものがシチュー具に用いられる。あらかじめ塩漬けおよび燻製してあるので、 調理時間比較的短い。 ルタバガケールザワークラウト茹でたジャガイモなどとあわせて供されることが多い。 また、薄切りしたもの冷製にして食べることもある。

※この「料理法」の解説は、「カッセラー」の解説の一部です。
「料理法」を含む「カッセラー」の記事については、「カッセラー」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 09:00 UTC 版)

バターライス」の記事における「料理法」の解説

米とバターを一緒に炊き込む場合 米とバター、それに加えブイヨンローリエなどの香辛料加え炊き込む米をバターで炒めてから炊く場合 米をバター炒め、それにブイヨンローリエなどの香辛料加え炊き込む米を炊いてからバターで炒める場合 炊き上がった白飯バター炒めるその際ブイヨンなどを加える。 飯にバターを加える場合バターご飯炊き上がった飯にバター加え好み調味料味を調える

※この「料理法」の解説は、「バターライス」の解説の一部です。
「料理法」を含む「バターライス」の記事については、「バターライス」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 01:48 UTC 版)

サザエの壺焼き」の記事における「料理法」の解説

サザエの壺焼きは、広く分布する料理あるため作り方は、地域時代によって多くのヴァリエーションがある。ここでは代表的なもの2つあげる。 ひとつは、サザエそのまま火であぶり、醤油などで味付けをし、焼きあがったら取り出して食べるという素朴なものであるこの場合サザエの身は丸ごと殻の中にはいっているが、最後に出てくる砂袋苦味あるため、人によっては食べないもうひとつは、いったんサザエの身を貝から取り出して砂袋などは捨て残り食べられる部分一口大に切り分け、それを貝の中に戻して焼くというものであるこの場合サザエ以外にも海老銀杏椎茸などをまじえたり、単に醤油垂らすではなく出汁張ったりする場合がある料亭などでサザエの壺焼き出される場合は、このタイプ凝ったものであることが多い。

※この「料理法」の解説は、「サザエの壺焼き」の解説の一部です。
「料理法」を含む「サザエの壺焼き」の記事については、「サザエの壺焼き」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/25 14:09 UTC 版)

栗飯」の記事における「料理法」の解説

白米をよく研ぎ水吸わせておく間、具となるの皮を渋皮ごとむいておく。あとは好み塩加減混ぜた白米炊き上げれば完成だが、栗飯用い日本原産の表皮分厚いだけではなく渋皮が非常に取りづらいため、硬い表皮渋みの元になる渋皮をはがす皮むき作業は相当重労働になる。 そのため、作業手間がかかりすぎるのを嫌って、あまり外食産業では見受けられない家庭料理である。家庭でも既に下ごしらえがされたレトルト材料を使う事が多い。

※この「料理法」の解説は、「栗飯」の解説の一部です。
「料理法」を含む「栗飯」の記事については、「栗飯」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 04:57 UTC 版)

黒はんぺん」の記事における「料理法」の解説

様々な食べ方見受けられるそのままで、あるいは生の本品わさび醤油柚子胡椒マヨネーズマヨネーズ醤油をつけて食す。 焼醤油とみりんで甘辛く煮付けるフライパンバター焼きにして、醤油をかけて食べる。 炙るか、蒸して生姜醤油付けて食す揚げるから揚げ磯部揚げチーズはさみ揚げパン粉を衣にしたフライ等。静岡県内の小、中学校では、黒はんぺんフライ給食のおかずとして出ることがよくある蒲原近辺工場社員食堂では、黒はんぺん天ぷら・フライ麺類トッピングとして扱われている。 おでん種にする。 焼津駅構内にあるベーカリーキヨスク焼津では、黒はんぺん用いたハンバーガー販売されている。

※この「料理法」の解説は、「黒はんぺん」の解説の一部です。
「料理法」を含む「黒はんぺん」の記事については、「黒はんぺん」の概要を参照ください。


料理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 22:01 UTC 版)

グルテンミート」の記事における「料理法」の解説

代表的な調理法に、衣を付けてカツ・フライにする、浸け汁をからめて唐揚げにする、酢豚和風煮物他の具材一緒に入れる、小さ粒状にして挽肉代わりにハンバーグ・ミートソース・そぼろ・麻婆豆腐ドライカレー用いる、などがある。なお、小片あるいは小粒状のセイタンは、自分で小麦粉から作る以外にも缶詰等で市販されている

※この「料理法」の解説は、「グルテンミート」の解説の一部です。
「料理法」を含む「グルテンミート」の記事については、「グルテンミート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「料理法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「料理法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「料理法」の関連用語

料理法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



料理法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調理法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカタルーニャ料理 (改訂履歴)、ポルチーニ (改訂履歴)、羊肉 (改訂履歴)、コウイカ目 (改訂履歴)、イナまんじゅう (改訂履歴)、カッセラー (改訂履歴)、バターライス (改訂履歴)、サザエの壺焼き (改訂履歴)、栗飯 (改訂履歴)、黒はんぺん (改訂履歴)、グルテンミート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS