アブラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アブラの意味・解説 

あぶら【油/脂/×膏】

読み方:あぶら

溶けずよりも軽い可燃性物質総称動物性植物性鉱物性があり、食用灯火用・燃料用化学工業原料など用途が広い

動物の肉ついている脂肪分脂身(あぶらみ)。「―の多い切り身」

皮膚から分泌する脂肪。「汗と―の結晶

植物の種子などからとれる液体菜種油ごま油など。「―で揚げる

植物の花やなどからとれる、芳香のある揮発性液体薄荷(はっか)油など。精油

原油精製したもの。重油軽油・灯油など。

髪油ポマードチック類もいう。「―でなでつける

活力みなもと。特に酒をさすことが多い。「疲れたから―を補給しよう」

火に油を注ぐとよく燃えところから》おせじ。へつらいうれしがらせ

「えらい―言ひなます」〈滑・膝栗毛・八〉

[補説] 一般に常温液体のもの(主に植物鉱物性)を「油」、固体のもの(主に動物性)または皮膚から分泌されるものを「脂」、肉のあぶらを「膏」と書き分ける。

[下接語] 揚げ油・荏(え)の油・牡蠣(かき)油・固(かた)油・(かば)の油・蝦蟇(がま)の膏(あぶら)・髪油(かや)の油・機械油木の実油(きり)油・胡桃(くるみ)油・黒油芥子(けし)油・漉(こ)し油・胡麻(ごま)油・米油差し油白油・梳(す)き油・種油椿(つばき)油・灯(とぼし)油・菜種(なたね)油・匂(にお)い油・(にしん)油・糠(ぬか)油・鼻脂(はなあぶら)・鬢(びん)付け油・松脂(まつやに)油・豆油水油密陀(みつだ)の油・綿


膏薬

読み方:アブラ(abura), コウヤク(kouyaku)

脂肪油類に種々の薬物加えて作った外用薬


アブラ

名前 AbraAvra

アブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 01:36 UTC 版)

アブラ、Abra




「アブラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アブラ」の関連用語

アブラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アブラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS